04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第159話 すすめカラス丸!生贄の祭壇を目指せ 

すすめカラス丸!生贄の祭壇を目指せは、アニメONEPIECE(ワンピース)の第159話です。
第159話 すすめカラス丸!生贄の祭壇を目指せのストーリーのあらすじは、
カラス丸に乗って、アッパーヤードへと入り、生贄の祭壇を目指すルフィたちでしたが、
次から次へと、危険が三人を襲います。

カラクリ仕掛けになっているようで、
巨大な鎌のようなものがカラス丸に向かって斬りかかったり、
ヤリが何本も飛んできたりと、インディ・ジョーンズの映画のような状況です。
それだけではなく、ミルキーロードには巨大な人食い生物も生息していて、
ルフィ、サンジ、ウソップの乗るカラス丸を襲います。

襲いかかる攻撃や危険な生物からなんとか逃れたり倒したりしつつ生贄の祭壇を目指します。

一方、生贄の祭壇では、メリー号の船底など壊され、祭壇の上に置かれたため、
船を下に降ろすことも出来ませんし、下の水には巨大な鮫、空鮫もいるため、
泳いで岸に渡ることも出来ません。

ところが、ゾロが、木にからまる蔦を使って対岸に渡ると言い出します。
祭壇を見て、祭壇が千年以上前に作られたものだと判断したロビンも、
岸に渡っていろいろと調べてみたいらしく、ゾロと一緒に行くと言い出します。

ナミも怖がっていたのですが、ロビンから歴史のあるところには財宝もあるかもしれないと
聞いたため、怖がりながらも対岸に渡ることになりました。
こうして、岸に渡り探索をするゾロ、ロビン、ナミをチョッパーは見送り、
ゾロに頼まれた船の修繕をしながら船番をすることとなるのですが、そこでチョッパーは、
ナミにはゾロとロビンが着いているから何かあっても大丈夫だろうとナミを気遣ううちに、
たった一人残った自分が、本当は一番危険であることにやっと気づきます。

ルフィ、サンジ、ウソップの三人は、様々な仕掛けの危機を乗り越えたのですが、
本当の試練はこれからのようです。

沼の試練、鉄の試練、紐の試練、玉の試練と書かれた石像があり、それぞれに入口があります。

どれか1つの試練を選んで進むということらしいのですが、ルフィたちはどれを選ぶのか?

ここまでが、第159話 すすめカラス丸!生贄の祭壇を目指せのストーリーのあらすじです。
スポンサーサイト

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第160話 生存率10%!心網使いの神官サトリ! 

生存率10%!心網使いの神官サトリ!は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第160話です。
第160話 生存率10%!心網(マントラ)使いの神官サトリ!のストーリーのあらすじは、
生贄の祭壇へと向かうルフィたちは、4つの入口の中から玉の試練を選んで進みました。
真っ暗なトンネルを抜けると、カラス丸は、いきなり落下を始めました。
そのまま青海(せいかい)まで落ちるのかと心配をしたルフィたちでしたが、
かなりの落下はしたものの、依然アッパーヤードでした。そして、そこには無数の玉が。
何が試練なのかはわかりませんが、島雲で出来た無数の玉が浮かんでいる不思議な場所でした。

それらの玉は、びっくり雲と言う名前で、中に何が入っているかわからない。
獰猛な生き物だったり、爆弾だったり、何らかの危険なものが入っているようです。

ここは神官の一人、森のサトリの玉の試練、神官サトリとびっくり雲がルフィたちを襲う。
サトリは心網(マントラ)という力でルフィたちの動きを事前に知ることが出来るようです。
ルフィの攻撃を事前に察知してかわし、ルフィに攻撃をしてきました。
打撃が効かないはずのルフィが、何故かサトリの攻撃ではダメージを受けてしまいます。
サトリの攻撃は打撃とは少し違い、インパクト(衝撃)というものらしく、
ルフィにさえ身体の中からダメージを与えてしまうもののようで、ルフィが一撃でやられます。
そして、サンジもウソップもインパクトでカラス丸から下に落下し、カラス丸は、サトリが、
勝手に走らせてしまいました。
何とかカラス丸を取り戻さなければ、ここを抜けることさえ出来ませんが、それを、
サトリとびっくり雲の玉が邪魔をします。

