07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第418話 仲間達の行方 天候の科学とからくり島 

仲間達の行方 天候の科学とからくり島は、ワンピース(ONEPIECE)アニメの第418話です。
テレビアニメ第418話 仲間達の行方 天候の科学とからくり島のストーリーは、
ハンコックとともに軍艦に密航して大監獄を目指すこととなったルフィですが、
軍艦の中で仲間たちの夢を見ます。仲間達を心配するルフィ。

しかし、時を少しさかのぼり仲間達の行方はと言えば、やはりルフィと同じように、
王下七武海のバーソロミュー・くまによって空を飛び、ナミもとある島へと到着していた。

ナミが気づくとベッドの中で眠っていた。そしておじいさんがひとりナミに声をかけてきた。
事情や状況がつかめず、慌て混乱するナミは、老人にあたり荒れています。
そして、自分がいなければ、航海できないため、すぐにでも仲間たちのもとへと帰ろうとする。

しかし、少し時間が経つ間に、次第に落ち着きを取り戻したナミに、老人は食事を出してくれた。
食事だけではなく、風の結び目というロープを使った芸(?)まで見せてくれたのだが、
最後の結び目をとくと突風がナミを襲ったため、またナミを怒らせてしまう。

とにかく仲間達のもとへ帰ろうと外に出るナミでしたが、外はあいにくの雨と風の天候でした。
それだけではなく、低気圧が近づいており、かなりの嵐がやってきそうです。

老人にそれを知らせるため老人の家に戻ったナミですが、老人は慌てるようでもなく、
ナミにシャワーを勧めます。そのシャワーも雲が発生して雲からお湯が降る不思議なもの。
いろいろと不思議なものがある島のようです。

そしてナミがシャワーからあがると、とんでもない強風の中、老人は、シャボンのようなものに
身をつつみ、ナミが前に進むことができないような強風のなかをなんなく進み、
どこかへと行ってしまいます。
このままでは、嵐が来て大変なことになると思ったナミは、先ほど老人が見せてくれた
風の結び目のロープを使い、クリマタクトの機能とともに、サイクロンを雲へと放ち、
嵐を飛ばすことに成功しました。

晴れ渡る空のもと、先ほどの老人が戻ってきたため、ナミも仲間たちのところへ帰ろうとするが、
周りは見渡す限りの空です。ここがどこなのか老人に尋ねてみると、
ここは小さな空島、天候を科学する国ウェザリアだという。空島へ来てしまったのでした。


一方、フランキーもまた、飛ばされた先の島に到着していた。
フランキーが到着したのは、グランドライン(偉大なる航路)にある冬島でした。
山中に落ちたフランキーでしたが、偶然山の中を歩いていた老人と子供キットン、そして、
犬のタロイモによって発見されます。

タロイモという犬は口からミサイルを発射する不思議な犬で、フランキーを獲物と間違えて
撃ってしまいますが、相手がフランキーだったため、大丈夫でした。
それよりも、海パン一枚のフランキーには寒さがこたえるようです。

キットンや老人も巻き込んでの変態踊りをするフランキーでしたが寒さには勝てず、
凍り付いてしまい、病院へと運ばれることになりました。
老人の話では、ここはからくり島、未来国バルジモア。天才の生まれた国だとか。

確かに犬も機械仕掛けですし、町や病院もやたらと機械仕掛けで先進的な国のようです。
フランキーがサイボーグであることや、コーラを燃料にしていることなども、
医師(技師?)たちはすぐにわかるのですが、あいにくコーラを切らしており、
コーラの代わりにフランキーにダージリンの紅茶を入れたため、フランキーは英国紳士のような
紳士になってしまった。紳士になった変態フランキーは元に戻れるのか?
また、この島のとある建物には「ベガパンク」という文字がある。
天才が生まれた国ということでしたが、ここは政府の天才科学者ドクター・ベガパンクが
生まれた国なのでしょうか?

ここまでが、第418話 仲間達の行方 天候の科学とからくり島のストーリーのあらすじです。
スポンサーサイト

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第419話 仲間達の行方 巨鳥の島と桃色の楽園! 

