09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第196話 非常事態発令!悪名高き海賊船潜入! 

非常事態発令!悪名高き海賊船潜入!は、アニメワンピース(ONEPIECE)第196話です。
今回から第206話までは、テレビアニメのオリジナルストーリーのナバロンG8支部編です。

第196話 非常事態発令!悪名高き海賊船潜入!のストーリーのあらすじは、
空島からタコバルーンによって、風任せの空の旅を楽しんだ麦わらの一味は、無事着水したが、
そこは、とんでもない場所でした。海軍基地の真ん中に落ちてきてしまったのです。

危険を察知した麦わらの一味は、いち早く身を隠したため、空からの侵入であることや、
チョッパーの目撃、ロビンの手が咲くところを見た整備兵の証言などから、
ルフィたちの船、ゴーイングメリー号は、幽霊船とされてしまう。

基地の司令官ジョナサンも、船を幽霊船として探索を開始させました。
部下の少佐、ドレークは、何度も遭遇したことのある麦わら海賊団の船のため、
幽霊船であることを否定しますが、ジョナサン司令官は、幽霊船として扱います。

それと言うのも、ここナバロンG8支部には、新人たちもいるため、海賊の侵入を認めて、
混乱をさせないようにということと、ルフィたちの目的がわからないためでした。

このジョナサン司令官は、なかなかの切れ者のようです。
船の痕跡から、メリー号が最近ジャヤに立ち寄ったことや、仲間の人数、プロフィールまで、
既にジョナサン司令官には把握できつつあるようです。わからないのはルフィたちの目的だけ。

一旦バラバラに各所に逃げたルフィたちですが、これから海軍基地でどう動くか?

ここまでが、第196話 非常事態発令!悪名高き海賊船潜入!のストーリーのあらすじです。
スポンサーサイト

テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第197話 料理人サンジ!海軍食堂で真価発揮! 

料理人サンジ!海軍食堂で真価発揮!は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第197話です。
第197話 料理人サンジ!海軍食堂で真価発揮!アニメオリジナルストーリーのあらすじは、
とりあえず混乱を避けるために、幽霊船として探索をさせることになったメリー号ですが、
ジョナサン司令官とドレーク少佐のもとに、スタンマレー号という船が入港を求めてきます。

さらなる混乱を避けるために、入港させることは認めないという少佐の意見を聴くことなく、
ジョナサン司令官は、スタンマレー号の入港を許可してしまいます。

船に怪我人が多数いると聞いたからです。
しかし、その船には海軍の兵士たちだけではなく、マーレー兄弟という料理人兄弟も乗っていた。
マーレー兄弟は、聖地マリージョアで海軍の上層部の者達に対して料理を作ってきた
いわばエリートコックの兄弟でした。

麦わらの一味はと言えば、ルフィはサンジと合流できたようですが、まるで緊張感なし。
ナミは、状況把握をしようとして、新しく船が入ってきていることを知り、
ここが湖ではなく海に続いていることを知り、一安心して、情報収集をしようとしますが、
そのとき、マーレー兄弟と遭遇してしまいます。

しかし、料理人兄弟のマーレー兄弟はナバロンに来るのは初めてで、要塞の中で迷っているらしく、
ナミは、でたらめな道案内をして二人をまき、目立たないようにと掃除当番に変装しますが、
掃除をしていると今度はゾロと遭遇します。

顔を知られているゾロが、刀を三本腰にさして堂々と歩いているため、
騒ぎになったら他の仲間にも迷惑がかかるからと、ゾロから刀を取り上げて、
外の崖の茂みのほうへと投げ捨ててしまいます。

ナミは、掃除当番の班長に見つかってしまい、疑われはしませんでしたが、
仕事のために、どこかへと連れて行かれてしまいます。

ルフィは何か食べたいばかりだったため、食堂へ行こうとしますが、
サンジと二人でコックに変装して厨房に入ったため、マーレー兄弟と勘違いされてしまいます。

ナバロンのコックたちは、ルフィたちをマーレー兄弟だと思い、料理での戦いを挑んできました。
厨房のチーフはジェシカという名前の美女のため、サンジもやる気満々です。

コック達の料理勝負に兵士達も注目する中、ナバロンのコック達はさっさと100人前作ります。
一方サンジは、コック達の仕事をただ眺めているだけでした。
ところが、ナバロンのコック達が料理を作り終えると、サンジは、コック達が残した食材を使い、
手際よく、そして見るからに美味そうな料理を、これまたあっという間に作ってみせました。

