02« 2014 / 03 »04
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第625話 緊迫!青キジVSドフラミンゴ 

緊迫!青キジVSドフラミンゴは、ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第625話です。
アニメ第625話 緊迫!青キジVS(たい)ドフラミンゴのストーリーのあらすじは、
ドフラミンゴの襲撃によって命の危機に瀕したスモーカーとG5の海兵たちの前に現れた、
元海軍大将の青キジことクザン。
巨大なペンギン、キャメルでパンクハザードに向かっていたのは青キジだったようです。

スモーカーにトドメを刺すのを辞めるように言う青キジことクザンの言葉も聞かず、
ドフラミンゴは、スモーカーにトドメを刺そうとします。
ですが、そこで青キジがヒエヒエの実の能力を発動させ、ドフラミンゴを凍りつかせてしまいます。

しかし、ドフラミンゴは体の芯まで凍っていなかったようで、氷を破り、
青キジと対峙します。青キジVS(たい)ドフラミンゴ、一触即発の状態です。

青キジのほうへと歩みを進めるドフラミンゴでしたが、青キジとは戦うつもりはないようで、
そのままバッファローに乗ってベビー5とともにパンクハザードを後にします。

それにしても、姿をくらましていた青キジは今は何をしているのか?
ドフラミンゴは、ただの放浪者と何かを決断した男の顔は違うと言い、
クザンが何かを企んでいると思っているようです。

クザンはスモーカーに語ります。
はなから世界政府が全てと思っていないと。海軍に所属しなくても出来ることがあるし、
所属しないから見えてくるものもあると語ります。

青キジはここにスモーカーに会うために来たと言いますが、青キジは今、闇に通じているのか?
ですが、青キジはスモーカーに「俺は俺だよ」と語ります。

そして、スモーカーにドフラミンゴから目を離さないようにと助言します。
ドレスローザの現国王にして王下七武海、何もかも異例ずくしの海賊、それがドフラミンゴ。
サカズキ(現海軍元帥)に話をして大将を動かし対処するようにと忠告したのでした。

その頃、サニー号では四皇のカイドウを倒すべく、ローがカイドウの話をしています。
カイドウを倒すためには、カイドウの兵力を減らすことが必須だということです。
カイドウはジョーカーことドフラミンゴから大量のゾオン系人造悪魔の実SMILEを買い込み、
人造だけにリスクもあるようですが、現時点でカイドウの元には500人を超える、
ゾオン系(動物系)の悪魔の実の能力者がいるということです。

ですから、その数をそれ以上増やさないために、ドレスローザのどこかにあるはずの、
SMILE(スマイル)人造悪魔の実の製造工場を壊すことが今回の目的のようです。

そんな話をしているうちに、空は曇り、新世界のとんでもない天候がルフィたちを襲います。

雹(ひょう)が降り始めたかと思うと、いきなりサニー号の上空にサニー号の何倍もあるような
巨大な氷の塊が落下してきたのでした。
その異変はナミがいち早く察知しており、クードバーストで飛んでその場を回避します。

その後は、モモの助を連れてナミがサニー号の船内の案内をしたり、
錦えもんがゾロの持つ剣豪リューマの名刀秋水(しゅうすい)を、
ゾロがワノ国から奪ったと勘違いしてゾロに斬りかかったり、
モモの助がロビンと一緒に風呂に入っていると聞いて怒ったりと、平和な航海をしていました。

しかし、夜になり、海中から謎の物体が姿を現し、サニー号を狙っているようです。

ここまでがテレビアニメ第625話 緊迫!青キジVSドフラミンゴのストーリーのあらすじです。
スポンサーサイト

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第623話 惜別の時 パンクハザード出航! 

惜別の時 パンクハザード出航!は、ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第623話です。
テレビアニメ第623話 惜別の時 パンクハザード出航!のストーリーのあらすじは、
G5の海兵たちとも仲良く肩を組み、盛大に宴をしていたルフィたちでしたが、
先にたしぎが何人かの海兵を伴い、子供たちをタンカーで連れて行くことになります。

子供たちが無事に出航するのを見届けるまでは、
絶対ここを出航しないとナミとチョッパーが言うからです。

しかし、いよいよタンカーの出航の時となり、子供たちとの別れとなった時、
それまで仲良くしていたG5の海兵たちが態度を急変させ、
ルフィたちの前に横断幕まで立てて子供たちの目から隠すようにします。

さらには、海賊はゴミだとルフィたちを散々に罵倒し始めます。
その様子に、たしぎが「みっともない!」と辞めるように言うのですが、
G5の海兵たちは、こうして罵倒でもし続けないと、この無法者たち(ルフィたち)を、
好きになってしまうと言って泣き崩れます。

その海兵たちの様子に、たしぎは笑い、スモーカーは頭を抱えるのでした。

こうして、無事子供たちの出航も見届け、ルフィたちは、サウザンド・サニー号へと乗り込みます。
サニー号にはローと錦えもん、そしてモモの助も一緒です。
もちろん捕らえたシーザーも海楼石で捕縛したまま同乗させています。

ここパンクハザードで起こった様々な驚愕の出来事を胸に、
ルフィたちも、ルフィの号令でついにパンクハザードを出航することとなりました。

その頃、パンクハザードに向かっていたドフラミンゴは「空の道」が途切れていたようで、
パンクハザードへの到着が遅れていたのでした。
しかし、タンカーの救命ヨットに乗せられたバッファローとベビー5の首を発見します。
ローが悪魔の実の能力で頭だけを切り離したようです。そしてそこにはローの電伝虫もあった。

ドフラミンゴの到着に気づいたローは、電伝虫でドフラミンゴと交信し、取引を持ちかけます。
ローの持ちかけた取引とは、ドフラミンゴに王下七武海を辞めるようにしろということでした。
今、シーザーはローたちの手の中にあり、シーザーがいなければスマイルが作れない。
もしそれが四皇(よんこう)のカイドウに知られたらドフラミンゴのほうの命が危ない。
そこで、シーザーの身柄を引き渡す代わりに、王下七武海を辞めるようにと持ちかけたのでした。

その期限は明日の朝まで。新聞の朝刊に王下七武海をやめたことが報じられれば、
シーザーはドフラミンゴに返すというローの取引に激怒するドフラミンゴでした。

ここまでがアニメ第623話 惜別の時 パンクハザード出航!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第622話 感動の再会!モモの助と錦えもん 

感動の再会!モモの助と錦えもんは、ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第622話です。
テレビアニメ第622話 感動の再会!モモの助と錦えもんのストーリーのあらすじは、
バッファローとベビー5を倒し、シーザーの捕獲に成功したルフィたちは、
それぞれが次の行動へ向けて動いていました。

茶ひげは海軍に捕まるようですが、シーザーから受けた微量の毒による実験の治療も、
海軍で受けられるようですし、スモーカーはG5の基地と連絡が取れ迎えを待ちます。

そしてナミは、たしぎから子供たちを自分たち海軍に任せて欲しいと頼まれていました。
ですが、今まで海軍に任せていたため子供たちが辛い境遇にいたからとナミは引きません。
しかし、たしぎが目に涙を浮かべ頭を下げて必死に頼む姿に母であるベルメールさんと、
たしぎの姿が重なり、ナミは子供たちをたしぎに任せることにします。

その頃、シノクニで固まってしまった錦えもん(きんえもん)をブルックが倒して割ってしまう。
しかし、シノクニで死んだと思っていた錦えもんは固まった外側が割れることで、
死んでおらず、すぐに動き出したのでした。

そして、その様子を見ていたモモの助は人間の姿に戻り、錦えもんと感動の再会を果たします。

サンジが全員のために大きな鍋で99のバイタルレシピ、海ブタ肉入りホルモンスープを作りますが、
モモの助は子供ながらも武士の意地から食べようとしません。
ですが、父親である錦えもんが先に食べ始め、モモの助にも食べるように言ったことで、
モモの助もやっと食事を始めたのでした。

そして、スモーカーから海賊と馴れ合うなと釘を刺されていた海兵たちは、
ルフィたちとの間に線を引いて境界線を作っていたのですが、料理が出来たということで、
一時休戦だと海兵たちまで寄ってきます。