ここは、身体も玉のような神官サトリのエリアで、生存率10%、玉の試練です。

一方、生贄の祭壇のほうでは、
岸に渡ったロビンが、ここの地面が島雲ではなく土であることに気づきます。
ここアッパーヤードは、空島の中でも基盤が大地という特殊な島のようです。

また、一人船に残り一番危険な状況だとわかったチョッパーでしたが、
そこにルフィたちが必ず助けに来ることを信じて、ゾロに言われたとおり船の修繕をします。

しかし、頼りのルフィたちは、ルフィでさえも、攻撃をマントラで読まれてしまい、
サトリには一発の攻撃もあてることができず、一方的にサトリの攻撃を受けてしまうのでした。

ここまでが、第160話 生存率10%!心網使いの神官サトリ!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第161話 「玉の試練」の脅威!迷いの森の死闘 

「玉の試練」の脅威!迷いの森の死闘は、テレビアニメONEPIECEの第161話です。
第161話 「玉の試練」の脅威!迷いの森の死闘のストーリーのあらすじは、
玉の試練に入ったルフィ、サンジ、ウソップは、ウェイバー船のカラス丸を奪われ、
このままでは玉の試練の迷いの森から出ることもできません。

ルフィが神官サトリを足止めしている間に、何とかカラス丸を奪還しようとするサンジと
ウソップでしたが、マントラによって攻撃を事前に察知してしまうサトリにルフィの攻撃は
当たらず、ルフィはサトリを足止めすることも出来ません。

さらに、サトリによって辺り一面に漂う玉の形の島雲、びっくり雲をたくみに使われて、
サンジとウソップのカラス丸奪還も上手くいきません。

結局、神官サトリを倒すという結論に達するルフィたち三人でしたが、
ルフィの敵わない相手ですから、ウソップはもちろん、サンジもなす術もなくやられ、
ルフィも倒され、全滅してしまいます。

一方、生贄となった4人は、ゾロ、ロビン、ナミの三人は引き続き岸で探索をしていますが、
メリー号に残ったチョッパーに危機が訪れます。

空の騎士にもらった笛のことを思い出し、何かあったら、笛を吹いて空の騎士を呼ぼうと、
笛を首からさげて、一安心したチョッパーだったのですが、
そのチョッパーの前に、鳥に乗った神官シュラが現れます。

そして、神官シュラは、
「殺していい生贄はお前一人だけか」と言い出します。チョッパーを殺すつもりのようです。
とっさに笛を吹き鳴らすチョッパーですが、空の騎士は来てくれるのか?

ここまでが、第161話 「玉の試練」の脅威!迷いの森の死闘のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第162話 チョッパー危うし!元神vs神官シュラ 

チョッパー危うし!元神vs神官シュラは、テレビアニメONEPIECEの第162話です。
第162話 チョッパー危うし!元神vs神官シュラのストーリーのあらすじは、
ルフィたちに真実を伝え、ゴッドの裁きを受けることになってしまったコニスは、
父のパガヤとともに、空の騎士のところにいました。パガヤもまた、共犯とされるからです。

空の騎士の住むところまでは、ゴッド・エネルのマントラも届かないようです。
つまり、神がいつも見ていると言っていたのは、ゴッドも神官サトリのようなマントラを使い、
しかもその範囲が大きいということのようです。

空の騎士ガンフォールは、コニスが神様と呼んだ通り、元々はスカイピアの神だった。
ところが、エネルに神の座を奪われ、今はフリーの傭兵として人々を助けているようです。
また、ルフィたちを襲ったゲリラは、シャンディアと呼ばれる人々らしく、
アッパーヤードを狙って戦いを挑んでいるようですが、ガンフォールが神であった頃、
シャンディアとの共存を考えて進めていたようですが、あと少しのところで、神の座を、
エネルに奪われたようです。