見ていた兵士たちも、サンジの作った料理のほうに魅了され、
そして、食べてまた美味いと絶賛し、サンジの勝利は一目瞭然でした。

食材を大切にすることをゼフから叩き込まれてきたサンジは、食材のすべてを愛すること
その大切さをナバロンのコックたちに見せて説いたわけです。
その考え方こそ、常にチーフであるジェシカがいつもコックたちに説いていることと同じで、
マリージョアから来たコックに対抗しようと、食材の良い部分だけ使ったことを、
ナバロンのコックたちは反省するのでした。

一方ルフィは、そんな勝負はおかまいなしに、ナバロンのコックたちの作った料理を、
さっさと食べはじめていました。それどころか、ひとりで100人前すべて食べたのでした。

サンジの心意気とルフィの食いっぷりに、ジェシカは大いに二人を気に入り、
二人が海賊であることも知らずにサンジたちを「仲間」として認めてしまったのでした。

そんな頃、外を見回るジョナサン司令官は、ナミに捨てられた刀を拾おうと必死に手を伸ばす
ゾロを発見します。ゾロはなかなか刀に手が届かず、ついに刀と一緒に海に落ちてしまいます。
そして、海中から刀を三本持って上がってきたところをジョナサンたち海兵に包囲された。

ここまでが、第197話 料理人サンジ!海軍食堂で真価発揮!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第198話 囚われたゾロとチョッパー緊急執刀! 

囚われたゾロとチョッパー緊急執刀!は、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第198話です。
第198話 囚われたゾロとチョッパー緊急執刀!アニメオリジナルストーリーのあらすじは、
海から顔を出したところを包囲されたゾロは、そのまま囚われてしまいます。

牢獄に入れられ、手かせをはめられたゾロは、厳重に見張られて身動きできません。
その上、ドレーク少佐に拷問をされてしまいますが、ゾロには、答えようもありません。
侵入目的があるわけでもなく、空から侵入したのは事実ですし、他の仲間の居場所も知りません。
ですが、ゾロの話を信じないドレーク少佐は執拗にゾロを攻め立てます。

一方、掃除当番に変装したナミは、あまりの重労働に音をあげてしまい、
今度はナースに変装をして情報収集をしようとしたのですが、
スタンマレー号には重傷患者が多くいたため、ナースも大忙しです。
緊急招集でナース全員が医務室へと連れて行かれることになってしまいます。

チョッパーは、薬にするための鹿の角の入った箱の中に隠れていたのですが、
箱ごと医務室へと運ばれてしまいます。

チョッパーとナミが医務室へと行くことになってしまったわけですが、
医務室ではコバト先生という小児科の女医さん以外の医者が全員出張中で、
コバト先生は、血を見ただけで気絶してしまうような医者でした。

オペをしなければ、命が危ない患者も多かったため、見るに見かねてチョッパーが、
コバト先生をサポートすることにします。
チョッパーの言葉で勇気をもらったコバト先生は、チョッパーにサポートしてもらいながらも、
医者として、立派にオペを完了させたのでした。

ここまでが、第198話 囚われたゾロとチョッパー緊急執刀!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第199話 迫る海軍の捜査網!囚われた二人目! 