ですが、追っ手を心配して急ぐべきだとローはルフィに進言するのですが、
それでも、ルフィは海兵たちまで巻き込んでの宴を始めてしまうのでした。

キャンディを大量に食べてしまったモチャもローの手術のおかげで意識を取り戻し、
もう大丈夫なようです。子供たちの体のことは、たしぎがベガパンクにも相談してくれるようです。

パンクハザードは、戦いの後の体を癒すように、ルフィたち麦わらの一味、G5の海兵たち、
そしてシーザーの元部下たち、さらにはスモーカーやたしぎ、ローまで巻き込んで、
盛大に宴が繰り広げられるのでした。

ここまでがテレビアニメ第622話 感動の再会!モモの助と錦えもんのストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第621話 シーザーを捕獲せよ 将軍砲(ジェネラル・キャノン)炸裂 

シーザーを捕獲せよ 将軍砲(ジェネラル・キャノン)炸裂は、
ONEPIECE(ワンピース)アニメの第621話です。
テレビアニメ第621話 シーザーを捕獲せよ 将軍砲炸裂のストーリーのあらすじは、
ベビー5とフランキーの戦いは熾烈を極めていきます。

ベビー5が武器に変身してのフライング・ディスクや火炎放射器ファイヤー・ガールそして、
その炎をプロペラになるバッファローが風を送って強化させてフランキーを焼こうとしますが、
フランキー将軍は傷ひとつ付くことがありません。

ついに、ベビー5は鎌女(シックル・ガール)となり、それをバッファローが振り回して、
フランキー将軍に攻撃することでフランキー将軍の腕を貫きました。

ですが、その攻撃にもフランキーは動じることなく、サニー号のガオン砲を小型化した、
将軍砲(ジェネラル・キャノン)でバッファローとベビー5を砲撃します。
ジェネラル・キャノンの炸裂でバッファローとベビー5はかなりのダメージを受けますが、
それでもなお二人は立ち上がってきます。流石にドンキホーテファミリーの一員です。

ですが、二人がフランキーを再度倒そうとしたとき、
やっとルフィたちの乗ったトロッコが出口を飛び出し、フランキーたちの前に現れたのでした。

トロッコにルフィや麦わらの一味が勢ぞろいしていることや、ロー、そしてG5の面々を見て、
これでは分が悪いと判断したバッファローたちは、フランキーへの攻撃をあきらめ、
シーザーの奪還のみに専念します。そして、シーザーを奪い空を飛べるバッファローで、
ドレスローザへと帰還しようとしたのでした。

その様子を見て慌てるローでしたが、そこは狙撃手のウソップが「任せろ」と前に出ます。
さらには、ナミも逃げる敵なら怖くないとバッファローたちに狙いを定めます。

ナミは天候の卵(ウエザーエッグ)でバッファローたちの上空に雷雲を発生させ、
クリマタクトで天候の科学サンダー・ブリード・テンポを放ち逃げる3人に雷を落とします。

ナミの落雷によってベビー5は戦闘不能になりましたが、空を飛べるバッファローは、
それでもまだシーザーを守ろうとします。ですが、その間にウソップが、
黒カブトに水を与え成長(グローアップ)させ、さらにバクン草で瓦礫を喰らい、
瓦礫を弾代わりにして必殺の突撃流星群をバッファローとシーザーに浴びせるのでした。

それによりバッファローもトドメを刺され、シーザーはロギアのため瓦礫は利きませんが、
最後に瓦礫と一緒に海楼石の手錠も放っていたため、海楼石によってシーザーも自由が利かず、
シーザーたち3人とも海へと落下します。ついにシーザーの捕獲に成功したのでした。

ですが、その頃、ドフラミンゴはイトイトの実の能力で空を飛び確実に近づいています。
そして、ドフラミンゴだけでなく、巨大なペンギン、キャメルに乗った男もまた、
パンクハザードを目指して進んでいたのでした。

ここまでがアニメ第621話 シーザーを捕獲せよ 将軍砲炸裂のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第620話 絶体絶命!パンクハザード大爆発 

絶体絶命!パンクハザード大爆発は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第620話です。
テレビアニメ第620話 絶体絶命!パンクハザード大爆発のストーリーのあらすじは、
ジョーカーことドフラミンゴの命令でパンクハザードを大爆発させようとするモネ、
そして、パンクハザードは爆発の閃光に包まれたのですが、それはモネによるものではなかった。
起爆装置による爆発ではなく、D棟のSAD製造室が爆発を起こしたようです。

一方モネはジョーカーの命令通り、起爆装置のスイッチに手をかけますが、
スイッチを押す寸前のところで、苦悶に顔をゆがめ、その場に崩れ落ちてしまいます。

元々、ローはシーザーを信用させるため、自分の心臓をシーザーに渡し、
代わりにモネの心臓を持っていたのですが、スモーカーの心臓を手にしたときに、
シーザーにはスモーカーの心臓だと言ってモネの心臓を渡していたのでした。

ですから、シーザーがスモーカーを殺そうと心臓を突き刺したことでモネが倒れたのです。

しかし、D棟の爆発によって、トロッコの通路の崩落は一層激しくなり、
ルフィたちの脱出も危うい状況になってきます。
そして、やっと遠くに出口が見えたのですが、崩落は激しくなる一方で、さらには、
爆発によってどこからか進入したのか、背後にはシノクニまで迫ってきています。

また、外ではミサイル女(ミサイル・ガール)でフランキーを仕留めたつもりのベビー5でしたが、
フランキーのフランキー将軍はびくともしておらず、再びベビー5とフランキーの交戦となります。

ベビー5は武器変貌(ブキモルフォーゼ)で今度は拳銃女(レボルベル・ガール)となり、
フランキーを銃撃しますが、アイアンパイレーツ(鉄の海賊)フランキー将軍は頑丈です。
ジョーカーの部下、ベビー5、バッファローとフランキーの激しい戦いは続きます。

一方、モネの電伝虫の念波が途切れないまま、つまり爆発がないままモネと連絡が取れなくなり、
事態の異常を感じ取ったジョーカーは、単身、空を飛びパンクハザードへと向かったのでした。

ここまでがアニメ第620話 絶体絶命!パンクハザード大爆発のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第619話 大暴れ!無敵のフランキー将軍 

大暴れ!無敵のフランキー将軍は、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第619話です。
テレビアニメ第619話 大暴れ!無敵のフランキー将軍のストーリーのあらすじは、
バッファローとベビー5を発見したフランキーは、相手が何者かもわからないまま、
いきなりフランキー将軍の将軍の左(ジェネラル・レフト)で砲撃をしかけます。

攻撃された二人も相手が何かわからないままベビー5が持っていたガトリング銃で、
フランキー将軍を砲撃します。大量の銃弾を浴びてフランキー将軍がピンチのようです。
ベビー5も完全に破壊したつもりのようです。

そこでシーザーを回収しようとした刺客の二人でしたが、フランキーには傷ひとつなく、
将軍大丈夫(ジェネラルだいじょうぶ)と今度は将軍の盾(ジェネラル・シールド)を
ブーメランのように投げて反撃します。

そのフランキー将軍の強さに、ベビー5は自分の能力で戦いを開始します。
武器変貌(ブキ・モルフォーゼ)で剣女(エスパーダ・ガール)となり、
上半身を剣に変身させてベビー5はフランキーに襲い掛かりますが、
それさえもフランキーに防御されたため、今度はグルグル投射砲、
ミサイル女(ミサイル・ガール)でミサイルとなってフランキー将軍を攻撃します。

そのミサイルの爆風でシーザーが意識を取り戻します。
そしてローから預かっていたスモーカーの心臓を持っていたことを思い出し、
スモーカーだけでも道連れにして殺すことを考えます。

その頃、ルフィたちは、シーザーを探すため、そしてシノクニから逃れるためにも、
一刻も早く脱出するように主張するローの言うことを聞かず、まだ到着していない、
チョッパーやブルックたちを待っていました。
ウソップの機転で毒ガスの進入を防ぐため通路の扉は閉じ始め、
その扉が閉じる前に何とかR棟へと到着しようとするチョッパーとモチャ、そして、
ブルック、海兵たち。チョッパーたちもギリギリのところで全員がシノクニから逃れ、
扉が閉じきる前にR棟へと到着できたのでした。

