01« 2017 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第70話 太古の島!リトルガーデンに潜む影! 

テレビアニメワンピース(Onepiece)は、オリジナルストーリーが終り、
第70話 太古の島!リトルガーデンに潜む影!から、リトルガーデン編になります。

ルフィたちは、王女ビビとカルーとともに、次の島リトルガーデンに到着しました。
しかし、そこは、リトルガーデンというかわいらしい名前とは裏腹に、
ジャングルのような密林の島でした。

始祖鳥のような巨大な鳥が飛び、巨大な虎も現れますが、ジャングルの王者であるはずの
トラがルフィたちの目の前で血を流して倒れます。それほど危険な島のようです。

いつものように怖がるウソップとナミは上陸をすることなく、ログが貯まるのを待つことを
勧めますが、ルフィは島に入って冒険をする気満々です。
そして、驚いたことに、王女のビビも、ルフィについていくと言い出します。

ルフィ、ビビ、そしてカルーは密林に入っていきました。
その後、ゾロも散歩に行くと言い出したため、サンジが食料になるような獣を獲るように頼むと、
「サンジでは到底しとめられないような大物を獲ってくる」とサンジを挑発するようなことを
ゾロが言ったため、狩り勝負だということになり、ゾロとサンジも島へ入ってしまいました。

ゴーイングメリー号にはナミとウソップの二人きりです。
そんなとき、ナミが最近リトルガーデンについて本で何かを読んだことを思い出し、
その本を探し始めました。

実は、このリトルガーデンは、グランドラインの特殊な環境から、何万年も前の恐竜時代の
環境がそのまま残った太古の島だったのです。
しかし、ルフィは恐竜によじ登ろうとしますし、ゾロもサンジも食料として、
恐竜をしとめてしまいます。ですから、恐竜はルフィたちにとっては脅威ではなかったのですが、
このリトルガーデンには、恐竜の何倍もの大きさの巨人がいたのでした。

その巨人たちにとっては、この島はまるで「小さな庭」のようなものだと巨人達の大きさに驚き、
探検家のルイ・アーノルドが、この島をリトルガーデンと名付けたようです。

その事実を知って慌てるナミたちのところにまさにその巨人が現れました。
二人は大丈夫なのか?というところまでが、テレビアニメワンピース(Onepiece)の
第70話 太古の島!リトルガーデンに潜む影!のストーリーのあらすじです。
スポンサーサイト

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第71話 でっかい決闘!巨人ドリーとブロギー 

でっかい決闘!巨人ドリーとブロギーは、アニメONEPIECE(ワンピース)第71話のタイトルです。
ストーリーのあらすじは、ナミたちの前に現れた巨人は、自らをエルバフ最強の戦士、
ブロギーと名乗り、ナミたちに酒はあるかと尋ねます。
巨人のブロギーに敵意はなさそうですが、あまりの大きさにウソップとナミは震え上がります。
しかも、ブロギーに噛み付いてきた恐竜を一撃でしとめてしまい、その様子を見ていたため、
二人は怖さからその場に倒れてしまい、死んだふりをします。

一方、首長竜の頭の上で遊んでいたルフィは、ビビが危ないと注意するのも聞かず、
多数の恐竜達の頭の上で楽しんでいたため、とうとう恐竜に飲み込まれてしまいますが、
それを助けてくれたのは、また別の巨人で、こちらも自らを「エルバフ最強の戦士」と言い、
名前はドリーでした。

ウソップとナミは、巨人に食べられてしまうのではないかと怖れていたのですが、
どうやらそういうわけでもないようです。
しかし、大問題の発生です。このリトルガーデンでは、次の島へ行くためのログが貯まるのに
ブロギーの話では、1年もの期間がかかるということでした。

ドリーのほうについて行ったルフィとビビ、カルーは、ルフィがすっかりドリーと仲良くなり、
この島で、ドリーとブロギーが100年に渡り決闘をしていることを知ります。

戦士の村エルバフでは、何か問題があったとき、決闘でエルバフの神の審判を仰ぐそうで、
エルバフの神は正しいほうに加護を与え、正しいほうが勝つのだとか。
巨人族の寿命は、ふつうの人間の約3倍らしく、それで100年も戦っていられるのですが、
戦っている当人たちは、既に戦いの理由も忘れて、ただお互いの誇りをかけて、
ひたすら命を懸けた決闘を続けていたのでした。
真ん中にある山の噴火が戦いの合図で、ルフィたちの目の前で巨人二人が戦う姿に、
さすがのルフィも圧倒されます。

狩り勝負をしていたゾロとサンジは、途中で出会いますが、お互いの獲物の大きさに、
あまり違いが無いため、また再度真ん中の山の噴火があるまでをタイムリミットとして、
引き続き狩り勝負を続けます。

そんな中、バロックワークスの追っ手が登場します。
今度はあのミスターファイブとミスバレンタインだけではなく、さらに数字の小さな、
ミスタースリー(Mr.3)とミスゴールデンウイークのペアです。

ミスタースリーは王女ビビたち抹殺だけではなく、巨人族も捕らえようとしています。
二人の巨人は元巨兵海賊団の青鬼のドリーと赤鬼のブロギーで、二人とも1億ベリーの
賞金首であり、その懸賞金は今も有効だったからです。

二人の巨人たちの決闘の行方は?ゾロとサンジの狩り勝負の行方は?
そして、バロックワークスはこれからどう動こうとしているのか?

