07« 2013 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

エピソードオブメリー ~もうひとりの仲間の物語~ 

エピソードオブメリー ~もうひとりの仲間の物語~は、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)の、
テレビアニメオリジナルストーリーです。

エピソードオブメリー ~もうひとりの仲間の物語~のストーリーのあらすじは、
新世界を行くルフィたち麦わらの一味でしたが、特別な危機もなく、平和に過していました。
ですが、もしものとき、「動かない」「不調」では話にならないと、船大工のフランキーは、
サニー号の装備のメンテに余念がありません。

そんなわけで、ウソップとチョッパーそしてブルックの三人が、シャークサブマー3号ジや、
ミニメリー2号に試乗して調子を確かめていたのですが、そんなとき、ブルックがふと、
ずっと気になっていたということを口にします。

ミニメリー号ということは、ちゃんとしたメリー号があって、それがモデルになっているのか?と。

そうでした。ブルックが仲間になったときには、既にメリー号からサニー号へと、
麦わらの一味の船が変わっていたのです。
そこで、麦わらの一味の中で、唯一メリー号を知らないブルックのために、
ウソップが、仲間の危機を救ってくれた「もうひとりの仲間」のこととして、
ゴーイングメリー号の話をして聞かせます。
それが、今回の「エピソードオブメリー ~もうひとりの仲間の物語~」です。

ウソップの故郷シロップ村でカヤお嬢様からメリー号をもらったこと、
メリー号でリバースマウンテンを越えてグランドラインに入ったこと、
サンジが仲間になり、ナミが仲間になり、グランドラインではチョッパーとロビンが仲間になり、
さらにはビビやカルーといった仲間になったものの訳あって船を降りた仲間がいること、
そしてメリー号では空島にも行ったことなど話をします。そんな凄い船メリー号。

ところが、そこでウソップは沈黙します。悲しい過去を思い出したからです。

ですが、ウソップは「仲間の危機を救ってくれた『もうひとりの仲間』のことを聞いてくれ」と、
メリー号のことをブルックに話すのでした。

エピソードオブメリー ~もうひとりの仲間の物語~は、1時間45分少々のうち、
大半は、ウオーターセブンとエニエスロビー編のダイジェストです。

ウオーターセブン・エニエスロビー編のため、メリー号の話というよりも、
エピソードオブロビンという雰囲気にもなりがちでしたが、詳しくは、
W7(ウォーターセブン)編エニエス・ロビー上陸編エニエス・ロビー激闘編
をご覧下さい。

つまり、第312話 ありがとうメリー!雪に煙る(けぶる)別れの海までのダイジェストが、
今回のストーリーです。

スポンサーサイト

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第600話 子供達を守れ!迫るMの魔の手 

子供達を守れ!迫るMの魔の手は、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)の第600話です。
アニメ第600話 子供達を守れ!迫るM(マスター)の魔の手のストーリーのあらすじは、
研究施設から連れ出した子供達とナミそしてウソップの前に現れたM(マスター)こと、
シーザー・クラウンに驚くナミとウソップでしたが、シーザーの登場で子供達の様子が変わります。

シーザーがキャンディを子供達に見せるため、
子供達はますますナミたちの言うことを聴かなくなって暴れだしてしまいます。
ナミたちが止めようとするのも聴かず、ナミたちを攻撃する子供達。

しかし、悪いのは子供達ではなく、全ての元凶はシーザーだということで、
怒りのすべてをシーザーへというナミの言葉に、ウソップはシーザーを攻撃することにします。

シーザーがロギアでガスガスの実のガス人間だと知るウソップは、ガスを引火させようと、
ファイヤーバードスターで炎の攻撃をしかけるのですが、その巨大な炎は、シーザーを爆破できず、
あっさりと消されてしまいます。
ガスガスの実の能力で言うガスとは、毒ガスだけではなく、気体全部のことらしい。
つまり、空気もまたガスのひとつ。従って、シーザーはガスである空気も操ることが出来るのだ。

ルフィたちを手も触れずに全員倒せたのは、空気中の酸素を抜いて窒息させたようです。
シーザーは一定範囲は空気さえもこのように操作出来るのです。
それを実証するように、ウソップに、そしてナミにも身体の周りの空気から酸素を抜いて苦しめる。
酸素を失い呼吸が出来ずに苦しむナミとウソップに対してシーザーは非道にも、
子供達にナミとウソップのトドメを刺させようとします。

キャンディに入った薬の禁断症状のため、M(マスター)の言いなりになるしかない子供達は、
ナミとウソップに巨大なパイプでトドメを刺そうとします。ナミとウソップのピンチです。
しかし、そのナミとウソップの危機を救ったのは、なんとあの茶ひげでした。

シーザーからの抹殺指令を受けたイエティ・クールブラザーズによって殺されたと思われた茶ひげは、
重傷ながらもまだ生きており、マスターを信じていたことも間違いと気づき、
ナミたちを助けて、そしてマスターことシーザーに戦いを挑みます。

しかし、茶ひげの必死の攻撃も空しく、シーザーの攻撃ガスタネットによって爆破されてしまう。
そして、ナミとウソップもシーザーのガスタネットの餌食になってしまいます。
必死で守ろうとした子供達も、とうとうシーザーによって連れ戻されてしまいます。

子供達を飛行船に乗せて研究施設へと戻ろうとするシーザーは電伝虫を使い、
各地にいる非合法な闇のブローカーたちに通信を始めます。

これから、ここパンクハザードで毒ガス兵器の実験を行なうという。
その実験の様子を各地にいる闇のブローカーたちに映像で見せようというわけです。
そして、その兵器の威力が気に入れば取引をしようと呼びかけるシーザーです。

そのシーザーの呼びかけに映像を見るブローカーたちの中には、
あの四皇ビッグマムの戦闘員、ペコムズとタマゴ男爵や、あのキッドの姿もあったのでした。

ここまでが、アニメ第600話 子供達を守れ!迫るMの魔の手のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。