04« 2017 / 03 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

テレビアニメスペシャルオリジナルストーリー 

テレビアニメワンピース(Onepiece)では、
原作にはないオリジナルストーリーがたくさんありますが、その中でも、
1時間スペシャルなどで放映されたテレビアニメスペシャルや、
どこのカテゴリにも入れられないようなスペシャルストーリーをここで紹介します。

アニメスペシャルは、第1回~第4回まで単体でありますが、
その後は通常のストーリーの中で、大きな区切りの間で何話にもわたって放映されたり、
1つの大きなストーリーの中にテレビアニメだけのオリジナルストーリーがあったりしますが、
それはそれぞれのカテゴリに入れています。

ですが、その中でも、カテゴリに入れにくいものは、ここで紹介します。

ジャンプ40周年記念で全国各地で放映されたロマンスドーンやトリコとのコラボなども、
このカテゴリでアニメOnepieceオリジナルストーリーのあらすじを紹介します。
スポンサーサイト

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

ルフィ落下!秘境・海のヘソの大冒険 

テレビアニメワンピース(Onepiece)の1時間スペシャルでオリジナルストーリーの第1弾
ルフィ落下!秘境・海のヘソの大冒険のストーリーのあらすじです。
これは2000年12月20日に年末拡大スペシャルとして放映されました。

たわしを餌にして釣りをするルフィが、何故かたわしで何か釣れそうです。
いったい何が釣れたのか、ロープを手繰り寄せるルフィでしたが、そのまま岩場に激突し、
そこには1つの宝箱がありました。

宝箱の中身は頭蓋骨が1つだけ入っているだけでしたが、その頭蓋骨の後頭部には、
「海のヘソに飛び込むべし。そこには夢叶う秘宝あり」と、
キャプテン・ジョークと名乗る者からのメッセージが刻まれていました。

そうして前方には、海のヘソと思われる大きな穴が海の真ん中に開いており、
まるで滝のように海の水が海のヘソ(海の大穴)に向かって流れ込んでいます。

早速、樽を改良した潜水艇でナミ、ウソップ、サンジの三人が海のヘソへと潜入します。

潜水艇を海底へと送り込むルフィのところへ大量の瓶(ビン)がパラシュートで飛んできます。
海のヘソの中からですが、その1つをルフィが手にします。
ビンの中には手紙が入っていました。

海のヘソの内部に到達したナミたちは、船の残骸を目にするとともに、
「ここは海賊の墓場」と、しゃべるコウモリに出会います。

コウモリは、自分を海のヘソのお宝案内コウモリと名乗りますが、
その場に、巨大なタコのような怪物が現れます。

巨大なタコのような怪物は、サンジの蹴りも通じません。
船に残るルフィとゾロも、ロープでつながった潜水艇を怪物に引かれて、
船とともに海のヘソへと落下していきます。

サンジは怪物につかまり、万事休すだったのですが、落ちてきたゴーイングメリー号で、
タコのような怪物は倒されて、その場はしのげます。

海のヘソの中には町があり、そこの少年ハムーが外の世界に助けを求めるために
飛ばしていたのですが、「あいつら」に見つかったらどうすると、メロイという女性に
たしなめられます。

そこに現れたのが気を失ったルフィとルフィを抱えたゾロでした。
ハムーたちをエビのようなムカデのようなバケモノが襲いますが、ゾロがそれを倒す。

この町は10年前に海賊キャプテン・ジョークによって襲われて、
そのときに、神の山にねむると言われる秘宝を手に入れるために、
神の使いの魔物たちを呼び起こしてしまいました。

その魔物がタコのような怪物やエビのような怪物でした。
その魔物たちによって、町の人たちはひっそりと隠れて暮らすことになりました。

3匹の怪物(魔物)たちを倒さねば秘宝は手にすることが出来ません。

タコのような怪物は、メリー号で倒せましたが、エビのような怪物はまだ生きていました。
その怪物はゾロが倒すことになり、ルフィはハムーと山に向かいます。

先に山に来ていたナミとウソップとともに、最後の怪物と戦うことになります。
最後の怪物はウニのように全身トゲだらけの魔物でした。

3匹の魔物を倒すことで、ルフィたちは秘宝のありかまで辿り着けたのですが、
コウモリは実はキャプテン・ジョークの化身で、魔物をすべて倒すことで、
キャプテン・ジョークを復活させてしまいました。