仲間達の行方 巨鳥の島と桃色の楽園!は、アニメワンピース(ONEPIECE)の第419話です。
テレビアニメ第419話 仲間達の行方 巨鳥(きょちょう)の島と桃色の楽園!のストーリーは、
大監獄へと向かう軍艦で、ハンコックはルフィのために大量の食事を海兵たちに要求していた。
気高き女帝ハンコックが、ルフィのために、自分の食事は1膳100キロだと。
それ以下では腹の足しにならんとまで言い、覗き見しようとした海兵は石に変えて、
ルフィの身を守り、そして、ルフィとともに過せるときを楽しんでいた。
しかし、初恋のハンコックには、思い通りルフィと接することは出来ず恥らうばかりだった。

時は少しさかのぼり、チョッパーは、サウスブルーのとある島へと到着していました。
ですが、到着した場所は高い木の上で、しかも巨大な鳥、巨鳥(きょちょう)の巣の中でした。

チョッパーは、ランブルボールを3つ服用してモンスター化して暴走していたため、
状況はまるでわかりません。ただでさえ不安なところへ、巨鳥たちにおもちゃのように
もてあそばれて、ついには巣から落下してしまいます。

他の仲間がいないため、不安で泣いてばかりのチョッパーでしたが、ビブルカードを頼りに、
何とか仲間たちのもとへ帰ろうと、森の中で食べられるものを食べ、生き延びようとしていたが、
そこへその島の住人と思われる人が背後から現れ、殴り倒され気絶してしまいます。

チョッパーが気がつくと、チョッパーは大きな鍋の上に吊るされていました。
これからタヌキ鍋にして食べると人々は大喜びです。チョッパーがタヌキじゃなくてトナカイだと
言うと、それならトナカイ鍋だとこれまた大喜び。
ところが、そこへ鳥たちが襲ってきたと知らせが入ります。
この島では、人々よりも巨大な鳥たちのほうが強そうです。

ここは、鳥が人を支配する島、一説によると宝島という噂もあるトリノ王国という島でした。


一方、グランドラインの夢の島、桃色アイランドの浜辺へと到着したサンジは、
ひとりの女性と思える人に助けられ、ベンチで膝枕で介抱されていた。
薄れている意識の中で、女大好きサンジは、美女の膝枕と思い、手を握ろうとしたとき、
その人はその場を立ち去ってしましますが、先ほどまでサンジの汚れを拭いてくれていた
ハンカチが忘れられており、そのハンカチにはエリザベスと名前が書かれていた。

仲間たちのもとへすぐに帰らねばと思うサンジでしたが、スケベ心丸出しのサンジは、
まずはエリザベスにお礼を言おうとエリザベスを探します。
すると、ハンカチの刺繍と同じ形をした家を発見し、先ほどの非礼を詫び、お礼を言うサンジ。

家の中へと通され、期待に胸をふくらませるサンジでしたが、エリザベスとは、
なんと女性ではなくオカマだったのです。

驚いて家を飛び出すと外にも女性の服に身を包んだオカマたちが多数います。
ここは、第2の女ヶ島とも言われる桃色アイランド、島中がピンク一色の国で、
ここに集まった者たちは、人間も動物も乙女の心を持つというカマバッカ王国だったのです。

オカマたちに追われ海岸を逃げ惑うサンジですが、これからどうなるのか?

ここまでが、第419話 仲間達の行方 巨鳥の島と桃色の楽園!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第420話 仲間達の行方 島をつなぐ橋と食人植物 

仲間達の行方 島をつなぐ橋と食人植物は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第420話です。
テレビアニメ第420話 仲間達の行方 島をつなぐ橋と食人植物のストーリーは、
いまだ大監獄に到着しないルフィたち、そしてルフィの仲間のことを聞くハンコックでしたが、
ルフィの仲間にロビンとナミという女性がいることを知り、嫉妬するハンコックでした。

その女性のひとりロビンは、雪の積もる中で倒れていました。
ここは、イーストブルーのテキーラウルフという国だそうです。ロビンを助けた少女、
ソランがそう教えてくれましたが、国というよりも、監獄のような国です。

人々は何か強制的に労働をさせられ、常に世界政府のマークのある服を着る役人に監視されている。

ロビンは、ソランの部屋、屋根裏部屋へと案内され、そこで休むこととなるのですが、
夜中だというのに、ソランは労働の時間だということで働きに行ってしまいます。

戻ってきたソランは、自分の描いた絵をロビンに見せて外の世界の話を聞きたがります。
ソランは生まれてからずっとここから出たことがないそうです。常に監視されての労働の日々。
だから、ソランの描いた絵はすべてソランが想像した空想上の島々なのですが、
その中に空島の絵があったのです。
空島の話をしてあげるロビンに、ソランは大喜びで、そこに大人たちも話を聞こうと加わります。

ところが、その屋根裏部屋に役人たちがロビンを探して押し入ってきました。
大人の一人が、この国から解放してくれるという役人のウソに騙されロビンのことを
通報したのでした。