そしてウソップはロビンからの依頼通り、シーザーの部下から海楼石の手錠ももらい、
シーザーの部下たちとともにルフィたちの待つ1階へと降りてきたのでした。
これで全員が集合です。ルフィたちは一路、研究施設の外を目指してトロッコを走らせます。

しかし、ルフィたちがトロッコで出口を目指していた頃、モネがジョーカーに連絡を入れます。
ジョーカーはモネにルフィたち全員を抹殺するため自爆することを指示しますが、
モネはもともとそのつもりだったらしく、その起爆装置のスイッチのところから、
ジョーカーに連絡を入れていたのでした。

起爆スイッチを起動させれば、4年前と同じ爆発が起こり、パンクハザードでは、
最早ガスに大丈夫なシーザー以外は生き残ることは不可能です。
ですが、全てを道連れにして死んでくれと、ジョーカーはモネに頼みます。

そんな非道なジョーカーの命令にも、モネは自ら進んで快諾します。
「了解!若様」とジョーカーことドフラミンゴを若様と呼び、
ドフラミンゴを自分の命よりも大切に思っているようです。

また、ドフラミンゴはヴェルゴにも連絡を入れ、一番付き合いの古い相棒であるヴェルゴと
別れの言葉を交わしますが、ヴェルゴもまたジョーカーの言葉に微笑んでいました。
ドフラミンゴはただのイカレタ海賊ではなく、部下との結束も非常に強いようです。

後は脱出するだけと出口を目指すルフィたちでしたが、
シーザーはスモーカーを殺すためにスモーカーの心臓めがけてナイフのようにとがった
金属片を振り下ろし、モネは起爆装置のスイッチに手をかけていたのでした。

そして、パンクハザードは爆発の閃光に包まれたのでした。

ここまでがテレビアニメ第619話 大暴れ!無敵のフランキー将軍のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第618話 襲来!ドレスローザからの刺客 

襲来!ドレスローザからの刺客は、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第618話です。
テレビアニメ第618話 襲来!ドレスローザからの刺客のストーリーのあらすじは、
怒りにまかせてシーザーをぶっ飛ばしたルフィでしたが、その様子は新世界の各地で、
映像によって闇の者たちに見られていました。

タマゴ男爵はペコムズにママ(ビッグマム)に知らせるように指示を出し、
他の者たちも動き出そうとしています。ジャックという新しい名前も口にされます。

その頃、シーザーの研究施設では麦わらの一味に海軍G5の海兵が協力し、
子供たちを助けるために全力でR棟を目指していました。
秘密の部屋の部下たちを味方につけたウソップが他の仲間たちを先導します。

しかし、錦えもんは一人シノクニを浴びてブルックに運ばれていました。
ブルックと錦えもんがモモの助を探す途中で別の子供たちを発見し、
その中の一人が検査室でモモの助のことを聞いていた少女だったのです。
その少女からモモの助が小さなドラゴンになったと聞き、自分の斬った小さなドラゴンが、
モモの助だったのではないかと思った錦えもんが逆走してシノクニにやられてしまったのです。

ルフィの待つR棟には子供たちを先導したナミがまず到着し、他の仲間たちを待ちます。
次いでサンジや子供たち、ゾロ、ロビンも到着します。ですが、チョッパーがまだです。

たしぎはスモーカーの心配をしていますが、スモーカーとローは脱出のため、
トロッコを引いてR棟へと向かっていました。そしてまもなくルフィたちと合流します。

一方シーザーはルフィにぶっ飛ばされて研究施設の外のタンカーのあたりまで飛んだのですが、
そこに丁度ドレスローザからの刺客、ドフラミンゴの部下バッファローとベビー5が到着します。

バッファローがその能力、突風又三郎で毒ガスを吹き飛ばしたタイミングで、
吹き飛ばされてきたシーザーを見つけ、バッファローはすぐにジョーカーに連絡を入れます。

ジョーカーことドフラミンゴは、バッファローに、すぐシーザーを回収して、
そのままドレスローザに帰還するよう命じます。シーザーさえ手中にあれば、
SADはまた作れるからです。

ジョーカーの命令通り、シーザーを回収しようとした二人の刺客でしたが、
毒ガスで誰も生存出来ないはずのタンカーの甲板の上に何か動くものを発見します。

タンカーの甲板の上には、ロボ、フランキー将軍に身を包んだフランキーがいたのでした。

ここまでがテレビアニメ第618話 襲来!ドレスローザからの刺客のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第617話 シーザー撃破!最強の灰熊銃(グリズリー・マグナム) 

シーザー撃破!最強の灰熊銃(グリズリー・マグナム)は、
ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第617話です。
テレビアニメ第617話 シーザー撃破!最強の灰熊銃(グリズリー・マグナム)の
ストーリーのあらすじは、ローに真っ二つにされたヴェルゴですが、ローの能力のため、
まだ生きています。そしてローに反撃をしますが、結局ローの手によってバラバラにされます。

ですが、ヴェルゴはローに「お前は『ジョーカーの過去』を知らない。それが必ず命取りになる」
と意味深な発言を残します。

一方、研究施設を斬られたのはローの仕業だと判断したシーザーは、
2階の秘密の部屋に残っている部下に換気口を開き、シノクニを中に入れるよう命じます。

R棟の1階の換気口を開いてシノクニを入れてしまっては、ルフィたちはもちろんのこと、
シーザー以外の部下たちの命もないため、部下たちは換気口を開くことを躊躇します。
シーザーはそこで本性を現し、部下たちをモルモット呼ばわりして命令し部下を罵倒しますが、
秘密の部屋では、それでもシーザーを信じたい部下が、シーザーの今の態度は、
ルフィたちを欺くためだけの芝居だと判断して換気口を開きシノクニを入れてしまいます。

ですが、シノクニが中に入ってくることで、ガスガスの実の能力者のシーザーはそれを、
自分自身に取り込み、体も大きくなり、シノクニの力まで自分の物としてしまいます。
そして、1階にいた部下たちを次々と手にかけていくのでした。

流石にその様子を見て、2階にいる部下たちもシーザーの本性がわかったようです。
ルフィはその様子を見て、茶ひげのことをモモの助に頼み、自分はシーザーの反対側へと走ります。

2階の秘密の部屋では、シーザーの部下たちがシーザーの本性に深く傷ついていますが、
その場にいたウソップは、ルフィが必ずシーザーを倒してくれるから、それを信じて、
お前たち(シーザーの部下たち)も、ウソップに協力するように説得するのでした。

シーザーやシーザーの部下たちは、ルフィがその場から逃げ出したと思ったようですが、
当然のようにルフィは単に助走をつけただけで、再びシーザーのもとへと駆け戻ると、
ギア3と武装色の覇気を使った最強の灰熊銃(グリズリー・マグナム)で、
シーザーを、R66の扉ごと撃破するのでした。

シーザーはルフィの攻撃により、気絶し、通路の奥へと吹き飛んでしまいました。

ここまでがテレビアニメ第617話 シーザー撃破!最強の灰熊銃のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第616話 衝撃の決着!白猟(スモーカー)VS(たい)ヴェルゴ! 