しかし、勇気を出して町を守るために戦うハムーと、
ハムーを仲間と認めて一緒に戦ったルフィたちのおかげでジョークを倒すことができた。

ところが、キャプテン・ジョークを倒した後、つい先ほどまで輝いていた秘宝は、
不思議なことに消えてなくなっていました。

海のヘソの秘宝は何だったのか?
とにかく、ハムーとルフィたちの活躍で、町は救われました。

これが、テレビアニメワンピース(Onepiece)の1時間スペシャルで
オリジナルストーリーの第1弾ルフィ落下!秘境・海のヘソの大冒険のストーリーです。

テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

大海原にひらけ! でっかいでっカイ父の夢 

大海原にひらけ! でっかいでっカイ父の夢は、テレビアニメワンピーススペシャルの、
第2弾のタイトルで、アニメオリジナルストーリーです。

2003年4月6日に放映されたこのアニメのあらすじは、宝のありかを知る子供、
アマンダとその妹ミリア、弟のホーリーを、バイヤン海賊団のザップが捕らえましたが、
アマンダは、ザップの下働きをしていたマッカスとボニーの二人組みに、
一緒に逃げないかと取引をもちかけます。

一緒に逃げてくれれば、宝の分け前を渡すとアマンダは約束して、
宝の隠してある島に、マッカス、ボニーとともに逃げて宝探しをしていました。
宝というのは、アマンダたちの父親が冒険の末に見つけたものなのです。

その島に丁度到着したのがルフィたちでしたが、ルフィたちが海賊だったため、
アマンダの提案で、5人は親子ということにして、島にはキャンプで来ていると言います。

ところが、ザップの追っ手に見つかり、アマンダはさらわれてしまいます。

マッカスとボニーは、ことの真相をナミに話をするとともに、
ザップや船長のバイヤンに逆らってでも、命をかけてアマンダの救出を決意します。

バイヤンは、指揮者で、クルーの歌で人を操ることが出来る海賊です。
バイヤン海賊団の歌で操られたルフィは、仲間に攻撃をさせられてしまいます。

ルフィの攻撃に手を焼く麦わらの一味ですが、そのスキに、マッカスとボニーは、
アマンダの救出に向かいます。ところが、ザップにまるで歯が立ちません。

アマンダの救出に苦しむマッカスたち、
そうして操られたルフィの攻撃に苦しむ麦わらの一味でしたが、
チョッパーとウソップで作った睡眠薬入りの眠り星をウソップがバイヤン海賊団のクルーの
口の中に打ち込むことで、クルー達を眠らせて、ルフィは自由になりました。

ルフィたちの反撃開始です。
勝敗はあっという間にルフィたちが勝利し、
いよいよアマンダの父親が残した宝との対面です。

アマンダたちの居た島は、実は巨大なバケモノ貝で、その中には巨大な真珠がありました。
その巨大な真珠こそが、アマンダたちの父親が命をかけて子供たちに残した宝だったのです。

アマンダは家族を置き去りにして冒険ばかりの父親を憎んでいましたが、
今回のことで父親を誇りに思えるようになり、また、マッカスとボニーは、
アマンダ、ミリア、ホーリーたち3人の親になることになり、5人は幸せになれそうです。

宝は巨大とは言っても1つだけだったため、ナミは分け前をもらえませんでしたが。
これが、テレビアニメスペシャル第2作目の、大海原にひらけ! でっかいでっカイ父の夢
のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

守れ!最後の大舞台 

守れ!最後の大舞台(おおぶたい)は、テレビアニメONEPIECEスペシャルの第3弾です。


とある島で祭りを楽しんでいた麦わらのルフィたちですが、ランドルフという芝居一座の
お芝居があるということを聴いて、芝居を見に行くことにします。

ところが、開演30分前に、唯一の女優を含む3名の団員が、一座を辞めると言って
出ていってしまいました。
そこで、ナミが代わって女優のお姫様の役をやることになるのですが、
ナミだけではなく、ゾロを除く(ゾロは舞台係り)麦わらの一味全員が役者として
お芝居に参加したから、芝居はもうめちゃくちゃです。

