04« 2017 / 03 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第384話 ブルック大奮闘 真の仲間への道険し? 

ブルック大奮闘 真の仲間への道険し?は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第384話です。
今回も、テレビアニメオリジナルストーリーですが、
ブルックの話ですからシャボンディ諸島編に入れておきました。

テレビアニメ第384話 ブルック大奮闘 真の仲間への道険し?のストーリーのあらすじは、
スリラーバークから魚人島へと向かうルフィたちでしたが、ブルックが船番をしたときに、
ルフィたちの航海日誌を読んでしまいます。

そこには、アラバスタの反乱を止めたことや、伝説と言われた空島への冒険、そして、
ウォーターセブンやエニエス・ロビーで世界政府を相手に大暴れしたことなど、
スリラーバークの一件が色あせるほど凄まじい冒険の数々が記されていた。

それを知ったブルックは、自分もルフィたちの仲間としてふさわしい人間になれるように、
努力をしようとするのですが、皿洗いをしてサンジに迷惑をかけ、ナミにお茶を届けては、
ナミに迷惑をかけ、ゾロの修行につきあっては、ゾロに迷惑をかけてと、裏目裏目にばかりで、
どんどんと仲間から離れていくようで焦るブルックでした。

しかし、ロビンに声をかけたとき、ロビンがブルックに「何をそんなに怖がっているの?」
と訊ねます。実は、ロビンも形は違えど、ブルックと同じ不安をずっと抱えていたのです。
だからこそ、ウォーターセブンでは自分が犠牲になることを選んだのですね。
せっかく仲間ができたのに、また一人になってしまうことが怖いという意味では、
ロビンもブルックと同じだったわけです。

そんな話をロビンから聞き、ルフィにも、おれ(ルフィ)が決めたんだから仲間だと言われ、
一安心するブルックでした。そして、甲板で昼寝をしながら、仲間ができたこと、
そして、孤独に耐えて生きていたことに喜ぶブルックでした。

ブルックの本当のルフィたちとの冒険はまだまだこれからですが、これからも大丈夫そうです。

ここまでが、第384話 ブルック大奮闘 真の仲間への道険し?のストーリーのあらすじです。
スポンサーサイト

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第385話 偉大なる航路半周 到達!赤い土の大陸 

偉大なる航路半周 到達!赤い土の大陸は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第385話です。
今回から、本格的にシャボンディ諸島編へと突入です。

テレビアニメ第385話 偉大なる航路半周 到達!赤い土の大陸の読み方は、
グランドライン半周、到達!レッドラインです。そのストーリーのあらすじは、
ログポースの指針に従って航海をしていたルフィたちですが、突然の異変にナミが気づきます。

ですが、回避する間もないまま、遊蛇海流(ゆうだかいりゅう)の中へと入ってしまいます。
遊蛇海流とは、その名の通り、蛇が遊ぶかのように生きているように立ち昇る海流でした。
空島へ行ったときのノックアップストリームの小型版がいたるところに発生するような感じです。

サニー号を襲ういくつもの海流をゾロやブルックが斬ったり、フランキーが砲撃したり、
ルフィが撃ち返したりとしますが、出口が見えないほどの規模で起こっています。
クードバーストを使ったとしても、出口まで辿り着けそうもなく、必死に海流と戦うルフィたち。
そしてやがて、やっと前方に光が見えてきます。そして、その先にあるのは、レッドライン
(赤い土の大陸)です。グランドライン(偉大なる航路)に入るときに見たものと同じ。

巨大なレッドライン(赤い土の大陸)がルフィたちの行く手に見えてきたのです。
とうとうグランドラインを半周したわけです。半月かかりました。
ブルックに至っては、50年かかったわけです。感慨ひとしおの仲間たちでした。

