01« 2017 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第78話 ナミが病気?海に降る雪の向こうに! 

アニメONEPIECE(ワンピース)は、新しいストーリーに突入です。
後に劇場版にもなった非常に人気の高いストーリーで冬島(ドラム島)編です。
今回は、第78話 ナミが病気?海に降る雪の向こうに!のストーリーのあらすじです。

巨人族ドリーとブロギーの二人の協力もあって、
無事にリトルガーデンを出航できたルフィたちですが、ドリーとブロギーの決闘の理由は、
実はゾロとサンジと同じだったのでした。

その昔、巨兵海賊団と呼ばれた巨人族の海賊団は、特にその二人の頭の青鬼のドリーと
赤鬼のブロギーの力が強大すぎて、ふつうの人間には何ともしようがなく、
その進撃は半ばあきらめかけられていたのですが、その海賊団の進撃を止めたのは、
たった一人の少女だったのです。

ある日、超大型の海王類を1つずつしとめたドリーとブロギーは、
二人の生涯でも最大の収穫に喜び、仲間たちも大喜びでした。
ところが、そんな二人に向かって少女が「どっちが大きかったの?」と訊ねたのでした。
その「狩り勝負」は、どっちが勝ちなのか?と。

そして比べてみたのですが、甲乙付けがたい大きさで、自分のほうが少し大きいと
お互いが主張しあい、とうとう決闘で決めることとなったのでした。
その決闘の決着がつかないまま、二人はことの発端の出来事も忘れ、ルフィたちが船出した後も、
また決闘にあけくれるのでした。

リトルガーデンでの戦いによって、王女ビビはルフィたちを見直し、
単に力のある悪党と思っていた考えを改め、逆にルフィたちに惹かれていきます。

後は一刻も早く、アラバスタへ向かうのみです。
アラバスタの内乱は、国王にも止めることは出来ません。
止められる可能性があるとしたら、ビビだけだからです。

しかし、そんなときに、大きな問題が起こってしまいます。
ナミが突然、高熱で倒れてしまいました。仲間に医者はいません。うろたえるルフィたち。
ナミの病状は、体温も40度を超え、ただ事ではなさそうです。命にかかわる病かもしれない。

すぐに医者に見せて治してもらおうとするルフィたちですが、それをナミが止めます。
一刻も早くビビをアラバスタ王国に送り届けなければならないと。
そのときにナミが今までビビにかくしていた新聞を見せました。

ビビが知ったからと言って船の速度を上げられるわけではないため、
不安にさせないようにというナミの心遣いだったのですが、その新聞の記事によると、
国王軍の兵士30万人が反乱軍に寝返ったということが書かれていました。

ビビの話では、それまで国王軍60万人、反乱軍40万人と、兵力で国王軍が上回り、
それで内乱が勃発せずになんとか保たれてきたそうなのですが、寝返った数を考えると、
形勢逆転です。しかもその新聞は3日前のもの。もはや一触即発の状態で、一刻の猶予もない。

だから、アラバスタへと最高速度で船を進めるようにナミは指示を出し、
さらには、病床から起き上がり、自ら進路を確認しに甲板へと行きます。

新聞の記事にビビは大きく動揺しています。
このままでは、国王軍、反乱軍の合わせて100万人もの国民が無駄な血を流すことになる。
それを止められる唯一の可能性を持つ自分の帰りをアラバスタは待っている。
当初の予定通り、無事にアラバスタに帰れば良いという状況ではなくなってしまいました。
とにかく、一刻も早く、1分1秒でも早くアラバスタに帰らなければ、国が消滅し、
100万人もの国民の命が危ない。ナミの病気と100万の国民、比べられるものでもなく、
一人悩むビビでしたが、ビビが悩んでいる間に、異変が起こります。

甲板に出たナミが何かを感じました。気候の変化です。
前方から風が来ると。しかも嵐ではなく、とにかく危険な気象だと感じ、
船の進路を変えるように仲間たちに指示を出しました。

何が起こるのかわからないままナミの言うとおり進路を変えたルフィたちのところに、
ビビがやってきて、突然「みんなにお願いがある」と言い出しました。

船に乗せてもらっておいてお願いするのもなんだけど、自分は急がなくてはならない。
だから、最高速度でアラバスタに向かって欲しいと。

「当たり前じゃない。心配しないで」と返事をするナミでしたが、
ナミの病気を心配するほかの仲間たちは釈然としません。

そのとき、ビビが、こう付け加えました。

ありがとう。それだったら、一刻も早く医者を見つけてナミを治してもらって、
それでアラバスタを目指しましょう。それがこの船の最高速度でしょう?と。

その言葉に、ルフィやゾロ、サンジ、ウソップも納得するとともに感心しました。
100万人の人の命を背負う王女の見事な決断に感心しつつも、
その言葉に従い、ルフィたちは、医者のいる島を探すことになりました。

