04« 2013 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第597話 大激戦 シーザー真の能力発動! 

大激戦 シーザー真の能力発動!は、ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第597話です。
テレビアニメ第597話 大激戦 シーザー真の能力発動!のストーリーのあらすじは、
湖の畔で、スマイリーが自分の分身を飛ばしているところを見とれていたサンジとブルックですが、
ゾロがスマイリーに毒性があることに気付きます。
スライム状のスマイリーの一部が湖に落ちるたびに魚が死んで浮き上がってくるのです。

そうなると、湖の中にあるはずの侍の身体もピンチです。
その危機にサンジは、毒の湖に飛び込んで、湖が毒で埋め尽くされる前に侍の体を救おうとする。

自分の命も顧みず、侍のために湖に飛び込むサンジ。
そのサンジの姿に、驚きを隠せない侍でした。

一方、研究施設前に現れたマスターことシーザー・クラウンでしたが、ルフィに容易く捕まり、
一瞬は動揺しますが、ロギアの能力者であり、ガスガスの実の能力者のため、
すぐにルフィにたいして毒ガスで反撃をします。

シーザーの毒ガスを吸い込んでピンチかと思いきや、ルフィはインペルダウンのマゼランのおかげで、
毒に対して耐性が出来たようで、マスターの毒ガスもルフィには効きません。
武装色の覇気を纏い、ルフィは、なおもマスターを攻撃します。

マスターことシーザークラウンは、ガスタネットという能力でルフィの周りの空間を爆破して、
防戦しますが、ルフィには通用しません。
そこで、シーザーはスマイリーの分身たちに命令を下し、ルフィをスマイリーで取り囲み、
スマイリーを大爆発させたのでした。

強烈な爆風があたりを吹きぬけ、ルフィの姿はどこにも見当たりません。
流石のルフィもあの大爆発では命がないものかとロビンやフランキーが心配したとき、
シーザーの背後でルフィの声が上がりました。

ルフィは爆発の瞬間に瞬時に爆発から逃れていたようです。
そして、再度シーザーに強烈な攻撃を叩き込み、ついにまたマスターことシーザーを捕らえます。

ルフィとシーザーの戦いは、ルフィの圧勝に見えたそのとき、何が起こったのか、
ルフィが急に苦しみはじめます。毒が効かないはずのルフィが異常な苦しみようです。

マスターことシーザーは、何も手を下していないようなのですが、その場に崩れ落ちるルフィ。
助けに入ったロビンも急に苦しみだしルフィととも倒れてしまいます。

いったい何が起こっているのか誰もわかりません。

ビームで攻撃したフランキーも、ルフィたちと同様に苦しみだし倒れてしまう。
そして、麦わらの一味だけでなく、たしぎまでもがシーザーに捕らわれて苦しみ、
そしてその場に倒れてしまったのでした。

ロギアに対して唯一能力を無効に出来る海楼石付きの十手を持つスモーカーが、
シーザーに挑みますが、あのスモーカーさえもシーザーには触れることさえできず、
スモーカーもまた苦しんだ末に倒されてしまったのでした。
この5人がいとも容易く倒されては既に他の者達ではなす術がありません。

シーザーの5人を倒した能力とはいったい何なのか?

その頃、シーザーの研究施設内では、予定通りシーザーの秘書モネを連れ出した
王下七武海のローが突然苦しみだします。
そして苦しむローの前に、ローも知っているらしい謎の男が現れたのでした。

突如現れた謎の男はいったい誰なのか?

ここまでが、アニメ第597話 大激戦 シーザー真の能力発動!のストーリーのあらすじです。
スポンサーサイト

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第596話 全滅の危機 死のモンスター飛来 

全滅の危機 死のモンスター飛来は、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第596話です。
テレビアニメ第596話 全滅の危機 死のモンスター飛来のストーリーのあらすじは、
ローとの海賊同盟により、マスターことシーザー・クラウンを秘密裏に誘拐する目的の
ルフィたちでしたが、ルフィとフランキー、そしてロビンの3人は、こともあろうか、
スモーカーたち海軍G5とマスターの部下たちの乱戦の真っ只中に飛んできてしまう。

