05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第505話 あいつらに゛会いてェ!ルフィ涙の叫び 

あいつらに゛会いてェ!ルフィ涙の叫びは、アニメONEPIECEの第505話です。
にという文字に濁点がありますが、発音は「あいつらに」です。
テレビアニメ第505話 あいつらに゛会いてェ!ルフィ涙の叫びのストーリーは、
目の前で、自分をかばって死んだ、道しるべとも言うべき兄エースを想い、そして自分の無力さに、
ただただ泣き叫ぶだけのルフィでしたが、その頃、ルフィの故郷イーストブルーのフーシャ村では、
ルフィの祖父ガープが村へ戻ってきていた。白ひげの脅威という抑止力を失った世界の海は、
しばらくの間は不安定になるであろうと思われ、フーシャ村も海賊の被害にあってはいけないと、
村に「警備 海軍本部中将ガープ」という立て札を立て、村を守ろうとするガープでしたが、
村では問題が発生していました。

山賊が山から降りて来てマキノの酒場を占拠しているという。山賊ダダンです。
ガープが戻ったことを知ると、ダダンは、ガープの前に飛び出し、いきなりガープを殴りつけた。

今まで、どんな横暴でわがままなガープの要求や命令にも絶対服従で口答えすらできなかった
そのダダンが、ガープに向かって真っ向から殴りかかったのでした。
そして、「その場」にいながら、何故エースとルフィを救わなかったのかと、家族よりも、
任務が大事なのかと、ガープに罵声を浴びせながら、何度もガープを殴るダダンに、
ガープもただ殴られるままだった。

そこにマキノが止めに入る。一番つらいのは、その場にいながら救えなかったガープだと。
しかし、マキノの言葉にダダンは、違うと答える。
一番つらいのはルフィだと。ルフィがどれだけ兄エースを慕っていたかをダダンもマキノも、
そしてガープも知っている。
ダダンの言葉に、マキノも少年時代のエースとルフィを思い出し、泣き崩れるのでした。

あれほど、口ではエースとルフィを厄介者扱いしていたダダンですが、本当は母親のように、
二人を大事に想っていた女性です。遠いイーストブルーの地から、ルフィに声援を送るダダンです。

その頃、グランドライン後半の海、新世界では、とある島で、ポートガス・D・エースと、
白ひげエドワード・ニューゲートの葬儀が白ひげ海賊団と赤髪海賊団の手で執り行われていた。
シャンクスは、エースの最後の行動を聞き、シャンクスの元船長でありエースの父ロジャーを
思い出していた。エースの行動はロジャーそのものだと。
そして、ルフィの胸のうちを想い、それを乗り越えろと心の中でルフィに声援を送ったのでした。

こうしてダダンとシャンクスが声援を送るも、カームベルト(凪の帯)の女ヶ島では、
いまだルフィは、自分の弱さを嘆き、エースの死を悲しみ、泣き叫び、そして自分の体を、
自分で傷つけていた。
もう1度、傷口が開けば命はないというのに、自暴自棄になり恩人ジンベエの言葉さえ届かない。

恩人のジンベエにまで殴りかかるルフィでしたが、ジンベエに、「ないものはない。お前さんに、
残っているものは何だ?」と問われてやっと、仲間の存在を思い出すルフィでした。

ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジ、チョッパー、ロビン、フランキー、そしてブルックの8人。
ルフィには、まだ仲間という存在が残っていた。
仲間のことを思い出し、仲間たちに会いたいと泣き叫ぶルフィでした。

ここまでが、第505話 あいつらに゛会いてェ!ルフィ涙の叫びのストーリーのあらすじです。
スポンサーサイト

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第506話 麦わらの一味激震!もたらされた凶報 

麦わらの一味激震!もたらされた凶報は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第506話です。
テレビアニメ第506話 麦わらの一味激震!もたらされた凶報のストーリーは、
仲間たちに会いたいと、やっと兄エースを失った悲しみから逃れられそうなルフィでしたが、
その頃、仲間たちもまた、ルフィの身の上に起こった悲劇を知ることとなっていた。
仲間全員が、エースの訃報を知ることとなり、ルフィの心情を思いやるのでした。