迫る海軍の捜査網!囚われた二人目!は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第199話です。
第199話 迫る海軍の捜査網!囚われた二人目!のストーリーのあらすじは、
ルフィとサンジが料理人をしている食堂に、ジョナサン司令官が食事に来たのですが、
間の悪いことに、ルフィが料理を持っていくことになってしまいます。

相手が司令官と知らないルフィは、ドアの近くに立ったまま、腕を伸ばして、
司令官の食事をつまみ食いしてしまい、ルフィとばれてしまいます。

コックたちにもルフィとサンジが海賊とばれてしまい、司令官とコック達に挟み撃ちにされ、
逃げ場を失ったルフィたちでしたが、丁度食事のために入ってきた多数の海兵たちに紛れて、
その場はなんとか逃げ出すことができました。

ウソップは、海兵に変装をしたのですが、メリー号が気になり、メリー号を見に行ったため、
不審な新兵とみなされて捕らえられてしまいます。
司令官の部屋に連行されたウソップは、所属部署も名前も当然答えることが出来ず、
ピンチだったとき、ジョナサン司令官から、海軍本部から特別監察官が今来ていることを聞き、
急遽ウソップ大佐と名乗り、自分は特別監察官だと言ってその場を乗り越えようとしますが、
残念ながら、その場に、特別監察官のシェパード中佐という人物が現れてしまいます。

ところが、そのシェパード中佐は、ロビンが変装していたのでした。
確かに、特別監察官のシェパード中佐という人物はナバロンに来ていたのですが、
それを知ったロビンがシェパード中佐をクラッチでのしてしまい、自分がなりすましたのです。

ウソップは相手がロビンと知って、同僚だと言いますが、ロビンがウソップを知らないと
否定したため、ゾロと同じく囚われの身となってしまいます。
ロビンは、ゾロと一緒に囚われておいたほうがウソップが安全だと判断しての行動のようです。

しかし、ウソップが仲間のように接したため、ロビンも疑われることとなり、
ロビンにも見張りがついてしまいますが、特別監察官に変装したことで、
ナバロンの情報を入手することができました。

ジョナサン司令官の頭の中では、囚われた二人、そして、ルフィと腕の良いコック(サンジ)、
見たことのない医者とナース(チョッパーとナミ)、さらに自称シェパード中佐ということで、
麦わらの一味全員の目星がついたようです。

ここまでが、第199話 迫る海軍の捜査網!囚われた二人目!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第200話 決死のルフィとサンジ!救出大作戦! 

決死のルフィとサンジ!救出大作戦!は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第200話です。
第200話 決死のルフィとサンジ!救出大作戦!のストーリーのあらすじは、
ルフィとサンジで、ゾロとウソップの救出に向かいますが、監獄の場所がなかなかわかりません。

その間に、ロビンに気絶させられたシェパード中佐が不審人物とみなされて、
ゾロたちと同じ監獄へと投獄されてしまいます。
本物のシェパード中佐が麦わらの一味と思われたほうが、ロビンにとって都合が良いと判断した
ウソップは、シェパードに「コンドリアーノ」と名付け、仲間のように振る舞います。
これによって、シェパード中佐は、麦わらの一味、コンドリアーノと思われてしまいます。

一方、二人が仲間を救出に行くであろうと予測したジョナサン司令官は、
ドレーク少佐を監獄に先回りさせておき、監獄への道に人を配置しないようにして、
ルフィとサンジを監獄まで導こうとします。

その気配をゾロが不審に思っていると、監獄にウソップと話をしたいと思ったベテラン整備兵の
メカオさんが尋ねてきたため、麦わらの一味と勘違いされて刀を向けられてしまいます。
それによって、ゾロたちも、ルフィたちに向けて罠が仕掛けられていることを知ります。

この罠は、サンジも途中で気づいたのですが、監獄に行かなくては救出はできないため、
罠と承知で監獄にサンジとルフィは向かいました。

監獄に到着したルフィたちを多くの海兵たちが取り囲みますが、
海楼石で出来た牢獄を破壊しようとして、ウソップがインパクトダイアルをサンジに渡すが、
それが間違いで、ルフィの屁が溜まったフレーバーダイアルだったため、
ガスが火に引火して大爆発を起こし、それによって牢獄も破壊され、海兵たちも一時避難したため、
4人は一旦逃げ出すことに成功します。

急に慌しくなるナバロン要塞の様子に、ロビンも、ルフィたちが動き出したことに気づきます。

ここまでが、第200話 決死のルフィとサンジ!救出大作戦!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。