ルフィたちとビビ王女の絆がさらに強固なものとなった瞬間でした。

さらに、今まで進路を取っていた方角で、巨大なサイクロンが発生しています。
ナミの言うことを聞かずに、あのまま進んでいたら全員の命はなかったでしょう。

グランドラインのサイクロンは前兆のない、突然発生するものと言われており、
それを理論ではなく肌で感じ取ったナミに、ビビは驚きとともに、
尊敬の念も持つようになりました。

やがて、天候も変わりなんと雪が降り始めました。
前方を確認するゾロが、医者のいる島ではなく、不思議なものを発見します。

海の上に立つ人です。人が海の上に立つことができるのか?そして何者なのか?

これが、第78話 ナミが病気?海に降る雪の向こうに!のストーリーのあらすじです。
スポンサーサイト

テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第79話 奇襲!ブリキング号とブリキのワポル 

奇襲!ブリキング号とブリキのワポルは、アニメワンピース(OnePiece)の第79話です。
ストーリーのあらすじは、前回の最後に登場した海面に立つ謎の人物は、
ブリキング号という名の奇襲用の潜水帆船の上に立っていたようです。

ゴーイングメリー号のすぐ前に、巨大な帆船が海の中から浮上してきて現れました。
しかも、ドクロの海賊旗、海賊のようです。クルーの数も半端ではありません。

船長はワポルと名乗るおかしな男で、肉を食いながらメリー号にやってきて、
肉だけではなく、フォーク代わりに肉を刺して食べていたナイフまで食べてしまいます。

ワポルはドラム王国という国を探しているようなのですが、ルフィたちに心当たりもなく、
ワポルはルフィたちから宝などを略奪しようとしました。
そしてそれだけではなく、ナイフまで食い終わると、次になんと船まで食べ始めました。

バクバクの実の能力という悪魔の実の能力者のようですが、いったいどんな能力なのか?

メリー号(船)を食って壊していくワポルに腹を立てたルフィが、反撃を開始します。
無駄な争いはしないほうが良いと思ってか、今までおとなしくしていたゾロやサンジも、
一斉に攻撃にかかりました。

さほど強いクルー達ではないようですが、ワポルは、ルフィが攻撃をしかけると、
なんとルフィまで食べてしまおうとします。
ですが、ルフィのゴムの身体は食べにくく、飲み込めずにいるところにゴムゴムのバズーカで
海の彼方に飛ばされてしまいます。悪魔の実の能力者ですから当然カナヅチです。

慌てたワポルの仲間たちは、捨て台詞を残してワポルの救出に向かいました。

依然として医者のいそうな島はみつかりませんが、数日前、つまり、ルフィたちが、
まだリトルガーデンに居た頃、サンジとクロコダイルの電伝虫の会話が海軍によって、
盗聴されていたようです。スモーカー大佐とたしぎも、砂漠の王国アラバスタに
向かうことになりました。この分では、ルフィたちよりも先にアラバスタに入りそうです。

何の手がかりもないまま、海を進んだルフィたちでしたが、ずっと安定して寒い気候となり、
島が近い証拠かもしれないとビビが言う通り、ついにルフィたちは島を発見しました。
島全体が雪に覆われた冬島です。後の問題は、その島に医者がいるのかどうか。
それ以前に、人が住んでいるのかどうかもわかりません。

島の内部まで船で入り、まずは、誰かが上陸して人探しをしようと話し合っていると、

人を探すまでもなく、いきなり多数の島民が陸から現れました。
ですが、海賊であるルフィたちに対して敵意むきだしで、多数の銃がルフィたちを狙っています。

海賊に対して非常に敵意があるようで、医者を探しているだけだと言っても聞き入れず、
いきなり発砲してきました。
それに怒ったサンジを止めようと、サンジに駆け寄ったビビに銃弾が当たってしまいました。
撃たれたビビはどうなる?医者はいないのか?病気のナミの治療はできないのか?
というところまでが、第79話 奇襲!ブリキング号とブリキのワポルのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第80話 医者のいない島?名も無き国の冒険! 

