10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第86話 ヒルルクの桜と受け継がれゆく意志! 

ヒルルクの桜と受け継がれゆく意志!は、アニメワンピース(OnePiece)の第86話です。
ストーリーのあらすじは、ヒルルクの余命が後10日と知ったチョッパーは、ある行動に出た。

以前に万病に効くキノコがあると聞いたことを思い出したのです。
すぐさまヒルルクの家に戻ると、図鑑でそのキノコを調べ、ヒルルクのためにキノコを採りに
険しい山の中へと入っていきました。

ヒルルクが余命の間に必死に夢を叶えようと研究を続ける中、
チョッパーはヒルルクの命を救うために、万能薬になるキノコを探します。

足を骨折し、角も片方折れ、全身傷だらけになりながらも、チョッパーは、ヒルルクのために、
アミウダケという名前のキノコを採ってたのでした。
その姿を見たヒルルクは、チョッパーの気持ちに感動し、またチョッパーを受け入れます。

そして、チョッパーが採ってきてくれたアミウダケのスープを飲むと、嬉しそうに、
体中の力がみなぎるようだとチョッパーに言いました。
丁度そのとき、異変が起こりました。
なんと、30年間ずっと失敗に終わっていた研究が、ヒルルクの望んだとおりの反応を示した。
つまり、ヒルルクの夢だった研究がついに完成したのです。

ヒルルクの研究が完成し、ヒルルクの命も救えたことに喜ぶチョッパーを残し、
ヒルルクは、「元気になったから町に行く」と告げて、ドクタークレハのところへ行きます。

そして、ヒルルクはクレハに、自分の研究が完成したことを伝え、しかし、自分には時間がなく
作ったものの量を増やすことと、チョッパーに医術を教えてやって欲しいということを頼みます。

クレハは、死が近いからという理由でそんな勝手な頼みを引き受けたりしないと、
ヒルルクを追い出しますが、いつもと様子の違うヒルルクに疑問を持ち、ヒルルクの家に行く。

ヒルルクの家に行ったクレハは、そこで、チョッパーから、ヒルルクがアミウダケのスープを
飲んだということを聞き、チョッパーを殴り飛ばし叱りつけました。

チョッパーが万能薬と思って採ってきたアミウダケは、実は猛毒キノコで、
口にしたら半日も命がもたないということです。

チョッパーはヒルルクから、ドクロのマークは不可能を可能にする証と聞いていたため、
猛毒のしるしのドクロマークが図鑑に載っていたのを毒という意味ではなく、
万能薬という意味だと思い違いをしてしまったわけです。

ですが、全身ボロボロになりながらも自分のためにキノコを採ってきてくれたチョッパーの
その気持ちが嬉しくて、ヒルルクはあえて猛毒キノコのスープを飲んだのでした。

そして、クレハは、そのことで全てを悟り、チョッパーに、もうヒルルクは戻らないと言います。
ヒルルクは城を死に場所に選んだのだと。

そのクレハの言葉どおり、ヒルルクはドラム城に来ていました。
ワポルがヒルルクとクレハをおびき出すための罠として、イッシー20が全員病気で倒れたと
国中に知らせたため、イッシー20を救おうとしてヒルルクは城に行ったのですが、
そこで見たものは、元気なイッシー20で、自分が騙されたことを知ります。

しかし、ヒルルクは涙を流して喜びます。誰も病気でなくて良かった。
自分が騙されただけで良かったと。

そして、自分を撃とうとする兵士たちに向かってこういいました。

人はいつ死ぬと思う?心臓をピストルで撃ち抜かれた時?・・・・違う!
不治の病に冒された時?・・・・違う!猛毒キノコのスープを飲んだ時?・・・・違う!
人に忘れられた時さ。俺は消えても俺の夢は叶う。病んだ国民の心もきっと救えるさ。
と。

それを聞いたドルトンは、「国も同じだろうか?」とヒルルクに問います。すると、ヒルルクは、
「受け継ぐ者がいりゃあな」と答え、チョッパーがそこに駆けつけるであろうことも予想し、
バケモノがやってくるが、俺の息子だから手を出すなと言い残します。

そうして、最後に、「まったく、いい人生だった!」と言い、
心の中でチョッパーにありがとうと礼を言いながら、チョッパーのスープでは死なず、
爆薬を飲み干し自分から爆死します。

こうして、ヒルルクは死んでしまいましたが、その「意志」は、チョッパーによって
受け継がれました。そして、チョッパーだけでなく、ドクタークレハとドルトンも、
ヒルルクの意志を受け継いだようです。

ドルトンは己が選ぶべき道を見つけ、チョッパーは医術を教えて欲しいとクレハに頼み、
クレハはチョッパーを受け入れて医術を教えることにします。
その後6年間に渡り、クレハは、チョッパーに自分の医術の全てを叩き込んだのでした。

その昔話がドクター・クレハから語られ、話が終わったとき、チョッパーが慌てて部屋に
入ってきました。ついに、ワポルが城に到着したのです。

ここまでが、第86話 ヒルルクの桜と受け継がれゆく意志!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/127-680c13a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。