シッケアール王国跡地では、ゾロが人間のように武器を使うヒヒの大群と出会っていた。
そのヒヒ(猿)たちは、まるで人間のように銃や刀などの武器を扱い、そして強い。
ただでさえスリラーバークの傷が癒えていない上に、シャボンディでのダメージが残るゾロには、
あまりに強すぎる相手に、万事休すの状態のとき、その場に王下七武海の鷹の目ミホークが現れる。
そして、ゾロはミホークからルフィの現状を聞くのでした。

トリノ王国では、再びタヌキに間違われ食われそうになっていたチョッパーですが、
やっとチョッパーが言葉をしゃべることに気づき、巨大な鳥たちと人間の戦いを止めるべく、
鳥たちと交渉をすることとなるが、交渉は決裂しそうになり、人間たちは早まって攻撃してしまう。
しかし、チョッパーが体を張ってその攻撃を自分の体を盾にして鳥たちを守ったとき、
あのチョッパーが助けたヒナ鳥の親がやってきて、その場をおさめてくれる。
やっとまともに話し合いが出来たチョッパーは、鳥たちが人間を嫌う理由を知ることとなる。
以前暮らしていた島で、光るものが好きな鳥達は人間の財宝を集めていたため、人間たちに追われ、
故郷を失った過去があったのだ。それでここトリノ王国でも人間を同じように見ていたのだ。
ここの人間たちは、ただ鳥たちの住む巨大な木に生える薬草が欲しいだけ。
やっと誤解が解け、鳥と人間が仲良く共存できるようになったとき、
ニュースクーによって届けられた新聞でチョッパーもエースの訃報を知る。

ウェザリアでは、お爺ちゃんたちに天候の科学を習っていたナミですが、そこに届いた新聞で、
チョッパーと同様に、ナミもエースの訃報を知ることとなる。

ボーイン列島では、ウソップが相変わらず止まらない食欲に太りまくっていたが、
ボーイン列島にもニュースクーは訪れ、ウソップもエースの訃報を知る。

カマバッカ王国では、すっかりオカマになっていたサンジでしたが、新聞でエースの訃報を知り、
我に返り、元のサンジに戻るのでした。

テキーラウルフでは、革命軍のおかげでロビンは命を救われ、労働者たちも救われたのですが、
革命軍は、ロビンを本部に招きたがっていたのですが、ロビンは仲間との約束があると断ると、
麦わらの一味の情報ならば、革命軍もつかんでいると、マリンフォードの事件を知らされる。

未来国バルジモアでは、ベガパンクの研究室でコーラを補給したフランキーの元に、
ニュースがファクシミリのように送られてきて、エースの訃報を知ることになった。

ナマクラ島ハラヘッターニャでは、必死で楽譜を書いていたブルックでしたが、スランプになり、
ふと目にしたのが新聞だった。その新聞の記事でエースの訃報を知る。

8人の仲間全員にもたらされた凶報、エースの死というニュースは、仲間たちを驚かせた。

ここまでが、第506話 麦わらの一味激震!もたらされた凶報のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第507話 冥王レイリーとの再会 ルフィ決断の時 

冥王レイリーとの再会 ルフィ決断の時は、ONEPIECEアニメ(ワンピース)の第507話です。
テレビアニメ第507話 冥王レイリーとの再会 ルフィ決断の時のストーリーは、
ジンベエの助言のおかげで、闇に飲み込まれる寸前だったルフィは、仲間の存在を思い出し、
生きる希望を見出すことができた。

その頃、女ヶ島の岩場に停泊するトラファルガー・ローたちは、海を泳ぎ女ヶ島に上陸した
冥王レイリーと遭遇する。レイリーは、ルフィを探してここに来たようだ。

ルフィが岩場に戻ると既にローたちは潜水艇で出航した後で、そこにはレイリーがひとりいた。
レイリーとの再会に驚くルフィ。生きた伝説との遭遇に驚くジンベエ。
その三人のところに、食料を届けに、女帝ボア・ハンコックと妹たちサンダーソニアと、
マリーゴールド、そしてニョン婆ことグロリオーサが現れ、何とレイリーと知り合いらしい。

