09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第66話 真剣勝負!ルフィvsゾロ謎の大決闘! 

真剣勝負!ルフィvsゾロ謎の大決闘!は、テレビアニメワンピース第66話のタイトルですが、
何故か不思議なことに、今回はルフィとゾロの決闘になってしまいます。

第66話 真剣勝負!ルフィvs(対)ゾロ謎の大決闘!ストーリーのあらすじは、
何か事情があるらしく、犯罪秘密結社バロックワークスの社員になっていた、
アラバスタ王国の王女ビビと護衛隊長のイガラムを抹殺に来た、ミスターファイブと、
ミスバレンタイン。このままでは、ビビ王女の命が危ない状況です。

バロックワークスのボスの正体は社員たちも知りませんが、会社の最終目的は、
理想国家の建国で、その目的が達成した暁には、手柄を立てたものには要人の地位が約束される。
そのため、特に、数字が5以下のナンバーを持つエージェントはオフィサーエージェントと呼ばれ、
バケモノじみた戦闘力を持っているということです。
そんなバケモノのようなミスターファイブペアには、ミスターエイトレベルのイガラムでは、
到底太刀打ちできません。そこでイガラムはゾロに助けを求めますが、ゾロは相手にしません。

ところが、王女を救ってアラバスタ王国まで無事にビビ王女を送り届けてくれたら、
莫大な恩賞を与えると言ったイガラムの言葉に、ナミが反応しました。
ナミも実は酔ったフリをしていただけで、成行きを見ていたわけです。

お金目当てで、ビビ王女を助けることをイガラムに約束したナミは、
ゾロにビビを守るように命じます。当然ゾロは嫌がりましたが、ゾロの性格を良く知るナミは、
ゾロを上手く言いくるめてしまい、結局ゾロをビビの救援に向かわせました。

ミスターナインとミスマンデーがビビの逃走を助けてくれようとしましたが、
やはりミスターファイブペアにはまるで歯が立ちません。
ミスターファイブはボムボムの実の悪魔の実の能力者で全身を起爆できる爆弾人間。
ミスバレンタインは、キロキロの実の能力者で体の体重を1万キロまで自由に操ります。
いよいよビビのピンチというとき、
丁度ゾロが間に合って、ビビの命は差し当たりは救われました。

そして、いよいよゾロとミスターファイブペアの対決かと思ったとき、その場にルフィが登場!

ゾロの手助けに来たかと思いきや、事情を知らないルフィは、自分達をもてなしてくれた人たちを
ゾロがやっつけてしまったことに腹を立て、ゾロに勝負を挑んできたのです。
しかも、ゾロを殺してしまうような勢いで、ルフィは本気で攻撃をしてきます。

ルフィとゾロが邪魔なミスターファイブペアは、ルフィたちも一緒に抹殺しようとしますが、
能力者で異常な強さのはずのミスターファイブとミスバレンタインも、戦闘力では、
ルフィやゾロのほうがはるかに上のようです。その点では安心なのですが、問題は、
ルフィがゾロの説明に耳をかそうともせず、いよいよ本格的に真剣勝負を始めてしまったことです。

こんな状態で、ビビ王女を守りきれるのか?
そして、王女と護衛隊長が何故犯罪組織にいたのか?それは謎のまま、第66話は終ります。

アニメワンピース(Onepiece)、第66話 真剣勝負!ルフィvsゾロ謎の大決闘!
のストーリーのあらすじでした。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/106-8f7b6970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。