第1幕は、めちゃくちゃな芝居で終わりましたが、それなりにウケましたし、
最後に主役のマリーン大佐役のランドルフがしめたため、なんとか前半のお芝居は終了です。

主役のランドルフは元海軍少佐で、家族を海賊に殺されたことから海軍に入り、
若くして少佐にまでなり、その後は自分のように海賊によって大切な人を失った人たちに、
希望を届けるために芝居をしていました。

しかし、海賊に襲われたときの古傷がたたり、もういつ声が出なくなってもおかしくない状態。
それで、今回の芝居が最後の芝居になるのでした。

ランドルフ最後の芝居の第2幕を楽しみにする観客たちでしたが、
突然現れた海軍によって、ランドルフは逮捕されてしまいます。

芝居一座を装い、実は海賊相手に海軍の銃や武器を売っていたという容疑です。
ランドルフたちの船から証拠の銃や武器も見つかってしまいます。

ところが、海軍の軍艦に行ってみると、そこにはかつてのランドルフの部下で、
現在海軍中佐のガバナー中佐がいました。

実はガバナーこそ、30年前に上官に金を渡して、金の力で出世するために、
海軍から銃や武器を持ち出し、海賊達に売って金儲けをしていました。
さらには、証拠を消すために、一緒に悪事をしていた友達も殺してしまいました。

そんなガバナーに対して、証拠は何も無いまでも、ガバナーの態度から、
ガバナーの悪事は間違いないと思ったランドルフ少佐は、ガバナーを軍法会議へと送りました。

結局、証拠が何もなかったためガバナーは解放されたのですが、
長期間軍法会議にかけられたことが自分の出世の足を引っ張ったとランドルフを逆恨みして、
今回、無実のランドルフをはめようとしたのでした。

しかも、ランドルフの芝居にかける情熱を承知の上で、
あえてランドルフの最後の舞台のときに逮捕に踏み切ったのです。

そんななりゆきを見ていたルフィは、ランドルフを海軍から救い、芝居を続けろと告げます。

当然、ガバナー中佐はランドルフやルフィたちを許しませんが、
ランドルフの最後の舞台には手出しさせないとルフィは約束して海軍と戦います。

ランドルフは、最後まで芝居を続け、最後の台詞「海賊を根絶やしにするまで!」と
叫ぶ瞬間に無言になります。

とうとう体がもたなくなって声が出なくなったのかと団員たちは心配しますが、
麦わらの一味という「海賊」と出会って、海賊に対しての考えが変わったのでした。

そこからは、ランドルフは想いを熱く語ります。
そして、最後にルフィたちを「友」と呼び、生涯最高の芝居と賞賛されて幕を閉じます。

一方ルフィたちは、ガバナーたち海軍を相手に大暴れして、
最後には民間人の乗っているランドルフたちの船まで沈めようとしたガバナーを、
ルフィが海の果てへとぶっ飛ばしてしまいます。

海兵たちは、普段から中佐であることを良いことに、自分の出世と地位からの利権を
むさぼることにしか気持ちのないガバナーには嫌気がさしていたため、
部下達も途中でガバナーを見限ります。

こうして、ルフィたちは海軍を破り、無事ランドルフの最後の芝居も守って、
ランドルフとは言葉のない挨拶を交わして新たな冒険へと船出していくのでした。

これが、ワンピースアニメのテレビアニメスペシャル、守れ!最後の大舞台の
ストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

年末特別企画!麦わらのルフィ親分捕物帖 

年末特別企画!麦わらのルフィ親分捕物帖は、2005年12月18日に放映された、
テレビアニメONE PIECE(ワンピース)のスペシャルストーリーで、時代劇物です。

捕物帖(とりものちょう)との名の通り、ルフィがおかっぴきになっての活躍です。
場所はグランドジパング、のとある時代ということですが、
日本の江戸時代、江戸が舞台というような設定で、2つのストーリーです。
ドラムのドルトンさんが蕎麦屋で登場したり、空島編までのキャラクターがいろいろと登場します。