衝撃の決着!白猟(スモーカー)VS(たい)ヴェルゴ!は、
ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第616話です。
テレビアニメ第616話 衝撃の決着!白猟(スモーカー)VS(たい)ヴェルゴ!の
ストーリーのあらすじは、マスターことシーザー・クラウンに怒りの一撃を食らわしたルフィ、
そのルフィの一撃で鼻を折りながらも、まだルフィにたいして自分のバックの凄さを語るシーザー。

さらには、ルフィを油断させ、自分に近寄らせ、鉄をも溶かすガスバーナーの大技、
ガスティーユでルフィを倒そうとしたシーザーでしたが、それもルフィは難なくかわします。

そして、シーザーは今度は自分のバックだけでなく、今ここにも怪物がいることを話し出します。
その怪物(化け物)とはヴェルゴのこと。ヴェルゴが本気になれば、ローも、そして、
白猟のスモーカーも、ルフィたちも全員殺されると言い出しますが、それも関係ないと、
ルフィはシーザーにもう一撃喰らわせます。

その頃、その怪物ヴェルゴは白猟のスモーカーと戦っていました。
あのスモーカーに対して、ヴェルゴは「お前程度では俺に勝てない」と言い切ります。
基礎的な戦闘力も覇気も、スモーカーよりも自分(ヴェルゴ)のほうが上だと。

スモーカーも武装色の覇気をまとい、ヴェルゴに善戦しますが、
ヴェルゴの言葉通り、ヴェルゴに決定的なダメージを与えることは出来ません。
それどころか、スモーカーの武装色の覇気をまとった渾身の一撃も、
同じように武装色の覇気をまとったヴェルゴにはまったく通用せず、逆に返り討ちとなります。

その場にいた王下七武海のローも、自分の心臓をヴェルゴに握られているため、
本気でヴェルゴと戦闘をすることが不可能な状況です。

大きなダメージを負ってしまったスモーカーでしたが、たしぎの言葉を思い出し、
戦い方を変えたのでした。ヴェルゴに対してモクモクの実の能力をフルに使って戦い始めます。
格上の覇気使いであるヴェルゴに対して煙になるということは攻撃される面積を増やすだけ、
つまり、スモーカーにとって一層不利な戦いとなるはずですが、
力を振り絞り、煙となって必死にヴェルゴと戦うスモーカーに対して、
ヴェルゴは必殺技、鬼・竹(おにたけ)で、スモーカーの十手を叩き折り、
スモーカーをその場に倒してしまいます。

ついにヴェルゴに敗北してしまったスモーカーでしたが、スモーカーの目的は別だったようです。
煙となったスモーカーの手は、ヴェルゴからローの心臓を奪い、ローへと届けていたのでした。

心臓が自分に戻り、本気でヴェルゴと戦えることになったローは、
電伝虫で状況を聞いているであろうジョーカーことドフラミンゴも挑発します。

ですが、ドフラミンゴは余裕でローに返答をしています。
ドンキホーテ・ドフラミンゴは、絶大な信頼をヴェルゴにおいているからです。

とうとうローの挑発がヴェルゴを本気にさせてしまいました。
ヴェルゴは、あのスモーカーとの戦いでさえも、手を抜いたまま戦っていたのでした。
本気になったヴェルゴはその全身に武装色の覇気をまとい、ドフラミンゴの言葉では、
ローのぶった切りの能力でも斬ることは不可能だということです。

しかし、トラファルガー・ローの成長はドフラミンゴたちの想像をはるかに超えていたようで、
全身を武装色で硬化させたヴェルゴを、ローは真っ二つに斬り裂いたのでした。

ヴェルゴだけでなく、SAD製造機も、そして研究施設さえも巻き込んで、全てを切り裂く、
圧倒的な力でローはヴェルゴに勝利し、戦況を大きく動かしたのでした。

SADとはゾオン系(動物系)人造悪魔の実であるSMILE(スマイル)の原料で、
そのSADを作れるのはシーザーしかいない。シーザーがルフィに倒されれば、
SAD製造機を壊した今、ドフラミンゴはもうスマイルを作ることが出来ないのです。

ここまでがテレビアニメ第616話 衝撃の決着!白猟VSヴェルゴ!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第615話 茶ひげ悲痛!ルフィ怒りの一撃 

茶ひげ悲痛!ルフィ怒りの一撃は、ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第615話です。
テレビアニメ第615話 茶ひげ悲痛!ルフィ怒りの一撃のストーリーのあらすじは、
ルフィ、そして麦わらの一味、海軍G5の海兵たち、さらには茶ひげは、それぞれの目的のため、
それぞれにシーザーの研究施設内部を進んでいました。

その中で真っ先にシーザーの罠であるR棟1階に到着したのは茶ひげでした。
シーザーの本性を知った茶ひげは、映像電伝虫で監視されていることを見て取ると、
他のシーザーの部下たちにもシーザーの正体を知らせようと話をはじめます。

それを見たシーザーは、部下たち100人ほどを伴い、自らが茶ひげのいる1階へと現れます。
目の前に現れたシーザーの部下たちに、シーザーの本性を教えようとする茶ひげでしたが、
シーザーによって筋肉弛緩剤を注射され、まともに口を動かすことも出来ず、
シーザーの悪事を伝えられません。そしてとうとう体の自由も利かなくなりその場へ倒れます。

ですが、それを見て安心したシーザーは、茶ひげの部下を見捨てたことや、さらには、
4年前のパンクハザードでの毒ガス暴発事故が、実はベガパンクではなく自分の仕業であること、
つまり、自分で傷つけた者たちを実験のために救ったふりをしただけということも暴露します。

それを聞いた茶ひげは怒りにふるえ、自由の利かない体を無理やり動かしシーザーに攻撃します。
ですが、その茶ひげの様子を、ルフィたちに操作されたとシーザーは言い、そして、
部下たちに被害が及んではいけないと、部下たちに茶ひげを撃つように命令します。

もともと仲間だったはずのシーザーの部下たちに砲撃され、その場に崩れ落ちた茶ひげに、
シーザーはトドメを刺そうとガスタネットを茶ひげにくらわそうとします。
しかし、丁度そのとき、その場にルフィが到着し、茶ひげを救ったのでした。

そして、ルフィはシーザーに対して「この島は、いったい何なんだ?」と問いますが、
シーザーは、パンクハザードはガスや空気のように「ない様である島」だと言います。
ないはずの島が存在するからこそ、闇と密接に関係できると。

シーザーのバックには闇の者たち、王下七武海で最もやばい男、ドフラミンゴをはじめ、
新世界の大物たちがいる。自分は彼らに守られていると語ります。

つまり、自分(シーザー)に手を出すということは、その大物たちに喧嘩を売ることになる。
そんなことになれば、ルフィたちなどひとたまりもない。そんな喧嘩が売れるかと、
シーザーはルフィを威嚇するつもりで余裕を持って挑発しますが、ルフィは、

「喧嘩?そんなもん、今までいくらでも売って来た」

と言い、モモの助から聞いた子供たちの不幸や、挑発に対する怒り、さらには、
騙されていた頃に、茶ひげがどれだけシーザーを慕い尊敬していたかも知っているため、
茶ひげの悲痛な無念も込めて、シーザーに渾身の怒りの一撃を喰らわせるのでした。

ここまでがテレビアニメ第615話 茶ひげ悲痛!ルフィ怒りの一撃のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第614話 友達を守る!モチャ命がけの逃走 

友達を守る!モチャ命がけの逃走は、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第614話です。
テレビアニメ第614話 友達を守る!モチャ命がけの逃走のストーリーのあらすじは、
他の子供たちに猛毒のキャンディを食べさせまいと必死で逃げるモチャ、そして、
モチャを追う子供たちをロビンと協力して鎮静剤を注射して食い止めようとするチョッパー。
ナミはミルキー・ボールでモチャを追う子供たちを食い止めますが子供たちは止まりません。

そうこうしているうちにモチャは自分の知らない場所へと逃げてきてしまいます。
どこへ逃げれば良いかわからないモチャのもとへ先回りしていた子供たちが襲い掛かります。

それに気づいたチョッパーたちも、ナミとロビンの力で子供たちを止めようとしますが、
どうしても子供たちを止めることが出来ません。
もうどうしようもないと判断したモチャは、キャンディが猛毒であることを承知の上で、
持っていたキャンディの全てを自分の口に入れてしまいます。

それを見たチョッパーは、すぐにキャンディを吐き出すように叫びますが、
友達を守りたいモチャは、友達に食べさせるよりも自分を犠牲にすることを選んだのでした。

子供たちを止めるためには鎮静剤を打つしかないのですが、
モチャを助けることを優先したいチョッパーは、鎮静剤を注射することも出来ません。
このままではモチャの命が危ない。どうすれば良いか迷っているチョッパーたちの前に、
海兵を引き連れたサンジがやっと追いつきます。

そして、海兵の医療班を使い、モチャ以外の子供たちに鎮静剤を注射させます。
モチャを治療のために検査室に運ぶためにも海兵がチョッパーに協力します。

その頃、C棟1階のダストボックスでは、地下から登ってきたルフィが姿を現します。
そして、シーザーの部下たちを覇王色の覇気で一気に倒し、
残した部下の一人からシーザーの居場所を聞き、R棟にいるシーザーのもとへと向かうのでした。

ここまでがアニメ第614話 友達を守る!モチャ命がけの逃走のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第613話 奥義炸裂!ゾロ最強の一刀流! 

