09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第284話 設計図は渡さない!フランキーの決断 

設計図は渡さない!フランキーの決断は、ONEPIECEアニメの第284話です。
今回から、ついにエニエス・ロビー編は、激闘編となり、CP9との対決です。
アニメ第284話 設計図は渡さない!フランキーの決断のストーリーのあらすじは、
ルフィたちの覚悟と、ロビンの心を叫び、そのやり取りを見ていたフランキーは、
ある決断をします。

丁度タイミングよく、裁判所から司法の塔への撥ね橋も動き始めました。
巨大な鉄球を操る元海賊の死刑囚、有罪陪審員の攻撃で手間取ったものの、
巨人族とともに、ガレーラの職長たちも駆けつけたため、ルルとタイルストンの協力もあって、
モズとキウイが撥ね橋のレバーを引くことに成功したのでした。

しかし、ルフィたちが司法の塔へと向かうことを阻止しようとする裁判長バスカビルによって、
橋は、迫撃砲を撃ち込まれてしまい、道が完全につながることなく途中で止まってしまいます。

その頃、司法の塔では、フランキーが、古代兵器プルトンの設計図を手にしていました。
この設計図こそが政府の目的です。それを「オレのもの」だと言うスパンダムに対して、
フランキーの取った行動というのは、口から火を吹き、設計図を燃やしてしまったのでした。

設計者の意志を汲むとしたら、この方法しかないとフランキーは言います。
元々設計図が代々受け継がれてきた理由は、実存する古代兵器が暴走を始めたときに、
その抵抗手段として製造されるためだった。
つまり、その実存する古代兵器を呼び起こせるロビンが、スパンダムたち政府の手に渡れば、
設計図のなくなった今、古代兵器を止める術はなくなる。
しかし、命をかけてロビンを救出に来たルフィたちが勝ち、ロビンを奪回できるならば、
政府は、何も得ることができなくなる。
要するに、フランキーは、「ルフィたちの勝利」に賭けたのでした。

その様子を見ていたフランキー一家のザンバイやモズ、キウイたちも、フランキーが見えたため、
フランキーがまだ無事であることを知り、歓喜の声をあげます。
その声がフランキーにも届き、フランキーも子分たちが自分を助けに来てくれたことを知り、
嬉し泣きをします。

ところが、子分たちやルフィたちに気を取られていたフランキーを、
設計図を燃やされて怒ったスパンダムが、司法の塔のバルコニーから突き落としてしまいます。
撥ね橋が途中で止まってしまっていますから、フランキーの落ちる先は、
底が見えないほど深い滝の底です。このままでは、フランキーの命が危ない。

そのとき、ココロさんからナミに電伝虫が入ります。
全員で滝に向かって飛び込めと。

ココロさんは、チムニーとゴンベも乗せて、ロケットマンで裁判所へと向かっていたのでした。
それを聞いたルフィは、ゾロたち5人を連れて滝へと飛び込みます。
ロケットマンは、裁判所を抜け、撥ね橋を踏み切り台のようにして、再び空を飛びました。

ルフィたちは、ロケットマンの上に落ちることが出来、フランキーもギリギリロケットマンの、
先端部分にしがみつくことが出来て一命を取り留めます。

そして、そのままロケットマンは、司法の塔へと突入していったのでした。

ここまでが、アニメ第284話、設計図は渡さない!フランキーの決断のストーリーのあらすじです。
スポンサーサイト

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第285話 5つの鍵を奪え!麦わら一味対CP9 

5つの鍵を奪え!麦わら一味対CP9は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第285話です。
アニメ第285話 5つの鍵を奪え!麦わら一味対CP9のストーリーのあらすじは、
ロケットマンで司法の塔へと突入したルフィたちですが、ルフィたちはもちろんのこと、
ロケットマンを操縦してくれていたココロさんやチムニー、ゴンベも全員無事でした。

しかし、その場に早速CP9のフクロウが現れます。
ロビンは、既に、ロブ・ルッチが正義の門へと護送中だと言う。

スパンダムが、ルフィたちを絶望させるため、CP9全員にルフィたちの抹殺指令を出すとともに、
先にロビンを、ルフィたちの手の届かない正義の門の向こう側へと連行しようとしている。
ルッチは、スパンダムの護衛として動向を命令されたのでした。

フクロウの話では、ロビンには海楼石(かいろうせき)の手錠がかけられているという。
そして、その鍵を、ルッチを除く5人のCP9の誰かが持っている。
他の4人もニセの鍵を持っているため、5人から5つの鍵を奪い、そのいずれかで
ロビンを解放しないことには、仮にロビンを奪回できたとしても、ダイヤモンド並の硬度の
海楼石は、外すことが出来ず、一生手錠をはめたままになってしまうという。

しかし、ロビンは既に正義の門へと向かっています。全てが時間との勝負です。
ルッチが一緒ということで、ルフィを先にロビンのところへ向かわせて、
フランキーを含む残りの6人が5人のCP9を迎え撃つことにしました。