そして、スカイピアには、言い伝えがあるとガンフォールが話をしていました。
昔、アッパーヤードが誕生したとき、「島の歌声」が聞こえたと。
そして、それを合図にするかのように、アッパーヤードに住む者たちとシャンディアの
戦いが始まったとか。さらに、島の歌声をもう1度聞くとき戦いは終わると。
そういう言い伝えがあるのだそうです。
シャンディアは、ガンフォールが神の座を奪われ、エネルが神となった今も、
エネルに戦いを挑み続けているのだそうです。

そんな話をガンフォールがパガヤとコニスにしていると、ピエールが笛の音を聞きつけます。
チョッパーの吹き鳴らした笛の音です。急いでアッパーヤードへと向かう空の騎士。

チョッパーは、笛を吹いたもののすぐに空の騎士が到着できるわけではなく、
神官の一人、スカイライダー、シュラに攻撃されてしまいます。

シュラは、刺さると炎が出て、攻撃したものを燃やしてしまう槍を武器にし、
さらにシュラの乗る三丈鳥フザは、口から火を吹く珍しい鳥でした。
そして、シュラもまた、マントラが使えるようです。

スカイライダー、シュラにメリー号を燃やされ、必死で船を守るチョッパーですが、
マントラによってチョッパーの攻撃はまったく通用せず、ヤリとフザの炎でメリー号が、
どんどんと燃やされていってしまいます。

それでも、必死にメリー号を守っていると、シュラがチョッパーを殺そうとする理由を
教えてくれました。
アッパーヤードには4ヶ所の神官がおさめるエリアがあり、生贄の祭壇に生贄があるとき、
それを救出に来る者が、いずれかのエリアに入ったとき、他の3人の神官は手出しできない。
つまり、今、ルフィたちがチョッパーの元に向かっているわけです。
そして、生贄の祭壇は、いずれのエリアにも属していないフリーのエリアで、
本来は、救出に来た者が、試練を超えて生贄の祭壇まで来られたら、逃げ出すことも
出来るようなのですが、試練を超えられず死んだ場合は、生贄は誰が殺しても良い。

そう聞いたチョッパーは、ルフィたちが殺されてしまったのかと心配しますが、
今の話は本来のルールで、例外もあるとシュラは話を続けます。

本来生贄として祭壇にいなければならない生贄が、蔓を使って岸に行ったりと、
生贄らしからぬことをした場合、残った生贄を殺しておく必要があると。
生贄の祭壇に戻ったときに、仲間の死を目の当たりにすれば、自分の罪を知ることが出来る。
そういう理由で、チョッパーは殺されることになったのだそうです。
つまり、ゾロたちが原因です。

今度はチョッパーを殺そうと攻撃をしてくるシュラと必死で戦おうとするチョッパーですが、
シュラのマントラで行動を読まれてしまうため、何ともなりません。
ついにトドメを刺されそうになったとき、やっと空の騎士が間に合いました。

神官シュラと元神ガンフォールの戦いの始まりです。

空の騎士で元神のガンフォールは想像以上に強く、マントラを使うシュラに対しても、
終始押し気味で戦いを繰り広げます。そして空の騎士もあのインパクトが使えるようで、
ついに、シュラの背後を取り、インパクトでシュラにダメージを与えました。

しかし、致命傷にはならず、シュラの反撃開始です。紐の試練が発動されました。
紐の試練とは何なのか?

そして、神官サトリに倒されたルフィたちも、今、サトリによってトドメを刺されそうです。
戦いの行方はどうなる?

ここまでが、第162話 チョッパー危うし!元神vs神官シュラのストーリーのあらすじです。

テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第163話 摩訶不思議!紐の試練と恋の試練!? 