奥義炸裂!ゾロ最強の一刀流!は、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第613話です。
テレビアニメ第613話 奥義炸裂!ゾロ最強の一刀流!のストーリーのあらすじは、
たしぎの指示で子供たちを追うことになったサンジとG5の海兵たちですが、
残ったたしぎは、ゾロでは負けはなくとも勝ちがないと考えてのことだったようです。

たしぎは以前にゾロと対峙したときの経験から、
ゾロもまたサンジ同様に女に甘いことを知っていたのです。

ですから、女であるモネに対して本気になれないゾロではモネに勝つことが出来ないと考え、
たしぎは自分がモネにトドメを刺すべくゾロとともにモネと戦うことを選んだのですが、
たしぎにそれを見透かされたゾロは、共闘ではなく、たしぎ一人でモネと戦わせ、
自分はそれを出口のところで傍観することとして、ゾロはその場に座り込んでしまいます。

そのため、たしぎにならば勝てると判断したモネは、安心してたしぎに襲いかかります。
たしぎの力を舐めているモネは、雪兎(ゆきラビ)でたしぎを倒そうとしますが、
流石にたしぎも剃(そる)を使いこなし、攻撃をかわすため、モネも本気になります。

モネは雪嵐(ふぶき)でたしぎの動きをとめ、刀をはじき、刀を失ったたしぎに襲い掛かります。
刀を失い、なす術のないたしぎのピンチに、ついにゾロが動きます。
ゾロは、モネに対して覇気をまとった斬撃を放ったのでした。モネの顔に切り傷が出来ます。

たしぎの言葉もあり、ゾロが女を斬ることはないと安心していたモネの計算が狂います。
モネに向かって歩みを進めるゾロに恐怖して逃げようとするモネでしたが、
ゾロの圧倒的な強さと殺気で恐怖に足がすくみ動くことさえ出来なくなったモネに対して、
ゾロは一刀流奥義、大辰撼(だいしんかん)で、モネを真っ二つに斬り裂いたのでした。

ゾロが女性を斬ったことに驚くたしぎでしたが、モネがまだ生きていることに気づきます。
ゾロは覇気を使わずにモネを斬ったようです。

ですが、覇気をまとっていたら確実にモネは死んでいたという事実と、
圧倒的な強者であるゾロに対する恐怖心から、モネは体の自由が利かない状態でした。

それでも手を抜かれたということへの怒りから、再びゾロに攻撃をしようとしたモネを、
今度はたしぎが覇気をまとった斬時雨(きりしぐれ)斬り、モネを倒します。

こうしてモネを倒すことが出来たゾロとたしぎは先に進もうとしますが、
たしぎの受けた傷が意外と深く、たしぎはその場に倒れてしまいます。

その頃、ルフィは、モモの助をかついだまま、壁にパンチでくぼみを作りながら、
確実に出口に向かって上っていたのでした。

ここまでがテレビアニメ第613話 奥義炸裂!ゾロ最強の一刀流!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第612話 吹雪の死闘 麦わらの一味VS雪女 

吹雪の死闘 麦わらの一味VS雪女は、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第612話です。
アニメ第612話 吹雪の死闘 麦わらの一味VS(たい)雪女のストーリーのあらすじは、
ロギアの能力者モネをゾロが止めることとして、ナミたちは子供たちを止めようとしたのですが、
子供たちはB棟3階にあるビスケットルームから部屋の外へと行ってしまいました。

モチャは、子供たちにこれ以上キャンディを食べさせないようにというチョッパーの言葉を守り、
キャンディを抱えて他の子供たちから必死に逃げます。

モチャは、ここでの患者第一世代、つまり最初の実験体だったようです。
その後に入ってきた子供たち、ウズ、ドラン、コンブたちとの出会いを思い出し、
優しかった友達の子供たちが元に戻ってくれることを願いつつ必死で逃げるモチャ。

そして、以前は優しかったモネの豹変にもショックを受けつつ、
ひとり悲しみを背負って逃げるモチャでした。

ゾロがロギアのモネの相手をすることになったため、子供たちを追いかけようとする、
ナミ、ロビン、そしてチョッパーでしたが、モネがそれを許しません。

モネは、ゾロとの戦いを放棄してナミたちを襲います。
ナミのピンチにゾロがモネの攻撃を食い止めますが、モネは雪垣(ゆきがき)で出口を閉ざし、
万年雪(まんねんゆき)でナミの動きを止め、再度ナミとチョッパーを襲います。
動きを封じられたナミとチョッパーに襲い掛かるモネに今度はロビンが、
四本樹(クロトワ・マーノ)スパンクで食い止め、その間にゾロが出口を切り裂き、
ナミたちを先に行かせます。

ビスケットルームで2人となったゾロとモネは壮絶な戦いを始めます。

モネはロギア(自然系)の能力を使い、たびら雪、肌刀(はだがたな)でゾロに攻撃しますが、
ゾロはただモネの攻撃を受けるのみです。

その頃、何故か急に空を飛び始めたモモの助に乗り、あと少しで出口というところまで来た
ルフィでしたが、モモの助が空腹のあまり気絶してしまい、再び下に落下してしまいます。

ゾロとモネはモネの一方的な攻撃を受けるのみのゾロに、勝機を見出したモネでしたが、
その場に海兵を率いるサンジが現れます。
ゾロはサンジたちに子供を追うように言うのですが、それを阻止しようとモネは海兵も襲います。

美女の人面鳥(ハーピー)だと喜んで見ていた海兵をモネが襲いかかり、
ひとりの海兵の肩を食いちぎります。そして次々と海兵を襲うモネに、
遅れて到着した大佐のたしぎが斬りかかる。覇気が使える剣士のたしぎの攻撃は、
ロギアのモネにも有効なのです。

毒ガス、シノクニは一旦ビスケットルームの入り口で止めたようです。
たしぎは海兵たちに先に子供たちのところへ行くように命じます。

そして、ここには自分が必要だと言って、たしぎが雪女モネと対峙します。

ここまでがテレビアニメ第612話 吹雪の死闘 麦わらの一味VS雪女のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第611話 小さなドラゴン!モモの助現る 

小さなドラゴン!モモの助現るは、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第611話です。
テレビアニメ第611話 小さなドラゴン!モモの助現るのストーリーのあらすじは、
地下のゴミ箱でしゃべる龍に出くわしたルフィでしたが、龍が元は人間だったと語ります。

龍の名前はモモの助。当然ルフィも聞き覚えのある名前ですが、思い出せません。
錦えもんの息子のモモの助が地下のゴミ箱にいたのでした。

もともと事情があって密航した船が、ここパンクハザードへ子供たちを運ぶための船だったため、
モモの助もビスケットルームへと連れていかれたのですが、子供で武士としてのプライドから、
何も食べず、そして、自力で脱出しようとして、秘密の部屋へと迷い込んだのでした。

その秘密の部屋で空腹のあまりベガパンクの失敗作と言われる人造悪魔の実を食べてしまい、
その結果、小さなドラゴン(龍)へと変身をしてしまったのでした。

その後、研究施設内をさまよっているときに、シーザーの企てを偶然聞いてしまったため、
モモの助は自分に親切にしてくれた子供たちにシーザーが悪者だと伝えようとして、
ビスケットルームを探すうちにゴミ箱へと隠れたとき、地下のゴミ箱へと落下したそうです。

モモの助が聞いたシーザーの話とは、5年以内に子供たちは全員死ぬだろうが、
それも自分の実験のためだから仕方のない犠牲で、実験のための子供はまた集めれば良い。
というものでした。

その話を聞いたルフィも怒り、モモの助とともに壁を登り外へ出ることを決意します。
しかし、そのとき、空腹で倒れたかに見えたモモの助が何かにおびえるように、
急に動き出したかと思うと、まるで何かから逃れようとするかのように、
空を飛び始めたのでした。ルフィは、そのモモの助に飛び乗り、上を目指します。