医者のいない島?名も無き国の冒険!は、アニメワンピース(OnePiece)の第80話です。
ストーリーのあらすじは、いきなり発砲されただけではなく、ビビが撃たれてしまったため、
ルフィも怒り、ゾロやサンジも臨戦態勢でしたが、撃たれたビビが立ち上がり、
怒るルフィを止めます。そしてビビは血を流しながらも、その場で土下座して、
医者を必要としている。病気の仲間を救って下さいと人々にお願いします。

その姿に、ルフィも自分の間違いに気づき、一緒に頭を下げてお願いします。

その様子に、人々から信頼も厚い国の護衛隊長のドルトンという人物が、
自分の村に案内すると言ってくれました。ゾロとカルーを船番に残して上陸です。

しかし、不思議なことに、この国は名前も無いと言います。
そして、先ほどのいきなり発砲してきた人々も国の守備隊ではなく民間人でした。
ドルトンさんの住む村、ビッグホーンに到着したものの、さらに困ったことに、
この国には医者が1人、しかも魔女と呼ばれる老婆しかいないということです。

その医者は、ドクター・クレハという名で、年齢は140歳近い高齢の変わり者とか。
医者としての腕は確からしいのですが、彼女の住まいは、ドラムロッキーと呼ばれる
断崖絶壁の非常に高い山々の中でももっとも高い山の頂上にある城にたった一人で住む。
彼女との通信手段もなく、クレハはきまぐれで月に1度くらい山を降りてきては、
患者を探し、処置をするとその家の欲しいものをありったけもらっていくという、
まるで海賊のようなタチの悪い医者のようです。

そんな老婆がどうやって険しい山を登り降りできるのか、ハッキリしたことはわからず、
満月の夜にソリに乗って空を飛んで降りてきたところの目撃者もいたり、
見たこともない生き物と一緒にいるところの目撃者もいたりすることから魔女と呼ばれるそうです。

ビッグホーンに来る途中にもハイキングベアというかわった熊がいたように、
冬島特有の生き物がいるのでしょうか?

やっとの思いで到着した島でしたが、その魔女が次に山を降りてくるのを気長に待つしかない。
そうわかったとき、ルフィはナミに、一緒にあの山に登るぞ。と言い出します。
ビビのために一刻も早く病気を治さねばならないナミも、それを了承してルフィにゆだねます。

ルフィがナミを背負い、険しい山を登ることになったのですが、サンジも同行することになり、
ウソップとビビは、足手まといにならないようにドルトンさんのところで待つことにしました。

そのまま直線コースで頂を目指すと、ラパーンという凶暴な肉食のうさぎに出くわすため、
回り道を勧めるドルトンさんでしたが、ルフィとサンジは最短コースを選んで出発しました。

残ったビビとウソップに、ドルトンさんがこの国のことを話してくれました。
この国はかつて医療先進国と呼ばれたこともあるドラム王国という国でしたが、数ヶ月前に、
黒ひげと呼ばれるたった5人の海賊団に国を滅ぼされたのだそうです。
それで、ルフィたち海賊に過敏に反応したわけですね。

しかし、国が崩壊したことで、かつての王政がなくなり、
逆に良かったと国民たちは思っているようです。
というのも、以前の王政がとんでもない悪政で、黒ひげ海賊団の襲撃の際にも、
海賊たちの強さを知った国王は、国民を守るどころか、真っ先に国を捨てて海に逃げたとか。

その最低の王の名は、ワポル。あのルフィたちの船を襲った海賊です。
今この国で国民たちが最も恐れているのは、ワポルの帰還と王政の復活。

ところが、ルフィに吹き飛ばされたワポルはまだ生きており、
ついに、ワポルたちは探していたドラム王国を発見してしまいました。
国民が恐れていた国王ワポルが、まもなく、国に戻ってきてしまいそうです。

一方、医者のところに向かったルフィたちの前には、ドルトンさんが注意するようにと言った、
ラパーンの大群が現れてしまいました。

ラパーンは、白熊のような大きさとゴリラのような凶暴さをあわせもった、
俊敏で凶暴なうさぎです。その動きはすばやく、凶暴なため、大群となると強敵です。
ルフィとサンジはともかく、ナミの体が戦うには負担が大きすぎる。

ラパーン相手に、ルフィたちはどうするのか?
いろいろな意味で緊迫した事態になっていく冬島、ドラム島です。
ここまでが、第80話 医者のいない島?名も無き国の冒険!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第81話 ハッピーかい?魔女と呼ばれた医者! 

ハッピーかい?魔女と呼ばれた医者!は、アニメワンピース(OnePiece)の第81話です。
ストーリーのあらすじは、魔女と呼ばれる医者のところへ向かうルフィたちでしたが、
すれ違いで魔女ドクター・クレハは今、隣町のココアウィードに来ているという。

魔女ドクター・クレハは、チョッパーという名の動物を従えて、泣き叫ぶタマチビという
子供の治療をしましたが、代償として、ありったけの食料や酒、そして財産の50%を
要求しました。治療は荒っぽいものでしたが腕は確かなようです。