ロビンは、外へと逃れ、役人たちにも見つかりませんが、役人たちの隊長は、ソランの絵を、
1枚ずつ割りながら、ロビンの行方を聞き出そうとします。
しかし、ソランは絵を割られていっても、涙をこらえて必死にロビンを守るため口を閉ざす。

その様子がわかるロビンは、外で騒ぎを起こし、わざと捕まることでソランたちを救った。
そして連行されていったところでロビンが聞いたのは、ここは700年前からずっと橋を作る
労働を続ける国だということでした。そしてその橋はいつ完成するかもわからない。
そしてロビンがそれを知る必要もないのだという。

ここへ送られてきた者たちは各国の犯罪者や世界政府への加盟を拒否した国の人々だという。
ここは労働の国、そして国民は奴隷と同じような扱いを受けていた。
つまり、海軍元帥センゴクが言っていた「労働へ回す」というのはこの国テキーラウルフの
ことだったようです。


一方、グランドラインに浮かぶ一輪の花のような島、ボーイン列島という島です。
ここに飛ばされてきたのはウソップです。戦闘であまりダメージを受けていないウソップは、
ひとり元気にジャングルの中を冒険しはじめますが、たった一人で寂しくなり、
無人島なのかと心配になり人を呼び続けると、そこに現れたのは巨大なクワガタ虫でした。

巨大なクワガタムシに襲われるウソップを助けてくれたのは、ヘラクレスンという人物でした。
ヘラクレスンによって、助けられたウソップは、ヘラクレスンから食べられる木の実をもらい、
食べようとしていると、植物に襲われます。それは食人植物。このあたりは食人植物がいっぱい。
おいはぎの森グリンストンというところのようです。そんな危険なところでウソップは大丈夫か?

ここまでが、第420話 仲間達の行方 島をつなぐ橋と食人植物のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第421話 仲間達の行方 ネガティブ王女と悪魔王 

仲間達の行方 ネガティブ王女と悪魔王は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第421話です。
テレビアニメ第421話 仲間達の行方 ネガティブ王女(プリンセス)と悪魔王のストーリーは、
グランドライン(偉大なる航路)のクライガナ島、シッケアール王国跡地では、
スリラーバークにいたゴーストプリンセス、ネガティブ王女(プリンセス)のペローナがいた。

ペローナも麦わらの一味のように王下七武海のバーソロミュー・くまによって飛ばされたひとり。
そして、彼女の希望通り、ここは湿気のある怨念うずまく古城のある国だったのだが、
ひとりぼっちで寂しい思いをしていたのです。

ところが、遠くで地響きが聴こえてきました。また誰か飛ばされて来たようです。
早速ペローナが幽体離脱してその場へといってみると、そこに飛ばされてきたのはゾロでした。

ガッカリするペローナは、傷だらけで瀕死の重傷を負うゾロを見て、いい気味だと笑うのですが、
元々そんなに悪い奴でもないようで、ゾロを城へと運び、連日付きっ切りで看病するのでした。

ペローナの看病の甲斐あって、ゾロも意識を取り戻しますが、そこにペローナがいるのを見て、
スリラーバークでまるで歯が立たなかったことを思い出し、怒り出すのでした。
ところが、ただでさえ重傷のゾロがペローナに敵うわけもなく、またしてもペローナの
ネガティブホロウによってネガティブにさせられてしまうのでした。

そして気づくと今度はゾロが身動きできなほと包帯に巻かれており、ペローナが満足そうに、
ゾロに抱きついています。
ゾロはあのぬいぐるみクマシーのような格好にさせられ、クマシーの代わりにされていたのです。
怒るゾロにネガティブゴーストを連発するペローナ。

それでも仲間たちのもとへ戻ろうとするゾロを何故か止めようとするペローナです。
どうやら、ひとりぼっちで寂しいようですね。


所変わって、ここはグランドラインのナマクラ島、貧困の国ハラヘッターニャでは、
国民が黒魔術によって悪魔を召喚しようとしていました。

テナガ族という人たちに復讐をしたいようなのですが、黒魔術の儀式を行うその場所に、
落ちてきたのはブルックだったのです。ブルックの異形の姿を見て、人々は悪魔王サタンの
召喚に成功したと思い込みます。

ですが、ブルックもまた仲間のもとへと戻ろうとします。
なんとかして悪魔王サタン(ブルック)が戻ってしまわないようにと焦る人々でしたが、
ブルックはその場で若い女性を発見し、またいつものとおり、パンツを見せろと言い出した。

何をしているのか、サタンに間違われたブルックは、こうして国の「男たちの」パンツを見る
ことになってしまったのでした。

ここまでが、第421話 仲間達の行方 ネガティブ王女と悪魔王のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。