というところまでが、第71話 でっかい決闘!巨人ドリーとブロギーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第72話 ルフィ怒る!聖なる決闘に卑劣な罠! 

テレビアニメONEPIECE(ワンピース)第72話のタイトルは、
ルフィ怒る!聖なる決闘に卑劣な罠!です。

ストーリーのあらすじは、巨人たちの誇りをかけた戦いに、ルフィだけでなくウソップも感動し、
ウソップは、いつかエルバフの戦士のような誇り高い男になりたいと誓います。
そして、赤鬼のブロギーを師匠と仰ぎ、いつかエルバフに行きたいと言い出します。

怖がっていたナミとウソップも、やっと巨人と馴染めたようです。

死闘を繰り広げた巨人二人でしたが、決闘はまた引き分けに終り、決闘の後はまるで親友の如く、
笑い合い、ブロギーがウソップたちから酒をもらったからと、酒をドリーにも渡します。

ルフィたちのもとに帰ってきたドリーは、久しぶりの酒を飲み上機嫌です。
しかし、ビビ一人が深刻な表情で悩んでいます。ログがたまるのに1年もかかってしまうからです。

ドリーの話では、このリトルガーデンでの1年は人間には長すぎるようで、
あたりにころがる多くの白骨死体は、あるものは恐竜達にやられ、あるものは飢えに死に、
またあるものは巨人達に戦いを挑んで死んだ者たちのなれのはてだそうです。

ミスオールサンデーが言っていた、ここで全滅すると言うのはこのことだったようです。

それに1年もリトルガーデンにいては、アラバスタの危機を救うのに間に合いません。
苦悩するビビをよそに、楽しそうに語り合っていたドリーとルフィでしたが、
突然、ドリーの飲んでいた酒が、ドリーの腹の中で爆発しました。

決着がつかない死闘を続ける二人とは言っても、ブロギーがそんな卑劣な手段に出るわけもなく、
ドリーはルフィたちを疑います。期せずして、ドリーとルフィの戦いになってしまいました。

ルフィは、心の中で謝りながらも、傷ついたドリーをその場に倒し、一旦その場を納めます。
そして、ルフィもこの犯人はブロギーではないと信じ、まして自分の仲間であるはずもなく、
この島に自分達以外の何者かがいることを確信し、見えない敵に対して怒ります。

当然この犯人は、ミスタースリーの指示で動いたミスターファイブなのですが、
姑息な大犯罪をモットーとするミスタースリー(Mr.3)は、これで重傷となったドリーを、
次の決闘のときにブロギーに倒させるのが狙いでした。

バロックワークスの卑劣な思惑通りにことが運び、さらに不運なことに、
ドリーの傷が癒える間もなく、すぐにまた真ん中の山の噴火が起こってしまいました。

満身創痍になりながらも、自分の誇りをかけて戦いに向かおうとするドリーですが、
いったいどうなるのか?というところまでが、第72話 ルフィ怒る!聖なる決闘に卑劣な罠!
のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第73話 ブロギー勝利の号泣!エルバフの決着 

アニメONEPIECE(ワンピース)第73話のタイトルは、
第73話 ブロギー勝利の号泣!エルバフの決着です。

胃の中で酒が爆発した上に、ルフィの攻撃で重傷のドリーでしたが、戦士としての誇りにかけて
戦いを避けることは出来ず、止めるルフィを巨大な岩の下敷きにしてしまい、
ルフィの身動きが取れないようにして満身創痍のまま決闘に向かいました。

ルフィたちへの疑いははれたようですが、ルフィは身動きできない状態になってしまいました。

ウソップとナミは、船に戻るためにも一旦ルフィたちと合流しようとしますが、
ついにバロックワークスが動き出します。まずは、ゾロが、ふいをつかれて、
捕らえられてしまいます。

リストになかったウソップは何とかルフィのもとに辿り着きましたが、
そこで、ドリーの酒の爆発を知り、ウソップも怒ります。
知り合ったばかりの巨人たちに対して、ここまで心配し激怒するルフィを見て、
ビビは今までルフィを3000万ベリーの賞金首の凶悪犯と思っていたのですが、
ルフィに対する見方が少し変わってきます。悪人とは思えないと思うようになりました。