秘密裏とはまったく逆の派手な登場で、当然のように海軍とマスターの部下達と戦いになる。

その様子に呆れるローでしたが、ルフィたちのことはそのまま放置して、
ローはチョッパーを連れて研究施設へと入っていった。
ローがマスターと秘書の女性を連れ出しているスキにチョッパーが薬のことを調べるためだ。

その頃、薬で苦しむ子供たちは、ウソップの爆睡星で眠らされていたものの、目覚め始め、
鎖を引きちぎって暴れだしそうです。
子供を攻撃するわけにもいかないウソップたちは、再び爆睡星で眠らせようとしますが、
睡眠効果が落ちてきているようで、なかなか子供たちは眠りません。
それどころか鎖さえも引きちぎってしまいそうです。最早一刻の猶予もない状態です。

研究施設の正面では、派手に戦いを繰り広げるルフィたちがいたのですが、
当然ルフィたちは圧倒的な強さをみせます。
ついに、たしぎとスモーカーもルフィに向って戦いを挑みはじめるのですが、
最初は二人の違和感を不思議がっていたルフィも、
スモーカーとたしぎがローによって身体を入れ替えられたと知ると、
本気になれない「けむりん(スモーカー)」とは戦っても仕方ないと戦意喪失します。

その間に、フランキーによって研究施設の正面入口は破壊され、突入の準備も整ったが、
ルフィたちが研究施設に突入しようとしたときに異変が起こったのでした。

かなり大きな物体が空から降ってきて、その物体は、マスターの船を奪って、
海軍に連絡に行こうとしていた海兵たちの乗る船に直撃したのでした。

しかし、直撃しても爆発するわけではなく、船も壊れず、何事が起こったのかわかりません。
その物体が何であるのかもわかりませんし、マスターの部下たちも見たことがないようです。

G5の海兵たちは不気味な物体に銃や剣で攻撃しましたが、まったく効かないどころか、
攻撃した箇所から毒ガスを噴出し始めたのでした。

そうです。その物体とは、スライム状の生物スマイリーの一部です。

得体の知れない謎の物体に手を焼く海兵たちでしたが、海兵のひとりが燃やせば良いと思いつく。
火炎放射器で、スマイリーの一部を燃やし始めたところ、物体はあからさまに嫌がるように、
炎から逃れようとしましたが、全体を炎に包まれて、だんだんと小さくなっていきました。

作戦成功と海兵たちが喜んだ次の瞬間、驚くことに燃えるスマイリーの一部が大爆発したのです。

攻撃すれば毒ガスを噴き、炎で燃やせば大爆発を引き起こす非常に厄介なものとだけ判明したが、
とりあえず一難さったものの、その物体が何で、どう対処すれば良いのかは、
スモーカーたちもわからないままです。

船は大爆発を起こしてしまったため、スモーカーの部下達は爆発に巻き込まれ、
海軍への連絡という道も経たれてしまったわけです。

しかし、恐怖はそれだけではなかった。

失意のスモーカーたちの上空に、さらに無数の同様の物体が降り注ごうとしていたのです。

先ほどの様子を見ていた限り、その物体(スマイリーの一部)は何もなす術なしのようです。
逃げ惑うしかない海軍G5の海兵たちとマスターの部下たち。
仕方なく、屋根のある場所へと避難しようとしたとき、驚くことに、研究施設の外に、
マスターことシーザー・クラウンが現れたのです。

マスターによれば、スマイリーは燃える土地から氷の土地へと移動するため、
湖を渡ることが出来ず、自分の身体の一部を少しずつ飛ばすことで移動しているようです。
つまり、山ほどのスマイリーの身体が全部飛んできたとき、それが集合して巨大な生物になる。

そして、スマイリーが完成したときには、ルフィをはじめとしてその場にいる者たち全員が、
4年前の暴発事故による死の恐怖を味わうことになるという。

ロギア(自然系)能力者であるマスターは、ロギアのため完全に油断して堂々と姿を現したのですが、
そんなマスターをルフィがいきなり手を伸ばして掴み、羽交い絞めにしたのでした。

「捕まえた!」と喜ぶルフィ。そして、ロギアでありながら捕まることに驚くマスター。

ここまでが、アニメ第596話 全滅の危機 死のモンスター飛来のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第595話 Mを捉えろ 海賊同盟作戦開始! 