ハンコックたち三人が天竜人のところから逃げ出したとき、ニョン婆だけでなく、
レイリーとシャッキーのおかげでかくまってもらうことが出来たとのこと。
つまり、レイリーは、ハンコックたちにとっても恩人だったのです。

仲間に会うため、シャボンディ諸島へ行きたいというルフィに、レイリーは厳しいことを言う。
シャボンディ諸島で君たち(ルフィたち)の身の上に何が起きた?
今の君たちの力では強大な敵に敵わない。また繰り返すために集まるのか?
と、やっと立ち直りかけたルフィに厳しい問いをするレイリーでしたが、
レイリーから1つ「提案」があると言う。

但し、そのレイリーの提案に乗るかそるかは、ルフィが決断しろとレイリーは言う。

その頃、ボーイン列島では、豊富な食料によって太りまくったウソップが体を震わせながら、
必死で島から出ようとしていた。しかし、何度やっても島から出られない。
ここは、入ってくるものを邪魔はしないが、出ていこうとする者は、外へ行くほど、
強大な敵が待ち構え、決して逃さないということだ。そして、この島を生きて出た者はいないと、
ヘラクレスンはウソップに言いますが、ウソップはそれを聞き入れようとしません。

そうしているうちに、ボーイン列島には海獣(かいじゅう)の海カバが上陸し、島の中へと
食料の匂いに誘われて進んでいきます。また島が動くとウソップに注意をするヘラクレスン。

再び島が食事を始めたのだ。巨大な海カバも島の中央へと落下し、島に食われてしまいます。
ここは通称ボーイン列島、学術名を食肉植物ストマック・バロンという島ではなく植物だった。
何故新聞を見てから急に態度が変わったのかとウソップに問うヘラクレスンに、ウソップは、
ルフィが戦争で兄エースを失ったことを伝える。そしてルフィの胸のうちはどれだけ苦しいかと。
そんなときこそ、一緒にいてやるのが仲間だと涙ながらに訴えるのでした。

ここまでが、第507話 冥王レイリーとの再会 ルフィ決断の時のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第508話 船長のもとへ 空島の脱獄と冬島の事件 

船長のもとへ 空島の脱獄と冬島の事件は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第508話です。
テレビアニメ第508話 船長のもとへ 空島の脱獄と冬島の事件のストーリーは、
ウソップと同様に、他の仲間たちも、ルフィの力になりたい、こんなときこそ近くにいてあげたい、
そう願って、ルフィのもとへ、つまり、シャボンディ諸島へと向かおうとします。

天候を科学する小さな空島、ウェザリアでは、ナミがウェザリアの発明品ウエザー・ボールや、
門外不出のウェザリアの技術を書いた研究資料などを盗み出し、そして、気球を奪って、
シャボンディ諸島を目指して逃げ出そうとしますが、気球は素人には操縦が難しく、
ウェザリアへと戻ってしまい、捕まり、牢獄へと入れられてしまう。

ナミの面倒を最初から見ていた老人ハレダスが、ナミに事情を聞くと、新聞にルフィの記事と、
エースの訃報が載っており、いつも自分たちを支えてくれたルフィをこんなときこそ支えたいと、
涙ながらに訴えるナミに、若い女性を泣かしてしまったとうろたえるウェザリアの老人たち、
慌てて牢獄の鍵をあけると、ナミは盗品はもちろん、今度はハレダスを人質にして
空島ウェザリアから逃亡しようとしたのでした。

一方、冬島バルジモアでも、フランキーがシャボンディ諸島へ帰るべく、船を捜しますが、
ここは周りを厚い氷に囲まれた冬島です。特殊な砕氷船でなければ航海はできない。
定期船も、3週間後しか来ないという。

しかし、天才ベガパンクの研究所に昔作られた砕氷船があるという話を聞き、研究所へと向かう。
キットンたちからは、決して自爆スイッチを押さないようにと念をおされるのですが、
研究所は本来立ち入り禁止の場所。そこにあるものすべてが金に換算できなほどの人類の宝。
海軍が必死に侵入者フランキーを追います。

