07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第207話 ロングリングロングランドの大冒険! 

ロングリングロングランドの大冒険!は、アニメワンピースの第207話です。
第207話 ロングリングロングランドの大冒険!のストーリーのあらすじは、
タコバルーンを熱気球代わりにして空を航海していたルフィたちでしたが、
とうとうダイアルの燃料が切れてしまい、海に着水しました。

しかし、シーモンキーという海の生き物のいたずらで高波に襲われ逃げていると、
不思議な船と遭遇します。
海賊船のようなのですが、海賊旗も帆もありませんし、会話から船長や航海士もいないとわかる。
クルーはやる気がなく、まとまりもないため、あっさりシーモンキーの波に飲まれてしまう。
しかし、船に戦闘の後はなく、敵と戦って船長たちを失ったようでもなさそうでした。

不思議な船が気になりつつも、新しい島が見えたため、ルフィたちは気持ちが島にうつり、
さっさと島へと上陸してしまいます。

丁度その頃、ジャヤのモックタウンでは、何故かベラミーとビックナイフ・サーキースが、
戦っていました。実力的にはベラミーのほうが上のはずにもかかわらず、サーキースが押し、
しかし、戦闘で押しているはずのサーキースもつらそうです。
サーキースは、王下七武海のドンキホーテ・ドフラミンゴに操られているようです。
ベラミーたちはドフラミンゴの部下だったようで、ルフィに負けたことでのケジメらしい。
もう1度チャンスをと言うベラミーでしたが、ドフラミンゴには聞き入れられませんでした。

一方、島に上陸したルフィ、ウソップ、そしてチョッパーは、不思議な動物たちと遭遇します。
この島は、とにかくすべてが「長い」
空高く細長くそびえる木々以外は草原が広がり、動物たちも長い。
異常に胴が長い犬や、縦長の熊など、獰猛で危険な動物はいなさそうですが、何故か長い。

その頃、メリー号からルフィたちを追うため島に上陸したナミ、ゾロ、サンジ、ロビンの前に、
フォクシー海賊団と名乗る海賊船が現れます。

ルフィたちは民家らしきものをみつけて行ってみるも、キリンのような長い馬、シェリーが、
そこにいるだけで、主人はどこへ行ったかわからないと言う。
チョッパーが馬と話をすることでそれがわかったのですが、チョッパーが馬と話をしていると、
ルフィが動く竹をみつけます。しかもその竹もてっぺんが見えないほどの高さです。
竹がルフィにぶつかってきたため、ルフィが竹を蹴り折ってしまうと、一人の男が落ちてきました。

男の名前はトンジットと言い、この長い竹は竹馬で、世界一高い竹馬の記録を作ろうと、
竹馬に乗ったまでは良かったものの怖くて降りられないまま10年が経過したとか。
その間は、同じように背の高い木になる果実で生き延びていたらしい。

トンジットの話では、この島は何もさえぎるものがなくのびのびとしているため、
動物たちものびのびとして長いのだとか。

そんなウソか本当かわからない話を聴いているルフィたちを何者かが双眼鏡で見ていました。

ここまでが、第207話 ロングリングロングランドの大冒険!のストーリーのあらすじです。
スポンサーサイト

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第208話 フォクシー海賊団とデービーバック! 

フォクシー海賊団とデービーバック!は、ワンピースアニメの第208話です。
第208話 フォクシー海賊団とデービーバック!のストーリーのあらすじは、
竹馬から落ちてきた男、トンジットは、遊牧民でした。
ここロングリングロングランドというところは10の島があるそうですが、
実はその10の島はすべてがリング状につながっており、元々1つの島なのだそうです。

1年に1度だけ潮がひき、隣の島へと渡ることができるそうで、トンジットたち遊牧民は、
3年に1度、隣の島へと移っていくことを繰り返しているということでした。
そのため、10年も竹馬の上にいたトンジットは村の人々に置いていかれてしまい、
後20年ほどは合流ができないことになります。

しかし、先ほどルフィたちが見たキリンのような馬は、うーまと言う生き物で、
シェリーはトンジットのうーまでした。シェリーは10年の間、仲間たちについていかず、
ここで主のトンジットを待っていたのでした。

待ち続けた主、トンジットと再会できて喜ぶシェリーは、トンジットを背中に乗せて
嬉しそうに草原を走り回ります。それをルフィたちもほのぼのと見ていたのですが、
いきなり銃声がしたかと思うと、シェリーが倒れました。

銃弾ではなく捕縛用の網だったため、シェリーは傷ついてはいませんが、ルフィは怒り、
撃った犯人を捜します。

シェリーを撃ったのはフォクシー海賊団の船長、フォクシーでした。
怒るルフィに対して、フォクシーはデービーバックファイトでの対決を申し入れたのですが、
デービーバックのことなど何も知らないルフィはフォクシーの申し出を受けてしまいます。

デービーバックファイトとは、昔伝説の海賊たちの楽園海賊島というところで生まれたゲームで、
ゲームによって戦い、勝者は相手の海賊団から欲しいクルーをもらうことが出来るという。
欲しいクルーがいない場合は、海賊旗を取ることもできる。
そして、デービーバックで奪われた海賊旗は、二度と掲げることができないそうです。