しかし、レッドラインを目前にして、困ったことが起こりました。
空島のときの再来です。進むべき方向はわかるのですが、その手段がわからない。

シャークサブマージ3号で、限界の5000メートルまで潜水してもまだ底につかない。
これ以上深いところに魚人島があっては、行き着く前に水圧で死んでしまいます。

シャークサブマージ3号も、海面へと上がってきて、乗っていたルフィ、ロビン、ブルックが、
サニー号へと戻ろうとしたとき、海中から追ってきた海獣(かいじゅう)が襲いかかります。

しかし、海の上ならばルフィたちの敵ではありません。
海獣の腹にルフィが一撃パンチをくらわせました。すると、腹を殴られた海獣が何かを吐き出した。

海獣の口から吐き出されたものは、サニー号の甲板へと落ちてきたのですが、
それは何と、若い女性の人魚とヒトデのようなしゃべる不思議な生き物だったのです。

ここまでが、第385話 偉大なる航路半周 到達!赤い土の大陸のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第386話 麦わら一味憎し 鉄仮面のデュバル登場 

麦わら一味憎し 鉄仮面のデュバル登場は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第386話です。
テレビアニメ第386話 麦わら一味憎し 鉄仮面のデュバル登場のストーリーのあらすじは、
ルフィが海獣(かいじゅう)を殴ったとき、口から吐き出したのは、人魚のケイミーと、
ヒトデのパッパグだった。

ケイミーは、ぼんやりしたところがあるようで、今までに20回も海獣に食われているという。
そして、ヒトデのパッパグは、ケイミーのペットで師匠でもあるという不思議な関係だ。
ケイミーの話では、クリミナルというブランドが魚人島で流行っており、そのデザイナーが、
ヒトデのパッパグだということです。

何故ヒトデが人の言葉を話せるのかということについては、パッパグは生まれたときは、
自分は人だと思っていて、ヒトデだと気づいたときには人の言葉をしゃべっていたそうだ。

ケイミーは救ってくれたお礼に「たこ焼き」をルフィたちに食べさせたいと言って、
ハッチンという人物に電伝虫で連絡を取ろうとするのですが、マクロ一味と名乗る者が出ます。
マクロ一味とは、ひとさらいを生業にしている魚人たちで、いつもはハッチンにやられるらしいが、
今回はトビウオ・ライダーズと手を組んでいたため、ハッチンが捕らえられてしまったようだ。

そこで、ナミは、その捕らえられたハッチンを救ってあげる代わりに、魚人島へのいき方を
ケイミーに教えてもらうことにしました。

トビウオ・ライダーズのアジトへと向かうルフィたちに、早速トビウオ・ライダーズが、
攻撃をしかけてきました。
大きなトビウオに人が乗り、そのトビウオは、1度海から出ると5分は飛行できるという。

トビウオ・ライダーズは、最近このあたりで幅をきかせはじめたひとさらいチームで、
1度狙われたら決して逃げられないと怖れられているそうだ。
そして、そのリーダーは鉄仮面をしたデュバルという男で、その素顔は誰も知らず、
誰か人探しをしているらしく、このあたりを通る船をすべてチェックしているらしい。

早速、トビウオ・ライダーズのメンバーが、デュバルに麦わらの一味だということを連絡すると、
麦わらの一味こそ、デュバルが探していた相手らしい。
どういういきさつか、そして誰なのかは不明なのですが、デュバルの人生を狂わせた男が、
麦わらの一味にいるらしく、その男を非常に憎んでいるようです。

ここまでが、第386話 麦わら一味憎し 鉄仮面のデュバル登場のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第387話 因縁の再会!囚われの魚人を救い出せ 

因縁の再会!囚われの魚人を救い出せは、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第387話です。
テレビアニメ第387話 因縁の再会!囚われの魚人を救い出せのストーリーのあらすじは、
助けた人魚のケイミーの知り合いハッチンは、今トビウオ・ライダーズに囚われており、
トビウオ・ライダーズのヘッドはデュバルという名の鉄仮面をかぶった大男です。
誰なのか、何故なのかわかりませんが、ルフィたちの誰かを殺したいほど恨んでいます。
デュバルの人生を狂わせた男だとか。