設定としては、おかっぴきのルフィ親分の子分のウソップ、めし屋風車の女主人がおナミ、
板前はもちろんサンジです。チョッパーは町医者、ゾロは僧侶のようです。

第1話
町の両替屋の屋敷に突然現れ、主に金品を要求する無法者、道化一家、もちろんバギーたちです。
道化一家は、町民を徹底的に脅し、恐怖から訴えができないようにして、
訴えが出ないから、おかっぴきや役人も取締りが出来ません。

ところが、ルフィ親分が駆けつけたとき、見て見ぬふりをする町民の中で、
唯一町医者のチョッパーだけが、道化一家が主人に暴行をして金品を奪ったと証言してくれた。
そのおかげで、ルフィ親分は、バギーの子分たちをその場でぶちのめしてしまうのですが、
煙玉の煙幕によって、道化一家は親分の目を盗んでその場から逃げてしまいます。

ところが、ルフィ親分に恨みを持ったバギーは、今度はナミを人質に取って、助っ人も頼んで、
ルフィに復讐しようとしてきます。
その助っ人とは、タコのはっちゃんと空番長のゲダツです。
助っ人は結構な腕ではあるのですが、どっちもうっかり者というかあほですから、
ルフィ親分に、あっさり倒されてしまい、人質となっていたナミもサンジが救い出してしまいます。

バギーだけになってバラバラの実の能力でルフィと戦おうとしますが、
バラバラの実の弱点をサンジにあっさり見破られ、そのままバギーはルフィによって、
空の彼方へと飛ばされてしまいます。町に平和が戻りました。

奪われたお金は取り戻すことができませんでしたが、その奪われたお金は実はニセ金で、
両替屋の主も役人によって捕らえられ、一件落着となりました。

第2話
またまた道化一家の手下たちが、一人の女性を襲っているところを僧侶のゾロが助けます。
そこに見回りをしていたルフィ親分が通りかかり、倒れてしまった女性をナミのところへ
運び、チョッパー先生に診てもらいます。傷は浅く、ただ疲れから倒れただけのようでした。

女性の名前はビビというのですが、それ以上は何も語らず、素性はわかりません。

しかし、ビビはすっかり元気になって、
お世話になったナミたちに恩返しをしようと風車で働くことになったのですが、
今までお茶も運んだことがないという、まったくの世間知らずでした。

不思議に思いながらも、ルフィやナミたちは、ビビの面倒を見たり、ルフィが連れ出して、
町の子供たちと一緒に遊んだりして楽しく過していました。

ところが、ビビを金づるだと言うバギーは、道化一家だけではルフィに敵わないと思い、
ゾロに飯を食わせて用心棒に雇います。

そして、再び道化一家はゾロとともにビビを襲うのですが、ゾロがうまく立ち回ってくれて、
ルフィ親分はゾロを狙うふりをしてバギーの子分たちを次々と倒してしまいます。

一人になってしまったバギーは、怒ってバギー玉で砲撃をしようとしましたが、
そのとき、バギーの身体から手がはえてきて、大砲ではなくバギーの身体に火をつけてしまいます。
ビビの味方と思われるロビンの仕業でした。

こうして道化一家は、また逃げていくことになるのですが、道化一家が逃げ去ったとき、
ジパング城のご家老が登場しました。イガラムです。

そうです。ビビは、ジパング城のお姫様だったのです。
町の暮らしが見てみたくて、こっそりと城を抜け出していたのでした。
バギーたちはそれを知って、姫を人質にして身代金を取るのが目当てだったわけです。

ご家老のイガラムが城から出してくれないため、ビビは無断で城を抜け出してきたのです。
今回も危険な目に合い、今後は無断で城を抜けることはしないと家老に約束をして、
ビビは姫として城に戻ることになったのですが、今回城を抜け出し、ルフィやナミたちと
触れ合うことが出来たおかげで、ビビはこの国をもっと良くしようと思えるようになりました。

そして、もう二度と会うことはないと思っていたビビですが、
また町で、ルフィたちと遊んでいます。

「無断では」抜け出すことはしないのですが、ご家老に許可をもらってなら良いはずと、
家老のイガラムにつめよって、城の外に遊びに出られるようになったようです。
ご家老のイガラムは大変ですが、めでたしめでたしということで話は終わりました。

以上が、年末特別企画!麦わらのルフィ親分捕物帖の2つのストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。