ルフィたちが心配する中、重傷のドリーはブロギーに押され気味ではあっても、
決着がつかないまま善戦していたのですが、決着が長引くことにしびれをきらしたMr.3は、
こっそりとドリーの足元を滑らせて、ブロギーに加勢をします。
そして、ついに100年の長きに渡って決着がつかなかった巨人二人の戦いは、
ブロギーの巨大な斧がドリーを斬り裂き、ドリーは血しぶきを上げて倒れます。

そして勝利に涙するブロギーの前に、とうとうミスタースリーが現れます。
ミスタースリーは造形美術家、ミスゴールデンウイークは写実画家とのことですが、
ミスタースリーは、ドルドルの実の能力者で、体から蝋を自在に出し操るキャンドル人間です。

ブロギーに声をかけたときには、ブロギーの足元もミスタースリーの蝋によって固められ、
ブロギーは身動きできない状態になっていました。

ルフィたちのところへは、ミスターファイブペアがボロボロに傷ついたカルーを連れて現れます。
ルフィの力を警戒したミスターファイブがビビ一人をおびき出すために、
カルーを鳴かせようとしたようですが、カルーはビビのためにボロボロになっても鳴かなかった。

カルーを傷つけたこと、そして巨人たちの決闘の邪魔をしたことに対して、
ビビとウソップは怒り、ミスターファイブペアに戦いを挑みますが、
ルフィが動けない状態では、二人はあっという間にミスターファイブペアにやられ、
ついに、ビビもミスターファイブ(Mr.5)に捕まってしまいます。

事態は最悪の状態です。ルフィは何もできないのか?
これからどうなるのか?というところまでが、
第73話 ブロギー勝利の号泣!エルバフの決着のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第74話 魔のキャンドル!無念の涙と怒りの涙 

魔のキャンドル!無念の涙と怒りの涙、アニメONEPIECE(ワンピース)第74話の
ストーリーのあらすじです。

ドルドルの実のキャンドル人間、ミスタースリーによって足元を捕らえられたブロギーは、
そのままその場に倒され、手や身体までロウで固められてしまいます。
ミスタースリーのロウは固まると鉄の硬度に匹敵するほど硬くなり、巨人族の力でも、
壊せるものではありません。ブロギーまでつかまってしまいました。

そして、ルフィたちも、ルフィが動けないままだったため、ミスターファイブに反撃できず、
全員やられてしまいます。ビビだけはミスタースリーの指示でミスタースリーのもとへと
連れて行かれましたが、先に捕らえられていたゾロとナミもその場に運ばれてきます。
ビビの口からドリーの胃が爆発したことを聞かされ、真相を知って怒ったブロギーは、
脱出不可能と思われていたミスタースリーのロウを壊して動き出そうとしました。

驚くべき怪力を発揮したブロギーでしたが、ミスターファイブの爆弾攻撃に、
再びその場に倒されたとき、今度はさらに頑丈に蝋で拘束され、さらには両手両足に、
蝋の杭を打ち込まれて身動きが出来ないようにされてしまいます。

ナミ、ゾロ、ビビの三人も、ミスタースリーが作ったケーキのような形をした蝋のオブジェに
まるでロウソクのように足を捕らえられ、動くことが出来ません。
さらには、その上のほうからは蝋の霧が降り注ぎ、このままではやがて生きたまま蝋人形に
なってしまいます。ゾロが土台を斬ろうとしますが、力も入らず、ロウは硬くて斬れません。

ことの真相を知り、失意の中、エルバフの神に対して悔しさと怒りの涙を流すブロギー、
どうすることも出来ずに死を待つことしか出来ないナミたち3人でしたが、
ゾロはあきらめてはいませんでした。

自分の脚を切り、その土台から逃れ、バロックワークスたちと戦うつもりです。

その気迫と心意気に、既に戦意を失っていたブロギーにも再び戦意が戻り、
ビビまで脚を切り落として戦うと言い出しました。

ゾロは本気です。ゾロの刀がゾロ自身の脚を切断しかけた丁度そのとき、
その場に、ルフィとウソップ、そしてカルーがやってきました。
カルーとウソップのおかげでルフィも何とか脱出できたようです。

ゾロは脚を半分くらいまで斬ってしまったようですが、何とか間に合いました。
ルフィたちの反撃開始です。

しかし、早くしなければ、ゾロたち3人とブロギーも蝋人形になってしまいます。
時間がありません。タイムリミットが迫る中、ルフィたちはバロックワークスに勝ち、
そしてゾロ、ナミ、ビビたちを救えるのか?というところまでが、
第74話 魔のキャンドル!無念の涙と怒りの涙のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。