Mを捉えろ 海賊同盟作戦開始!は、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第595話です。
第595話 M(マスター)を捉えろ 海賊同盟作戦開始!のストーリーのあらすじは、
王下七武海のトラファルガー・ローたちハートの海賊団と海賊同盟を結ぶこととなった、
ルフィたち麦わらの一味は、手始めにローの指示でM(マスター)を捕獲することとなった。

その頃、殺し屋イエティ・クールブラザーズに倒されたはずのゾロたち三人は、侍を探して、
雪山の中を走り回っていた。
ゾロとサンジ、そしてブルックは、当初から侍を探していたのですが、偶然ブルックが、
雪の上に大きな足跡を発見し、その足跡が雪男の足跡だと思い込み、「男のロマン」(雪男)を求め、
その足跡を追跡したのでした。

ところが、その足跡はイエティ・クールブラザーズの足跡で、当然のように足跡は罠だった。
足跡を追って崖の所まで来てしまったゾロたちにイエティ・クールブラザーズは、
KYP(ケーワイピー)ガス弾というガス弾を撃ち、三人を眠らせようとしたのだった。
KYPガス弾をくらうと、どんな酒豪でも泥酔したように酔い、そして眠ってしまうという。
さらにゾロたち三人の崖の下はFの16区間と呼ばれるツララの剣山のような地形のため、
眠ったまま崖から落ちれば剣山に貫かれて即死ということだ。

KYPガス弾をくらったゾロ、サンジ、ブルックにイエティ・クールブラザーズは、
もう一発の弾丸を発射し、崖ごとゾロたちの足場を崩して三人をFの16区間へと落下させた。
しかし、ゾロが意識を失って泥酔してしまう直前に剣山に気付き、斬撃で剣山を斬ったため、
三人は剣山に貫かれることなく下に落下しただけで済んだのでした。

イエティ・クールブラザーズから死体(ゾロたち三人)の回収を指示されたマスターの部下たちが、
三人の所に来たときには、既にサンジが目を覚ましており、部下達をかるく一蹴して、
ゾロとブルックを蹴り起こして今に至るというわけです。

侍は胴体を探すために湖のほうに向ったはずということで三人は湖のほうに向うも、
侍の姿は一向に見つからず、困っていたときに、ゾロが足元で凍り付いている侍を発見します。

侍の胴体はどうやら水の中、つまり湖の中にあるようです。
そのため、能力者である侍は身体の力が入らず、吹雪の中で凍りついたようでした。

その侍の胴体を探すべく湖へと向おうとするゾロたち三人は湖のほうに異様な物体を発見します。
なかったはずの大きな山があるのです。そしてさらには、その方角から、茶ひげの部下達が、
慌てて逃げ出してきた。その大きな山こそ、マスターのペットでスライム状の生物スマイリーだ。

スマイリーとは、もとは四年前にこのパンクハザードでの化学兵器暴発事故の際の毒ガスそのもの。
すべての生命を奪いつくした毒ガスをマスターが圧縮し、スライム状の生物にしたのがスマイリー。
つまりは、スマイリーこそ、すべての生命を奪ってしまう毒ガスそのものなのだ。

時を同じくして、研究施設の前で船を奪うために総力戦をしていた海軍ですが、
その近くでは、ローがチョッパーを伴って、密かに研究施設の中へと戻ろうとしていました。
中にはマスターことシーザー・クラウンと秘書の女性がいるらしく、ローが二人をおびき出す間に、
チョッパーが薬のことを調べるという手はずです。すべてを隠密裏に進めるつもりのロー。

ところが、そんなローの計画とは裏腹に、総力戦で乱戦状態の海軍とマスターの部下達の、
丁度真っ只中へと飛び込んできたのが、ルフィとフランキー、そしてロビンの三人でした。

ルフィはマスターを捉える気満々なのですが、ローの計画とは大きく違い派手に登場しすぎです。
想定外のルフィの行動に頭を抱えるローと、突然のルフィたちの登場に動揺する海軍と、
マスターの部下たち。
ルフィは全員を相手にしつつ正面からマスターを捉えるつもりなのか?

ここまでが、アニメ第595話 M(マスター)を捉えろ 海賊同盟作戦開始!のあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第594話 結成!ルフィ・ロー海賊同盟! 

