07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第77話 さらば巨人の島!アラバスタを目指せ 

テレビアニメONEPIECE(ワンピース)第77話 さらば巨人の島!アラバスタを目指せ
ストーリーのあらすじです。

バロックワークスを倒し、ルフィたちの仲間は全員無事だったのですが、
自らの手で命を奪ってしまった親友ドリーの死を悲しみ、号泣するブロギーでした。
命懸けの決闘をしていた二人ですが、決闘での本当の結果ではないからです。

ところが、号泣するブロギーの隣に倒れていたドリーが突然起き上がりました。
驚くブロギーでしたが、お互いの武器が老朽化していたため、
ドリーに致命傷を与えることが出来ず、ドリーは重傷を負いながらも、
気絶しただけだったのです。親友の生還に喜ぶブロギーでした。

一方、ミスターゼロからの電話を受けたサンジは、相手の名前がミスターゼロと聞き、
ビビの話を思い出し、電伝虫の向こう側の相手がバロックワークスのボスだと知ります。
さらに、ミスターゼロことクロコダイルは、サンジをミスタースリーと思い込んで話をします。
それによって、ミスタースリーという追っ手が、このリトルガーデンに来ていることなど、
サンジは、状況を瞬時に把握しました。

そこで、サンジは、ミスタースリーに成りすまし、ビビやルフィたちは全員始末したと、
ボスであるクロコダイルに報告します。

ところが、そのときに、任務完了の確認をしにきたアンラッキーズ(ミスターサーティーンペア)が、
その場に到着し、サンジに攻撃をしてきました。
その攻撃をかわし、アンラッキーズは、サンジが倒しました。

大きな物音を不審に思うミスターゼロに対して、サンジは、ルフィがまだ生きていた。
今完全にトドメを刺したと報告しました。

それを聞いたミスターゼロ(クロコダイル)は、結果としてウソの報告をしたことになった
ミスタースリーに対して怒りますが、そのままアラバスタに向かうように指示を出します。

しかし、電伝虫を切った後すぐにミスオールサンデーに指示を出し、
Mr.2(ミスターツー)をリトルガーデンに向かわせ、途中でミスタースリーを始末するように
命令します。結果として先の報告がウソになってしまったというだけの理由で、
部下の抹殺命令を出す冷酷さを垣間見せました。

さらに、指先でつまんでいた花と花が生けてあったグラスの水を乾燥させ消してしまうという
不思議な能力も見せました。クロコダイルの能力とはいったい何なのか?

全てが解決したルフィたちでしたが、1つ困ったのはログのことでした。
アラバスタのことは1年も待つどころか一刻の猶予もない状況です。
自分達の誇りを守るために戦ってくれたルフィたちに感謝し、恩返しをしたいと言う、
ドリーとブロギーにも、ログばかりはどうしようもありません。

そのとき、困り果てたビビやナミたちの前に、サンジがやっと呑気な顔をして登場します。
死ぬ思いで戦った全員がサンジに非難の目を向けますが、
なんとサンジはアンラッキーズを倒し、アラバスタへのエターナルポースを奪っていたのでした。

意外なところでサンジが大活躍です。クロコダイルとのやり取りも皆に説明しました。
クロコダイルは、もうルフィたちが全員死んだと思っているため、追っ手の心配もありません。

後はアラバスタへ向かうだけです。

名残惜しむ巨人たちに別れを告げ、アラバスタに向かって出航です。
ゾロとサンジの狩り勝負は、結局どちらが勝ちなのかハッキリしないままでしたが、
ナミが激怒するために、ハッキリさせることも出来ず、必要な分だけ肉を船に乗せ、
リトルガーデンをアラバスタに向けて出航です。

リトルガーデンを出ようとすると、西の海のところで、ドリーとブロギーが待っていました。
そして、巨人の二人は、ルフィたちに、
お前達は自分達の誇りを命をかけて守ってくれた。だから、お前達「友」の誇りは自分達が、
必ず守ってみせる。自分達を信じて、何が起こってもまっすぐに進路を進めるように言います。

ルフィは巨人たちを信じ、まっすぐ進むように命令しますが、
まっすぐ進む前方に現れたのは、巨人たちよりもはるかに大きな巨大金魚でした。
この島を生きて出られない理由にこの金魚の存在があるようです。

巨大バケモノ金魚の名前は「島喰い(しまくい)」あたりの島を食い荒らし、
驚くほど長く大きな糞をするということです。

ミスオールサンデーがエターナルポースをくれた「何もない島」とは、
この巨大金魚の糞のことだったようです。

逃げようとするナミでしたが、ルフィは言うことを聞かず、巨人たちの言うとおり、
まっすぐに進路をとります。そして、ゴーイングメリー号は、あっさりと金魚に飲み込まれます。

巨大金魚がルフィたちを飲み込んだとき、ドリーとブロギーの最強の攻撃が金魚を襲いました。

覇国(はこく)という名の攻撃で、飛ぶ斬撃です。
二人の攻撃は、巨大金魚の腹から頭へと貫通し、ルフィたちの乗った船を、
そのまま金魚の向こう側の海へと運んだのでした。

こうして金魚の腹からも無事逃れることが出来たルフィたちは一路アラバスタを目指します。

これが、第77話 さらば巨人の島!アラバスタを目指せのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/117-c9d2ff20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。