しかし、クレハの年齢は本人いわく139歳、ヘソ出しルック、
老婆と思えないナイスバディで、「ハッピーかい?」が口癖のファンキーな変人でした。

ウソップとビビは、ルフィたちを追うのは無理と考えて、クレハに会うため、
ドルトンさんとココアウィードへと向かいました。

クレハに会って、至急城に戻ってもらうつもりです。

しかし、ココアウィードにウソップたちが到着したときには、クレハは既にギャスタという
町のほうへ向かったとのことで、またしてもすれ違いでした。

ココアウィードに向かう途中、ドルトンが昔はワポルの部下で、国の守備隊隊長だったこと、
先代の王が死に、ワポルが国王になってから、国中の医者を追放し、優秀な20名の医者のみ、
イッシー20(トゥエンティ)と呼んで、ワポル専属とし、病人はワポルにひれ伏し、
法外な治療費を払わねば医者の治療も受けられなくしたということを聞きました。
病気にならない人はいないため、国王である自分に誰も逆らえなくするためです。
それを聞いたビビは、「国民の命を人質にとった犯罪だ」と言って怒りますが、
その様子を見て、ドルトンは、ビビの正体を確信したようです。

そうこうしているうちに、ドルトンたちが最も恐れていたことが起こってしまいました。
ワポルたちがついにドラム島に上陸してしまったのです。
見張りの国民たちも全員ワポルたちにやられてしまったとのことで、
ワポルを倒すため、ドルトンはワポルのもとに向かいます。

一方、山の頂上を目指していたルフィたちは、ラパーンたちの攻撃から逃れられたかと思いきや、
ラパーンたちに先回りされ、しかも、ラパーンたちは大群で飛び跳ねることで地面を揺らし、
なんと雪崩を起こそうとしています。

頂上を目指さねばならないルフィたちに雪崩が襲いかかります。
ルフィたちはどうなるのか?ワポルとドルトンは?ビビとウソップはクレハに会えるのか?
ここまでが、第81話 ハッピーかい?魔女と呼ばれた医者!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第82話 ドルトンの覚悟!ワポル軍団島に上陸 

ドルトンの覚悟!ワポル軍団島に上陸は、アニメワンピース(OnePiece)の第82話です。
ストーリーのあらすじは、ドラム島に上陸したワポルと共に国を去る覚悟でワポルのもとに
向かったドルトンでしたが、そんな話をワポルが聞き入れるはずもなく、
ワポルたちと戦うことになります。

ドルトンは、先代国王、つまりワポルの父親に世話になっていたため、
いつかはワポルが改心してくれることを願ってずっと従ってきたのでしたが、
ワポルにその可能性もなく、ドルトンは、ワポルを野放しにしてしまった自分の責任も感じ、
ワポルたちと刺し違えても、つまり自分の命を捨ててでも、国民を守る覚悟です。

しかし、そんなドルトンの真面目で心優しい性格をよく知る、ワポルの部下であり、
幹部のチェスとクロマーリモの二人に、ドルトンの優しさを逆手に取られてしまい、
加勢に駆けつけた国民たちに向かって矢を放ちました。

ドルトンは国民を守るために、自分の身体を盾代わりにして、身体で矢を受けて傷ついてしまう。

そして、さらには、そこビッグホーンの村まで、あのラパーンの起こした雪崩が押し寄せ、
人々はもちろん、ロブソンというカバのような生き物に乗って逃げようとしたワポルまで、
雪崩に巻き込まれます。

しかし、雪崩がおさまった後、ワポルは無事に雪の中から現れ、雪崩がルフィたちの仕業だと
勝手に解釈をして、ルフィたちに仕返しをするために山へと向かいます。

元々、ラパーンに雪崩を起こされて、最初に雪崩に遭遇していたルフィとサンジ、ナミは、
病人のナミを背負うルフィをかばうため、サンジが犠牲になって、ルフィとナミは、
雪崩の中でも無事に生き延びることが出来ていました。

しかし、サンジは雪崩に埋もれてしまい、ルフィが探し出しましたが、重傷で気を失っています。
ルフィは、ナミを背負い、サンジを抱えて山頂まで絶壁を登らなければならなくなりました。
ルフィは、サンジだけではなく、途中で、自分達を攻撃したラパーンまで助けます。

子供のラパーンが埋もれてしまった自分の親を必死で助けようとしていたからなのか、
理由はわかりませんが、ラパーンの群れの中のボスだったラパーンを雪の中から助け、
そして、サンジとナミとともに山頂の城を目指します。

ところが、山頂を目指すルフィたちの前に、逆恨みをしたワポルたちが追いついてしまいました。
病人のナミを背負うルフィは戦うことも出来ません。(ナミに負担がかかってしまうから)
しかし、サンジは気を失っていて当然戦える状態ではありません。

ルフィたちはワポルを相手にどうなるのか?
ここまでが、第82話 ドルトンの覚悟!ワポル軍団島に上陸のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。