海軍の海兵たちをなんとかまいたフランキーでしたが、そこで偶然海賊マーク(ドクロマーク)
を発見し、手を触れてしまいます。それこそが自爆スイッチです。
こうして、ベガパンクの研究所は大爆発。これが世に言う「バルジモアの悪夢」という事件です。

ここまでが、第508話 船長のもとへ 空島の脱獄と冬島の事件のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第509話 接触!大剣豪ミホーク ゾロ意地の死闘 

接触!大剣豪ミホーク ゾロ意地の死闘は、ワンピースアニメ(ONEPIECE)の第509話です。
テレビアニメ第509話 接触!大剣豪ミホーク ゾロ意地の死闘のストーリーは、
ミホークからルフィの状況を聞いたゾロは、いてもたってもいられません。
立つことさえやっとの重傷の体で、約束の地、シャボンディ諸島へと向かうこととします。

ゾロの決意に、ミホークも小舟を貸しますが、ペローナは心配でたまりません。
なんだかんだと言いながらも、ゾロのことが心配なペローナは、海岸までゾロを探しに行きますが、
そこにゾロの姿はなく、ゾロを探します。

その頃、ゾロは再びあのヒヒたちと戦っていた。しかも、今度はあのヒヒが、
ゾロの三刀流を真似して、ゾロの使った技まで使いこなすのです。
ミホークからもらった小舟もすぐにボロボロになり、ヒヒとの戦いに苦戦するゾロでしたが、
その場に、またミホークが現れます。ヒヒたちも、ミホークは恐れ戦意がないようです。
ミホークの話では、そのヒヒたちは人間の真似をするヒューマンドリルという名の頭の良いヒヒ。
温厚な人のもとで育てば温厚なヒヒになるらしいのですが、この国は、7年前まで戦場だった。
その戦場での戦士たちの戦いを見て育ったヒヒたちは、戦士たちのごとく武器を使い、
森の戦士と化したのだ。

人間は、武器を使い、知恵があるからこそ強い。しかし、動物が武器を持つとこうも強い。
思い上がった若造(ゾロのこと)には、丁度良い薬だというミホークに、ゾロは意地でも
ヒヒたちを倒して、シャボンディ諸島へと向かおうとするのでした。

また、ブルックは、恩を返すため、1曲の音楽を作曲し、遂に曲が完成しました。
ブルックがその音楽を奏でると、あの戦意がまるでなかった人々がやる気になり、
丁度襲ってきた手長族と戦いを始めるようになったのです。

結局、人々は手長族に勝つことは出来ず、ブルックが手長族を倒したのですが、
これによって、人々に戦う勇気を与えることが出来たと結果に満足するブルックでした。
しかし、人々が手長族を腕の関節が2つある珍しい人間だから見世物にしたら儲かると言い出し、
それをやっては手長族と同じだと、捕らえた手長族を解放するよう勧めます。

それに従って、人々は手長族を解放するのですが、手長族の3人は、ブルックに感謝する
ふりだけして、ブルックを縛り上げ、世にも珍しい動くガイコツとして見世物にして儲けようと、
ブルックを攫って逃げるのでした。

それを見た人々は、悪魔王サタン(ブルック)の危機に、戦うかと思いきや、
サタンを呼べたのだからと再び悪魔召喚をしようとするのでした。
結局人々の他力本願は直っていなかった。

ルフィを心の面から助けようとしたブルックは、逆にルフィに助けを求めながら、
手長族に連れ去られてしまうのでした。

そして、ルフィは、レイリーからの2つの提案を聞いていた。
ルフィの心の傷と体の傷を心配するハンコックとジンベエは、レイリーの提案があまりに
ルフィにとって酷なものだとレイリーを非難するのですが、ルフィはその提案を飲むことにした。

もう誰も失いたくない。すべてを守れるようになりたいと、レイリーの1つ目の提案を受けるため、
2つ目の提案も受けることにしたのです。

そして、ルフィは再び、あの最悪の思い出の地、マリンフォードへと向かうことになるのでした。

ここまでが、第509話 接触!大剣豪ミホーク ゾロ意地の死闘のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。