その頃、他の面々も各自、それぞれの役割を果たそうとしていました。
ウソップたちは海楼石の手錠とモモの助探し。

サンジは海兵たちをビスケットルームへと誘導。
そしてスモーカーは、ヴェルゴと激しい戦いの最中です。

ビスケットルームでは、モネに妨害されてモチャを追う子供たちを足止めが出来ません。
それだけでなく、足止めをしようとしたロビンがモネの攻撃に倒れてしまいます。

再度ロビンに襲い掛かるモネでしたが、それを止めたのはゾロでした。
モネはロギア(自然系)悪魔の実の能力者です。ですから、モネはゾロが止めると言い、
ナミたちには、子供たちを追うように指示を出したのでした。

ここまでがテレビアニメ第611話 小さなドラゴン!モモの助現るのストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第610話 ぶつかる拳!二人の中将の戦い 

ぶつかる拳!二人の中将の戦いは、アニメONEPIECE(ワンピース)の第610話です。
テレビアニメ第610話 ぶつかる拳!二人の中将の戦いのストーリーのあらすじは、
ビスケットルームに現れたモネによって子供たちの救出を妨害されていますが、
ロビンはウソップとブルックに、海楼石の手錠を探すように頼みます。

それはルフィに頼まれていたものだったのです。ルフィが耳打ちしたのは、これだったようです。
そして、錦えもんもまたモモの助を探すためウソップたちとともに探しに出たのでした。

王下七武海ローのピンチに登場したスモーカー中将はヴェルゴと部下たちが会うことを懸念しますが、
既にヴェルゴは部下たちに会い、部下たちに手出しをしたことを知り激怒します。

ヴェルゴとスモーカーの激しい戦いが始まります。

その頃、G5の海兵たちはサンジとともにB棟の炎の中を先に進んでいました。
たしぎを助けたことでサンジはすっかり海兵たちに気に入られ「兄貴」と呼ばれています。
そうこうしているうちに、ドラゴンの炎がタンクに引火して外壁が壊れシノクニが浸入してきます。

その危機に、サンジが指揮をとり、たしぎに道案内をさせ先へと急ぎます。

その様子をモニターで見ていたシーザーは、R棟に全員を導くため、C棟とD棟へのゲート閉じる。
シーザーのいる「秘密の部屋」とはベガパンクの元所長室のようです。

4年前のガス爆発は、すべてシーザーがやったもの、それをベガパンクのせいにして、
部下たちには、ルフィたちやG5の海兵たちをR棟へと集合させ、
そこで閉じ込めた後に外気を取り込み、シノクニで全滅させるように指示を出します。

一方、地下のゴミ貯めに落ちたルフィは、腹を減らしたため、何か食い物がないかと、
あたりを探し始めますが、その音に、同じくゴミ貯めにいた者が姿を現します。

しかし、姿を現したのは、なんと言葉をしゃべる龍だったのです。

ここまでがテレビアニメ第610話 ぶつかる拳!二人の中将の戦いのストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第609話 ルフィ凍死!?恐怖の雪女モネ! 

ルフィ凍死!?恐怖の雪女モネ!は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第609話です。
テレビアニメ第609話 ルフィ凍死!?恐怖の雪女モネ!のストーリーのあらすじは、
SAD製造室へと侵入したローでしたが、SAD製造機を破壊する前にヴェルゴが来てしまいます。
ローとヴェルゴの戦いになりますが、王下七武海のローが一方的にやられるほど、
ヴェルゴの戦闘力は相当なものです。

その頃、ルフィは雪女モネに足止めをされていました。
戦闘力では圧倒的にルフィが上なのですが、能力の相性が悪くなかなか反撃出来ません。
ふいをつかれ、モネに抱きしめられると、ルフィの力も抜け、体が凍り付いてしまいます。

モネに抱きしめられると力が抜け、凍死にいたるようです。
そして、ルフィはついにその場に倒れ、次第に眠りに落ちて行きます。
このまま眠ってしまっては凍死は確実。後わずかで完全に眠りに落ちてしまうとき、
ルフィの闘志を掻き立てたのは、思い出した仲間たちから激励された言葉でした。

凍死寸前のところで、ルフィは死力を振り絞り、モネへの反撃をするため、
モネを捕らえ、さらに、戦いを有利にすべく、床をぶち抜いたのでした。
しかし、運悪く、床の下にフロアはなく、そこはダクトで地下のゴミ箱へと直行でした。
そこから脱出するには飛ぶ能力が無い限り無理なようです。

一方、モンスター化して子供たちを止めていたチョッパーは、必死に子供たちを止めるも、
ついにランブルボールの効力が切れ、モンスター化した反動で動くことも出来ない状態です。

ビスケットルームではモチャが一人、キャンディを守っているはず。
なんとかしなくては、というところに、ゾロやナミたち、仲間が駆けつけたのでした。

ビスケットルームでは、モチャが一人で他の子供たちにキャンディを渡さないように頑張り、
そこに、麦わらの一味も到着し、なんとか子供たちを食い止めようとしたのですが、
その場にまた、ルフィの足止めを終えたモネが現れたのでした。

また、シーザーは一人で「秘密の部屋」へとやってきて、何かをたくらんでいるようです。

検査室では、少女がモモノスケのことを聞いていましたが、
モモの助は元気だと、適当に少女を騙し、少女をビスケットルームへと帰らせますが、
本当に錦えもんの息子、モモの助は大丈夫なのか?

ヴェルゴと戦闘中のローも、ほとんど一方的にヴェルゴにやられています。
さらには、ローの心臓も、ヴェルゴの手の中、それを利用しなくとも、ヴェルゴの戦闘力は圧倒的。
さすがのローもなす術もなく、ぼろぼろにされていきます。

しかし、そのローの窮地の場に、やっとスモーカー中将が到着したのでした。

ここまでがアニメ第609話 ルフィ凍死!?恐怖の雪女モネ!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第608話 闇の黒幕!ドフラミンゴ動く! 

闇の黒幕!ドフラミンゴ動く!は、ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第608話です。
テレビアニメ第608話 闇の黒幕!ドフラミンゴ動く!のストーリーのあらすじは、
SAD製造室に侵入したローはSADの製造機械を前に、
「こいつが、やがて新世界を揺るがすことになる」という言葉をつぶやきます。
いったいSADとは何なのか?

G5の海兵たちはサンジの心配をしますが、無情にもゲートが閉じてしまいます。
サンジは逃げ遅れたかに見えたのですが、サンジは取り残された海兵2人を抱えて、
月歩(げっぽ)で飛んで逃れていたようです。

海兵たちの前に現れたサンジに、海兵たちも喜びます。すっかり海兵もサンジの味方です。
ですが、サンジもあのまま戦っていたら危ないところだったようです。
ヴェルゴとはそれほどの相手のようですが、あのヴェルゴを本物のヴェルゴと思えない海兵たちに、
たしぎは、偽者であることに同意し、それより子供たちの救出に急ぐよう指示を出します。

その頃、ヴェルゴは闇の黒幕ジョーカーことドフラミンゴに電伝虫で連絡を取ります。
ドフラミンゴは新世界のドレスローザから、ヴェルゴに、指令を出します。
このままではローがSAD製造室を破壊してしまう。そしてシーザーまで殺されては、
SADを作れる者がいなくなるため、ローを抹殺するようにと。

それを承知したヴェルゴはローを抹殺すべくローの元へと向かいます。

さらにドフラミンゴはモネとシーザーにも指令を出し、ルフィにも気をつけるように、
そして、援軍として部下のベビー5とバッファローを向かわせることを告げるとともに、
ルフィが覇王色の覚醒者であることも伝えます。

モネはルフィを足止めすることに専念します。
モネはユキユキの実の能力者で雪を自在に操ることが出来ます。
そのモネの攻撃や不思議な能力にルフィも翻弄されてしまいます。

その頃、チョッパーはビスケットルームのキャンディの処分をモチャに頼み、
自分は子供たちを食い止めることに専念することにします。

また、ゾロたちは、あの小さいドラゴンの攻撃にあっており、そのままでは研究施設が破壊され、
外壁が壊れてシノクニが進入してきかねません。

そこで何故かドラゴンに遺恨のあるという錦えもんが立ち上がり、
ナミ、ウソップのラフレシア、そしてロビンの連携でドラゴンを落下させ、
ブルックと錦えもんの二人でドラゴンを倒します。

何故か錦えもん(きんえもん)は、ドラゴンを親の仇と言っても良いほど憎んでいるようです。

ともかく、ドラゴンを倒した麦わらの一味は先に進むとチョッパーがモンスター化して、
子供たちを食い止めているところに遭遇します。

その頃、B棟2階の検査室では、ひとりの少女が検査を受けていました。
検査は終わり、ビスケットルームに戻るように言われるのですが、
少女がシーザーの部下に向かって驚きのことを言い出したのでした。

「そういえば、あの子どこへ行ったの?」

と。「あの子」とは?
さらに続けて、こう言ったのでした。

「入っちゃいけない秘密の部屋に入って、小さいドラゴンに変身しちゃった、『もものすけ』って子」

と。もものすけとは錦えもんの息子の名前なのでは?
小さなドラゴンとは、たった今、錦えもん自らが倒したドラゴンのことなのか?