早速ロビン奪回に向けて動き出すルフィたち。
しかし、正義の門への行きかたは誰もわかりません。

ゾウゾウの実の能力を持つ刀、象刀ファンクフリードを手に、そしてルッチを護衛につけて、
正義の門へと急ぐスパンダムでしたが、そのスパンダムたちをチムニーとゴンベが尾行していた。

チムニーとゴンベは、偶然抜け道を発見し、先回りしてスパンダムたちの背後に到着できたのです。

一方、司法の塔では、燃料のコーラを補給しようと給仕室を探していたフランキーが、
給仕室目前で、フクロウと遭遇してしまいます。ナミは、クマドリと遭遇します。
そして、ウソップは、なんとジャブラと遭遇をしてしまいます。
ジャブラは、ルッチに次いで、カクと同等くらいに力のあるCP9のひとりです。
さらにサンジは、カリファに遭遇します。カリファは、サンジにとって最も相性が悪い。
カリファは女性です。女性相手に、サンジは勝負が出来るのか?
ゾロは順当にカクと遭遇し、既に一触即発の状況です。

ここまでが、第285話 5つの鍵を奪え!麦わら一味対CP9のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第286話 悪魔の実の力!カクとジャブラ大変身 

悪魔の実の力!カクとジャブラ大変身は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第286話です。
アニメ第286話 悪魔の実の力!カクとジャブラ大変身のストーリーのあらすじは、
それぞれがそれぞれの戦いを司法の塔で繰り広げることになるのですが、
ナミは遭遇したクマドリとの戦闘を避け、鍵だけを奪って逃げることを考えます。

その頃、ルフィも、やっと、自分もロビンが向かったという正義の門へ向かえば良いことに気づく。

ゾロは、早速カクと戦闘を開始していましたが、サンジはすっかりカリファの虜になり、
カリファとのんびりとお茶を楽しんでいました。

ウソップは、ジャブラが寝ていたため、寝ているスキを狙って鍵を奪おうとしますが、
その狙いは失敗し、ジャブラから強烈な攻撃を受けてしまいます。
さらにジャブラはゾオン系(動物系)の能力者でイヌイヌの実、モデルウルフの狼人間でした。

ジャブラは、狼に変身してウソップが苦しむ間も与えないようにすぐに殺すと言う。
そのウソップのピンチに、何故かウソップたちのいる部屋の返上が崩れ、
キリンとゾロが落ちてきたのです。

カクが食べた悪魔の実は、ウシウシの実、モデルジラフ、つまりカクはキリン人間でした。
ところが、まだ能力を使い慣れていないカクは人獣型(じんじゅうがた)になるつもりが、
完全なキリンになってしまい、床がその重みに耐えられず、ゾロと共に、下に落下したのでした。

ゾロとそげキング(ウソップ)に対して、狼人間のジャブラにキリン人間のカクの戦いですが、
カクとジャブラは、ゾロとサンジのように相性が悪く仲が悪いようです。

カクとジャブラが言い争っているうちに、そげキングが海楼石の手錠を発見します。
そして、その手錠をカクやジャブラに取り付ければ、力が出せなくなると考えたそげキングは、
二人に向かって手錠を発射するのですが、そのときカクが人獣型に変身したため、
角ばった部分が反映された、なんとも珍妙なキリン人間の姿になってしまい、
そのあまりの見た目のおもしろさに、ウソップの手元が狂い、ゾロに手錠をはめてしまいます。

ジャブラ、そしてゾロとウソップにまで「かっこ悪い」とバカにされ、怒ったカクは、
キリンの野生の能力をフルに使っての強力な嵐脚、周断(あまねだち)を放ちます。

そのらんきゃくの威力は、司法の塔を切り裂き、上層がずれるほどの破壊力でした。

ここまでが、第286話 悪魔の実の力!カクとジャブラ大変身のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第287話 死んでも蹴らん!サンジ男の騎士道! 

死んでも蹴らん!サンジ男の騎士道!は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第287話です。
アニメ第287話 死んでも蹴らん!サンジ男の騎士道!のストーリーのあらすじは、
圧倒的な破壊力のカクの嵐脚周断(らんきゃく あまねだち)からウソップをかばうため、
ウソップに飛び掛ってふせさせたゾロでしたが、そのために、ゾロとウソップが手錠で、
つながってしまいます。これではまともに戦うこともままなりません。

カクとジャブラに追い回されて、必死で逃げ回るだけのゾロとウソップのところに、
チョッパーが現れました。ゾロたちはチョッパーに事情を説明し、2番の鍵を持ってくるように、
チョッパーに頼みます。

サンジ、ナミ、フランキーのいずれかが、CP9を倒して鍵を奪っていたら、
その鍵が2番ならば、ゾロたちのところへ持って行くことになったチョッパーですが、
このメンバー3人を考えたとき、CP9を倒している確率が一番高いのはサンジだと
予測するチョッパーでしたが、その頃、サンジはまだ、カリファとティータイムを楽しんでいた。