非常にリスクの大きなゲームなのですが、デービーバックを受けずに逃げることは、
海賊としては恥になるらしく、ナミとウソップ以外は、恥をかくよりはと乗り気です。

デービーバックファイトは、何も知らないルフィが3回勝負を選び、いよいよ勝負開始です。

ここまでが、第208話 フォクシー海賊団とデービーバック!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第209話 第一回戦!ぐるり一周ドーナツレース 

第一回戦!ぐるり一周ドーナツレースは、ワンピース(Onepiece)アニメの第209話です。
第209話 第一回戦!ぐるり一周ドーナツレースのストーリーのあらすじは、
はじまってしまったデービーバックファイトですが、第一回戦は、ドーナツレースです。

樽で自作した船とオールだけでロングリングロングランドの島を一周するレースですが、
ルフィたちは3つに別れて全員参加です。

しかし、ウソップの作った船以外は今にも沈みそうな船ですし、最大の難点は、
このレースにルフィたちはなれていないということ。

フォクシーたちはこのレースを何度もやっていて、攻撃や妨害も許されるこのレースで、
巧みに妨害をしてきます。

さらに、フォクシーたちの主力の船はメンバーが魚人と鮫、そしてポルチェという女性。
つまり、鮫が船を引くこともできるため圧倒的に有利です。

様々な妨害で、ゾロとチョッパーのチームは途中で脱落します。
さらには、前方に、非常に困難なコースがあるようですし、レースに参加しなかった敵の
船長フォクシーが陸から何か妨害をしようとしているようです。

こんなレースでルフィたちは勝つことができるのか?

ここまでが、第209話 第一回戦!ぐるり一周ドーナツレースのストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第210話 銀ギツネのフォクシー!猛烈妨害攻勢 

銀ギツネのフォクシー!猛烈妨害攻勢は、ワンピース(Onepiece)アニメの第210話です。
第210話 銀ギツネのフォクシー!猛烈妨害攻勢のストーリーのあらすじは、
不利なレースを強いられた麦わらの一味でしたが、
ナミの航海術とウソップのインパクトダイアルで、ルフィとサンジの船はリタイアになったものの、
銀ギツネのフォクシーことフォクシー海賊団船長の姑息な妨害も物ともせず、
何とかゴール直前まで辿り着いた。

2位のポルチェたちのチームも引き離し、確実に勝てると思ったとき、
フォクシーがついに最後の手段に出ました。

フォクシーも悪魔の実の能力者だったのです。
ノロノロの実の能力者で、手から発するノロノロビームをあびたものは、人や物を問わず、
すべてがその速度を失いノロノロになってしまうというふざけた能力でした。

フォクシーたちが、レースに対して自信満々だったのは、この奥の手があったからだったのです。
予想外の妨害で、第一回戦のレースには負けてしまいました。
そして、奪われたクルーは、チョッパーだった。

仲間から離され、フォクシー海賊団の一員になってしまったチョッパーは泣き叫びますが、
ゾロが、男なら泣くなと一喝して第二回戦へと挑みます。

しかし、第二回戦は、メンバーのチョッパーを欠き、ゾロとサンジのみの参加です。
普段から仲の悪い二人が協力して何かができるとは思えない上に、相手のメンバーは、
巨人族と魚人のハーフという巨人並の大きな男をはじめ、三人とも超大型のメンバーです。

圧倒的に不利な第二回戦で、ゾロとサンジは勝てるのか?

ここまでが、第210話 銀ギツネのフォクシー!猛烈妨害攻勢のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第211話 第2回戦!ブチ込めグロッキーリング 

第2回戦!ブチ込めグロッキーリングは、アニメOnepiece(ワンピース)の第211話です。
第一回戦で敗退してしまったルフィたちは、チョッパーを奪われ、何としてもこの第2回戦は、
勝ってチョッパーを取り戻さねばならないのですが、第2回戦のメンバーはゾロとサンジです。
競技開始前から、チームワークどころか喧嘩ばかりしていてまともに戦えそうにありません。

第2回戦のグロッキーリングとは、各チームの1人がボールマンとなり、ボール代わりで、
そのボールマンを相手のゴールにブチ込めば勝ちというルールなのですが、
ルフィたちのチームはサンジがボールマンになり、相手チームは全員巨漢ぞろいなのに加えて、
ボールマンが、魚巨人(ウォータン)という巨人と魚人のハーフのため、
巨人ほどではないにしろ、巨人並の大きさの男をゴールにブチ込まなくてはならないのでした。

当然、ゾロとサンジが協力しあってゲームをするわけもないのですが、流石に二人は強く、
相手の巨漢、ハンバーグとピクルスという攻撃役の選手はあっさり片付けてしまいます。

ところが、魚巨人(ウォータン)のビッグパンが、凶器を使っての反則攻撃をしてきます。
そして、当然のように審判は見ないふりをしていて反則も止まりません。
武器の使用は禁止のはずのこのゲームで武器を使っての相手の反則に手を焼いているうちに、
倒したはずのハンバーグとピクルスも再び立ち上がり、三人で武器を使っての一斉攻撃で、
ゾロもサンジも重傷を負ってしまいます。

このままでは、あっさりとサンジをゴールまで運ばれてお終いになってしまいます。

そのとき、ゾロがサンジに10秒だけ協力しろと協力を呼びかけました。
そして、サンジもそれに同意した。いよいよゾロとサンジの反撃か?

以上が、第211話 第2回戦!ブチ込めグロッキーリングのストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。