ここまでがテレビアニメ第608話 闇の黒幕!ドフラミンゴ動く!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第607話 白熱の激戦 ルフィVSシーザー 

白熱の激戦 ルフィVSシーザーは、ワンピース(ONEPIECE)テレビアニメの第607話です。
アニメ第607話 白熱の激戦 ルフィVS(たい)シーザーのストーリーのあらすじは、
スモーカーとともにシーザーのいる部屋に到達し、いきなりシーザーに一撃を喰らわせたルフィ、
そして、スモーカーはヴェルゴを探して部屋を後にするが、ルフィとシーザーの激しい戦いになる。

シーザーの酸素をなくし呼吸が出来なくする戦いにルフィは苦戦しますが、
呼吸が出来なくなる範囲には限りがあるようです。
ですから、その一定の距離を保っての戦いとなるのですが、
なかなかシーザーも一筋縄ではいきません。

距離を取り攻撃をするルフィに、接近戦で挑むシーザー、戦いは白熱し、激戦となっていきます。

その頃、たしぎを救うため何故か舞い戻ったサンジはヴェルゴと交戦を始めます。
こちらもサンジがヴェルゴと互角以上ともいえる激戦を繰り広げます。
双方蹴りの応酬で、海兵たちも、何故海賊であるサンジが自分たちを助けるのか不明ですが、
サンジが頼りになることに安心します。

一方、ゾロたちは依然としてドラゴンに襲われていますが、同時刻、D棟のSAD製造室前には、
王下七武海のトラファルガー・ローが一人で現れます。

ルフィとシーザーの戦いは、以前にシーザーが毒ガスでの攻撃ガスローブはルフィに効かないと、
既に学習済みのため、周りの酸素を抜く無空世界(カラクニ)や燃焼系「ミオークGAS」など、
ルフィに有効な技で対抗します。
当然ガスを起爆させるガスタネットも使用しつつ、接近戦のために、ガスで剣を作る、
青炎剣(ブルーソード)も使い、ルフィに距離を取らせません。

それでも、ルフィはギア2のスピードと武装色の覇気を使い必死に交戦し、
ついに、シーザーを追い詰め、武装色の破棄を纏ったガトリングでトドメを刺そうとしたとき、
シーザーを秘書のモネがかばいます。モネの能力によって雪のカマクラがシーザーを覆い、
ルフィのガトリングを阻止したのでした。

モネがルフィを引きつけている間に、シーザーはその場から逃げることとしたのですが、
SAD製造室についに侵入したローに、D棟から全棟に向けてその知らせは入ると、
シーザーはやっとローの狙いに気づいたようです。

サンジと戦っていたヴェルゴもそれを聞き、ローの目的を察知してサンジを置いて、
D棟へと駆けつけます。それほどにローの目的は新世界全体を巻き込む大事のようです。

サンジはたしぎと海兵は逃がしたものの、自分はシーザーの計略にはまり、
A棟とB棟の間の連絡通路に閉じ込められる寸前で、A棟からはシノクニが迫っています。

ローのSAD製造室侵入により、パンクハザードは事態が大きく動きました。

ここまでがテレビアニメ第607話 白熱の激戦 ルフィVSシーザーのストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第606話 裏切りの中将!鬼竹のヴェルゴ 

裏切りの中将!鬼竹のヴェルゴは、アニメ、ワンピース(ONEPIECE)の第606話です。
アニメ第606話 裏切りの中将!鬼竹(きちく)のヴェルゴのストーリーのあらすじは、
たしぎ大佐のおかげで先を急ぐことになった麦わらの一味は茶ひげに乗って先に進む。

そして、部下たちの自分を思う犠牲の上に命を永らえた海軍大佐のたしぎは、
部下たちの犠牲を悲しみ、その場に立ち竦んでしまいます。

ですが、生き残った部下たちが、
「自分たちが生きて事態を海軍本部に連絡しなければ、犠牲になった仲間もうかばれない」
と、たしぎを諭し、たしぎも前に進むことを決意します。

しかし、やっと前に進む決意をしたたしぎたちG5の海兵たちの前に、突如、
あのゾロたちがつれてきたドラゴンが凶暴になって襲い掛かります。

空を飛び、火を吹き、さらには鋼鉄をも噛み砕くあごと牙を持ったドラゴン。
パンクハザードの護衛のためにベガパンクが人工的に作った幻獣のようですが、
海兵たちもなす術がありません。

ところが、その凶暴なドラゴンが何かにおびえるかのように、いきなりその場を去ったのでした。

ドラゴンが去った後には、海軍G5の基地長でもあるヴェルゴ中将がいたのでした。
どうやら、ドラゴンはヴェルゴを恐れて逃げ出したようですが、何も知らない海兵たちは、
自分たちがスモーカー同様に信頼する上官ヴェルゴ中将の登場に大喜びです。

一人ヴェルゴの正体を知る大佐のたしぎは「逃げて!」と叫びますが、時既に遅く、
ヴェルゴは部下たちを次々とCP9も使っていた体術、六式の指銃(しがん)で倒してしまう。
事態が把握できない部下の海兵たちは次々とヴェルゴの攻撃を受けてしまいます。

今までのヴェルゴの基地長としての表の顔も充分に知っているたしぎは、
しばし攻撃を躊躇してしまいますが、部下を守るため、ついにたしぎもヴェルゴに立ち向かいます。

ですが、たしぎでさえもまったくヴェルゴには歯が立たず、一瞬にして倒されます。
その様子を見て、海兵たちはヴェルゴを偽者と断じます。
何故なら、はみ出し者の自分たちを唯一まともに相手にしてくれた恩人がヴェルゴだったからです。
ヴェルゴの正体を知らない部下たちは、偽者と思い込み、次々とヴェルゴに挑みますが、
当然まったく相手になりません。それを助けたいたしぎも身体も動かず声も出ません。

その悔しさに涙し、心の中でスモーカーに助けを求めるたしぎでしたが、
そのたしぎの心の声を聞き、渦中に登場したのは、なんとサンジでした。(笑)
「女の涙の落ちる音がした」と語りたしぎを助けるためにサンジが戻ってきたのでした。

サンジとヴェルゴの戦いになりそうです。

その頃、先を進んでいたゾロたちのところへは、あのドラゴンが襲い掛かっています。
また、一人で研究所内にいたチョッパーは、唯一少しだけの正気を保っていた子供の、
モチャが外へ出ようとしているところを発見します。

チョッパーはモチャに鎮静剤を打ち、事情を聞き、モチャの案内でビスケットルームへ急ぎます。
たまたまモチャはビスケットルームへの近道を知っていたため、他の子供たちの先回りが出来て、
チョッパーとモチャの二人で、扉を閉じ、子供たちをキャンディのあるビスケットルームへ
行かせることを阻んでいます。

ルフィは、スモーカーとともにシーザーの所を目指しています。
ヴェルゴが部下たちのところへと向かったことを知らないスモーカーは、
ヴェルゴもまたシーザーとともにいると判断したからです。

シーザーの部屋に到着したルフィとスモーカーは、二人で部屋に踏み込みますが、
そこにいたのはシーザーと秘書のモネだけでした。

シーザーに向かって、ルフィが怒りのパンチをくらわせます。

ここまでがテレビアニメ第606話 裏切りの中将!鬼竹のヴェルゴのストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第605話 たしぎの涙 G5決死の突破作戦 