やっと本来の目的を思い出したサンジでしたが、相手は女性のカリファです。
実際の戦闘力では、サンジのほうが上であることは、戦闘を開始してすぐにわかるのですが、
女性であるカリファに対して、サンジは一撃も攻撃を入れることが出来ません。

その頃、ルフィは、やっと正義の門が見える司法の塔の外まで辿り着いたのですが、
司法の塔への本当の行き方を知らないルフィは、カナヅチであるにもかかわらず、
渦潮で荒れ狂う海を正義の門に向かって小船で漕ぎ出します。

フランキーは、フクロウと戦闘中で、善戦していました。

ナミは、相手がクマドリですから、クマドリに対してまったく歯がたたず、手も足も出ません。
クマドリの髪は、悪魔の実の能力なのか、タコの足のように自由に動き、ナミを捕らえます。
そして、ナミは捕らえられ、トドメを刺されるところを、サンジを探しているはずの、
チョッパーがその場に駆けつけ、クマドリに強烈な一撃を食らわせ、ナミを救います。

ナミは、クマドリにまったく勝つことは出来ませんでしたが、
クマドリから鍵だけは、盗み取っていたのでした。
そこで、ナミと一緒にその場を逃げ出したチョッパーですが、ナミとチョッパーの頭上から、
人形のようになった、不思議な形のサンジが落下してきます。

サンジは重傷を負い、しかも全身が変形していて妙な格好です。
そして、鍵を奪えなかったこと、負けてしまったことをナミとチョッパーに詫びますが、
それを見下ろしているカリファをナミが発見し、本当に勝てなかったのかとサンジに問います。

サンジは、たとえ死んでも女は蹴ってはいけないものだと叩き込まれて育ってきたと言う。
それがサンジの騎士道なのです。
サンジが戦うことの出来なかったカリファは、ナミが相手をすることにします。
ナミは、サンジをチョッパーに預け、カリファのもとへと向かいます。

ここまでが、アニメ第287話、死んでも蹴らん!サンジ男の騎士道!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第288話 フクロウの誤算!俺のコーラは命の水 

フクロウの誤算!俺のコーラは命の水は、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第288話です。
アニメワンピース第288話 フクロウの誤算!俺のコーラは命の水のストーリーのあらすじは、
カリファのところへ向かおうとするナミのところへ、クマドリが追いかけてきましたが、
クマドリはチョッパーが相手をすることとなり、ナミはカリファに戦いを挑みます。
しかし、カリファの部屋に行ってみると、カリファはこれから風呂へ入るところです。
相手がナミだと思ってなめているのか?

一方、小船で正義の門へと向かったルフィは、当然のようにすぐに難破し、溺れていました。
そこを救ったのが、チムニーでした。
チムニーは、溺れているルフィを救い、正義の門への地下通路へとルフィを案内しました。
しかし、途中は、分厚い鋼鉄の扉で閉ざされています。
スパンダムは鍵を持っていたため、それを開けられたのですが、もちろん今は鍵がありません。

チムニーとゴンベに、下がってるように言ったルフィは、ギア3(ギアサード)を発動させます。
ブルーノに対して使おうとしていたあのさらに強い攻撃のようです。
すると何が起こったのか、分厚い鋼鉄の扉が破壊され、地下通路への道が開きました。
しかし、何故かルフィは、チムニーよりも小さくなっています。身体が縮んだようです。
ギア3とは、いったいどんな技なのか?それはわからないままルフィはロビンを追います。

一方、フクロウと戦っていたフランキーは、善戦しているものの、コーラが切れそうです。
フクロウともみ合っているとき、運良く給仕室へと入り、大型冷蔵庫も発見しました。
そこへ、クマドリから逃れてきたチョッパーが現れたのです。

チョッパーは、クマドリをその冷蔵庫に閉じ込め、鍵をかけてしまいました。

それではコーラが補給できませんから、チョッパーにコーラを3本取るように頼むフランキー。
最初はウソップのことでフランキーに対して恨みを持っているチョッパーは嫌がりましたが、
ロビンを助けるため、今はフランキーも味方だと、フランキーの言うことを聞くことにします。

その間も、フクロウは、激しくフランキーを攻めますが、フランキーは完全に燃料切れで、
まともに戦えません。
ついに、チョッパーがコーラをフランキーに渡すことに成功し、フランキーが復活しました。

コーラを補給したからと言って強くなるはずもないため、フランキーをバカにしていたフクロウは、
フランキーの打撃を鉄塊(てっかい)で、よけることなくまともに受けます。
しかし、コーラを補給したフランキーのパンチは、さっきまでとは打って変わって、
圧倒的なパワーアップをしていたのでした。

ここまでが、アニメ第288話 フクロウの誤算!俺のコーラは命の水のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。