結成!ルフィ・ロー海賊同盟!は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第594話です。
テレビアニメ、第594話 結成!ルフィ・ロー海賊同盟!のストーリーのあらすじは、
四皇(よんこう)の一人を落とすため、海賊同盟を組まないかとルフィに申し出るローに、
フランキーの身体になったナミは驚き、ルフィを止めるが、ルフィはローから、
その四皇が誰なのかを聞き、あっさり、海賊同盟を結ぶことを了承してしまいます。
(四皇が誰なのかは、風音でかき消され聞こえませんでした)

仲間たちの待つ場所にローと一緒に戻ったルフィとナミ、そしてフランキーですが、
海賊同盟の話を聞いて、ウソップは猛反対します。チョッパーも反対です。
そして、ロビンはルフィの決定に従うと言うものの、海賊の同盟は裏切りが付物だと言う。

ローのことをすっかり信用しているルフィは、まったく裏切りを疑うこともありませんが、
ウソップたちは、トラファルガー・ロー率いるハートの海賊団との海賊同盟は反対です。
しかし、ルフィが何気なく言ったひと言で、仲間たちもすっかりその気になってしまいます。

ルフィの言ったこととは、
「仮に裏切られても大丈夫だ。俺には2年間修行したお前たちがいる」
という仲間を信頼する言葉でした。
ルフィは軽い気持ちで言っただけですが、元々その気になりやすいウソップたちは、
おだてられてすっかりその気になったというわけです。

そのあまりに軽いノリの麦わらの一味に、少し引きぎみのローでしたが、
差し当たりは、身体を入れ替えた技を元に戻すことにします。
ローによって、チョッパーとフランキーは無事にもとの身体に戻れましたが、
侍探しに出かけたナミの身体のサンジがいないため、ナミは今度はサンジの身体です。

そして、海賊同盟を友達程度にしか認識していないルフィは、
ナミたちの希望である子供たちを助けることや、サンジの希望の侍を助けることまで、
ローに協力をさせようとします。

当然ローは断ろうとしますが、人の言うことをまるで聞かないマイペースのルフィのペースに、
どんどんと呑まれてしまい、ローもルフィたちに協力することとなってしまいます。
そして、ローは子供たちに投与された薬のことを調べるためにチョッパーを連れて戻ることにした。

ルフィたちは、ローの指示でマスターを捕獲することとなったのだが、ローの話では、
マスターことシーザー・クラウンはただの科学者ではなく、ガスガスの実のロギア系能力者で、
現在3億ベリーの賞金首だという。覇気の纏える者以外は決して近づいてはならないらしい。
現在覇気を纏えるのは、ローとルフィ、その他ではサンジとゾロだけだ。

まずは、マスターを捕獲することが海賊同盟の最初の目的です。
そして、その後のことはマスターが捕獲できてからローが全員に説明をするという。
いよいよルフィたちはローと手を組み、ここパンクハザードで反撃開始となります。

その頃、研究施設前では、マスターの部下たちとスモーカー率いる海軍G5の海兵たちが、
船を奪うべく交戦していた。たしぎが手配書を調べた所、マスターの部下達は間違いなく、
元囚人たち。下半身が動物という異形ではあるものの間違いない。
海軍には4年前の事故によって全員死亡したと報告されていた囚人たちだったのだ。

戸惑いながらも、海軍に事態を知らせるため船を奪おうと総力戦をするスモーカーたち。

そしてそれに対して、その頃、炎の土地では、マスターの部下たちがマスターの命令で、
今までは「決して開けてはいけないと言われていた倉庫」の扉を開けて中へと入ろうとしていた。

倉庫の中には、山のように巨大なゼリーのような物体が隠されており、毒ガスを出すようだ。
部下たちは次々そのガスによって倒されてしまう。
部下のリーダーともう一人の二人だけは、何とか倉庫から外へと逃げ出せたものの、
ゼリーのような物体は外へとあふれ出し、二人を執拗に追いかけてきます。

慌ててマスターに連絡するも、マスターは二人を助けるつもりはさらさらなく、無視します。

そして、ついに残った二人の部下もそのゼリーの塊に倒されてしまう。

このゼリーの山のようなものこそ、マスターことシーザー・クラウンのペットであり武器、
世にも珍しいスライム(ゼリー)状の生物、スマイリーだという。
マスターはこのスマイリーによって、麦わらの一味、そして海軍もすべてを壊滅させるつもりだ。

ここまでが、アニメ第594話 結成!ルフィ・ロー海賊同盟!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。