たしぎの涙 G5決死の突破作戦は、アニメ、ワンピース(ONEPIECE)の第605話です。
テレビアニメ第605話 たしぎの涙 G5決死の突破作戦のストーリーのあらすじは、
シーザー誘拐のためシーザーを探すルフィ、子供たちを救出しようとするナミたちや、
海軍G5の海兵たちはR棟66番ゲートを目指して動き始めましたが、
ひとり子供たちに投与されたドラッグのことを調べるため、
マスターの近くにいたチョッパーも、ドラッグの構造などがわかり、
子供たちを助けるべく、マスターたちのいる場所から抜け出し、子供たちを捜して走ります。

一方、ルフィたちの動向に気づいたマスター、シーザーは、
ルフィたちの目的が脱出と推測し、そうだとすれば、R棟の66番ゲートへ向かうはずと、
ほぼ現状どおりの把握をします。

そこでシーザーが打った手は、部下たちを犠牲にしてでも、R棟へと続くB棟と、
現在ゾロたちがいるA棟との間の連絡通路を閉鎖し、その後にA棟を破壊することで、
A棟に取り残された者たちをシノクニで抹殺するという残酷なものでした。

しかし、そのシーザーの計画さえも、雑魚しか始末出来ないと判断したヴェルゴは、
スモーカーやローを抹殺すべく、ひとり行動を開始しました。

その頃、A棟では、G5の海兵たちがゾロたち麦わらの一味を捕らえようと交戦していました。
また、茶ひげはサンジたちがドラゴンを連れてきてしまったことを心配しています。
今は鎮静剤によって大人しいらしいのですが、研究所内にいるのは厄介かもしれないそうです。
ゾロ、ブルック、そして錦えもんに立ち向かう海兵たちに、手向かうなと警告するも、
一向に攻撃をやめないため、しびれを切らしたゾロがついに海兵たちに傷を負わせようとしたとき、
ゾロの刃を受け止めたのはたしぎでした。

たしぎは、ゾロたちに手出しすることなく先に行かせ、
さらに部下たちに連絡通路が閉じかかっていることを告げて、
B棟へと急ぐように指示をしたのでした。

必死でB棟を目指すゾロやナミたち、そして、たしぎやG5の海兵たちでしたが、
連絡通路のゲートは徐々に閉じ始めています。
さらには、追い討ちをかけるように、A棟の外壁が外側から砲撃されて、
A棟の内部にシノクニの毒ガスが侵入してきました。

最後尾となってしまったG5の海兵の一部は、次々とシノクニにやられてしまいます。
スモーカーの言いつけもあって、自分の命よりも部下の命を第一に考えるたしぎ大佐は、
逃げ遅れている部下たちに、先に行くようにA棟にとどまったまま指示を出していたのですが、
もう間に合わないと判断した取り残された海兵たちは、三人がかりでたしぎを担ぎ上げ、
ゲートの向こう側へとたしぎを投げ込んだのでした。

ゲートの向こう側ではゲートを抜けたG5の海兵たちがたしぎを受け止め、
海兵たちのアイドルでもある大佐ちゃんことたしぎを救った仲間たちに感謝の言葉を贈る。

もう完全に閉じてしまう寸前のゲートの隙間からは、シノクニによって固まりながらも、
「大佐ちゃんの後のことは任せたぞ」と言わんばかりにピースサインやガッツポーズを決める、
海兵たちの姿が見えたのでした。
その部下たちの気持ちと、部下たちを全員救えなかった悔しさから、涙するたしぎでした。

ですが、その様子もすべてシーザーには映像が届いており、
随分と多く逃がしてしまったことで次の手を打とうとしています。

ここまでがテレビアニメ第605話 たしぎの涙 G5決死の突破作戦のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第604話 めざせR棟!海賊同盟快進撃! 

めざせR棟!海賊同盟快進撃!は、アニメ、ワンピース(ONEPIECE)の第604話です。
テレビアニメ第604話 めざせR棟!海賊同盟快進撃!のストーリーのあらすじは、
研究施設の入り口をゾロと錦えもんで切り裂き、ゾロたちが研究施設内に入ったため、
このままでは、シノクニの毒ガスが施設内に入ってきてしまいます。

G5の海兵たちは、必死で切られた入り口を応急処置して毒ガスを封じ、
間一髪のところで、全員シノクニの毒ガスから逃れることが出来たのですが、
今度はゾロたちを海兵たちが取り囲み、ゾロたちのピンチは続きます。

ですが、ローの指示で、唯一海へと逃れられるR棟をめざして進むことになります。
サンジとナミの身体もローによって元通りになり、
子供たちを救出してR棟をめざすことになります。

ローは一人単独行動を取るつもりで、スモーカーたちにはルフィたちとともに、
R棟をめざすように指示して立ち去りますが、
スモーカーは後のことをたしぎに任せて、自分は一人、ヴェルゴを討つため戦うつもりです。

ルフィは何かをロビンに耳打ちして頼むと、先陣を切ってシーザー誘拐に再度向かうのでした。

そして、シーザーたちも部下からの伝令によって、ルフィたちが内部に侵入したことを知る。
シーザーの目論見が失敗したことを知ったヴェルゴは、ロー抹殺を決意するのでした。

ここまでがテレビアニメ第604話 めざせR棟!海賊同盟快進撃!のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

第603話 反撃開始!ルフィ・ロー大脱出 

反撃開始!ルフィ・ロー大脱出は、ワンピース(ONEPIECE)アニメの第603話です。
テレビアニメ第603話 反撃開始!ルフィ・ロー大脱出のストーリーのあらすじは、
ルフィとローたちが、シーザーに捕らえられている頃、新世界各地では、
その様子をモニターで新世界の闇の者たちが見ていました。
その中に、キャプテン・キッドもいたのですが、キッドは、スクラッチメン・アプー、
そしてバジル・ホーキンスと海賊同盟を結ぼうとしているようです。

捕らえられていたルフィたちは、ローの「反撃開始」の声とともに、
まず、フランキーが眼下にある軍艦を燃やし始めました。
その煙で、ルフィたちの檻は煙に覆われます。

檻が煙に覆われて、シーザーのモニターから見えなくなった頃を見計らって、
まず、ローが鎖から自由になりました。
ローは万一自分が捕らわれたときを想定して、海楼石の鎖ではない普通の鎖を紛れ込ませてあり、
ローは普通の鎖で捕らえられたふりだけをしていたのでした。

自由になったローはルフィ、フランキー、そしてロビンの鎖を刀で切り救出しますが、
海軍のスモーカーとたしぎはどうするか思案します。

ですが、たしぎが、ローに「何でもするから」と必死で助けを請ったのでした。
その様子にスモーカーは激怒しますが、今は海賊に土下座をしてでも生き長らえなくては、
部下たちの命が危ないばかりか、ヴェルゴをのさばらせてしまう。今は何としてでも生きるべき。
と主張するたしぎにスモーカーも折れます。

そして、ローとジョーカーのことを忘れるというローからの条件を飲み、
身体は元通りになり、鎖も断ち切ってもらうのでした。

自由になったルフィたちは、まずフランキーが一人サニー号へと向かい、
残った面々は、G5の海兵たちを助けることにします。

研究施設の前でシノクニの煙におびえる海兵たちでしたが、
ルフィ、ロー、そしてスモーカーたちが共闘することを決め、
入り口のシャッターを開けたのでした。

そして、研究施設の前にいた海兵たち全員が中に入り、シャッターを閉めたとき、
シノクニに追われていたゾロ、ブルック、サンジ、ウソップ、ナミ、錦えもん、
そして、茶ひげがやっと研究施設に到着しました。

既に入り口は閉まっていましたが、入り口をゾロと錦えもんの二人で斬り、
やっとルフィの仲間たちも研究施設内へと入ることが出来たのです。

ついにルフィの仲間も揃いました。
ルフィは仲間たちに「暴れるぞ!」と号令をかけるのでした。反撃開始です。

ここまでがテレビアニメ第603話 反撃開始!ルフィ・ロー大脱出のストーリーのあらすじです。

テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。