摩訶不思議!紐の試練と恋の試練!?は、テレビアニメONEPIECEの第163話です。
第163話 摩訶不思議!紐の試練と恋の試練!?のストーリーのあらすじは、
元神ガンフォールが動いたことで、ゲリラたち、シャンディアの戦士たちも動くようです。
今がチャンスと、大戦士カルガラの子孫、シャンドラの戦士ワイパーは、先祖たちの願い、
「シャンドラの灯を燈せ!」という言葉をまっとうするため戦うようです。

その頃、アッパーヤードに入った空の騎士は、依然として神官シュラと戦っていました。
圧倒的な強さを誇る神官シュラに対して、終始押し気味で戦いをする空の騎士でしたが、
何故か急に動きが止まります。空の騎士も鳥のピエールも、身動きがとれないようです。

それこそが、神官シュラが仕掛けた摩訶不思議な紐の試練だとか。
何が起こったのか、まったく身動きが出来なくなってしまった空の騎士に、
シュラは炎の出る槍で攻撃を仕掛け、空の騎士の身体をヤリで貫きます。

重傷を負った空の騎士はそのまま下の河に落ちてしまいました。このままでは空鮫の餌食です。
自分のために戦ってくれていた空の騎士の命の危機に、チョッパーは悪魔の実の能力者ですから、
泳げるはずもないのですが、空の騎士を助けたい一心で河に飛び込んでしまいました。
それを見ていたシュラは、ゾオン系が泳げないことを知っており、チョッパーと同じゾオン系の、
ピエールも河へと叩き落してしまいます。
ゾオン系悪魔の実の能力者であるチョッパーとピエールはカナヅチです。助かりません。
頼りの空の騎士も身体を貫かれて重傷で、二人を助けるどころか命の危機です。
そして、三人が落ちた河には底があるという。三人の命はないのか?

一方、岸に渡っていたゾロたちは、ロビンが島の異常さに気づきます。
井戸が木に飲み込まれているのを見て、文明が、木の成長を予測できなかった
初めて見る珍しいケースだと言っています。そして、ナミもまた何かを発見したようです。

また、チョッパーと同じく絶体絶命のピンチだったルフィたちですが、神官サトリが、
ルフィたちにトドメを刺そうとびっくり玉蔓、玉ドラゴンで攻撃をしかけてきました。
玉カズラ玉ドラゴンは、びっくり雲をつないだドラゴンですが、びっくり雲の中身は火薬で、
そのうちどれかは火薬ではなく炎がつまっているという。
つまり、炎の玉を破壊してしまったら、大爆発が起こり、ルフィたちは全滅ということです。

玉ドラゴンでの攻撃に逃げるしかないルフィでしたが、ルフィが逃げている間に、
ウソップがあることに気づき、サトリをルフィに任せてカラス丸を追います。
ひたすら逃げ回っていたルフィでしたが、偶然玉ドラゴンの弱点をみつけます。
玉ドラゴンはサトリが紐で操っていたのです。ルフィがその紐を切ってしまいました。

玉ドラゴンを操れなくなったことに怒ったサトリは、ルフィを攻撃しようと、紐を引いて、
ルフィを自分のほうへと引き寄せたのですが、そのときルフィは玉ドラゴンまで一緒に
持ってきてしまいました。このままでは、サトリも大爆発に巻き込まれてしまいます。

玉ドラゴンの大爆発からは、何とか逃れることが出来た神官サトリでしたが、
動揺したことでマントラが乱れ、ルフィの姿を見失います。
ルフィは、サトリの背後にいました。そして、ついにマントラの乱れたサトリを捕まえた。

サンジも無事爆発からは逃れており、ルフィが捕まえて身動きができなくなったサトリに、
渾身の蹴りを浴びせます。

そして、ウソップもまた、迷いの森の出口を見つけていました。
ルフィたちには、戦いに光明が見えてきました。

ここまでが、第163話 摩訶不思議!紐の試練と恋の試練!?のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。