マクロ一味のマクロ、タンスイ、ギャロの三人は、人魚を売りさばく目的でケイミーを狙うため、
トビウオ・ライダーズと手を組んだようですが、相手が麦わらの一味と知って、
トビウオ・ライダーズの標的は、ルフィたちの誰かに変わってしまいます。

そして、人魚のケイミーの知り合いで、タコの魚人、たこ焼き屋店主のハッチンとは、
あのアーロン一味の幹部だったタコのはっちゃんのことだったのです。

ルフィたちがアジトに到着するのを察して、はっちゃんは自分を口から出す墨で黒くして、
ルフィたちに正体がばれないようにした上で、サニー号がアジトに入るやいなやケイミーたちに
引き返すように言います。これは罠だと。

しかし、身体を黒くしていても、タコの魚人で、あの珍しいシルエットですから、
すぐにわかってしまいます。サンジがカマかけてみると、あっさりと、アーロン一味のはちと
バレてしまいます。これでは助けるわけにもいきません。

ところが、そんな事情を知らないケイミーとパッパグは、はちを助けるため、
海へと飛び込み、あっさりとマクロ一味に捕らえられてしまいます。
そんな様子を見ていてナミが決断します。ケイミーたちを助けて、はちも解放して良いと。
はちは、実は無害な奴だったようですが、あのアーロンのトラウマを乗り越えての決断です。

そのナミの決断に、ルフィは早速ケイミーとパッパグを助け、
いよいよトビウオ・ライダーズとの戦闘開始です。

ここまでが、第387話 因縁の再会!囚われの魚人を救い出せのストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第388話 悲劇!仮面に隠されたデュバルの真実 

悲劇!仮面に隠されたデュバルの真実は、ONEPIECEアニメの第388話です。
テレビアニメ第388話 悲劇!仮面に隠されたデュバルの真実のストーリーのあらすじは、
いよいよ本格的にトビウオ・ライダーズとの戦闘となったルフィたちですが、
ルフィは戦うことよりもトビウオに乗りたくて仕方がありません。

一番活きの良さそうなトビウオを見つけて飛び乗るルフィでしたが、すぐに海に潜ってしまい、
ルフィは溺れてしまいます。それを、能力者のブルックとチョッパーが助けに行くから、
よけいに始末が悪い。結局フランキーとナミで、3人のカナヅチを救出です。

そんなことをしている間に、ケイミーとパッパグはマクロ一味に狙われてしまいますが、
ゾロがはちの檻と縛っている縄を斬ったため、はちが自由になり、マクロ一味は倒しました。

トビウオ・ライダーズのほうは、数も多いですし、海上での戦闘ですから、
トビウオに有利で、激しい攻撃をしてきます。
1度溺れておいてまだ懲りていないルフィは、またトビウオに飛び移るのですが、
そのライダーは既に、ブルックの眠り唄によって眠らされており、トビウオまでも寝ていたため、
ルフィは建物の中へと突っ込んでいってしまいます。
その建物とは、ヘッドのデュバルの部屋でした。そこでルフィはデュバルの素顔を見て驚きます。

トビウオ・ライダーズの激しい攻撃に、麦わらの一味が応戦していると、
ルフィを追って、デュバルがモトバロという牛に乗って追いかけてきます。
ルフィが顔を知っているのならば、恨まれているのはルフィかと思いきや、
現れたデュバルはサニー号のほうへ向かって怒っています。

殺したいほど恨んでいるのは、サンジだったのです。
しかし、サンジには心当たりがない。しかも、最近のことだとデュバルが言うためますます不明。
ところが、ゾロも知った顔だとルフィが言って、デュバルの仮面を蹴り飛ばしてその素顔を見せる。

仮面を取られたデュバルは、その素顔を皆に見せることになるのですが、
その素顔は、何と麦わらの一味全員が知っている顔だったのです。

デュバルは、あのサンジの落書きのような手配書の落書きそのものの顔をしていたのでした。

ここまでが、第388話 悲劇!仮面に隠されたデュバルの真実のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。