07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第96話 緑の町エルマルとクンフージュゴン! 

緑の町エルマルとクンフージュゴン!は、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)第96話です。
第96話 緑の町エルマルとクンフージュゴン!のストーリーのあらすじは、
反乱軍の拠点、ユバという町を目指すため、まず緑の町エルマルに上陸しようと、
サンドラ河を船(ゴーイングメリー号)で進むルフィたちでしたが、その途中で、
カルガモのカルーだけを降ろすことになりました。

ビビから父親である国王ネフェルタリ・コブラに宛てた手紙を届けさせるためです。
その手紙には、ビビとイガラムが今までに調べ上げたクロコダイルの陰謀のすべてと、
ビビが無事アラバスタに到着したこと、そして、今は心強い仲間が一緒であることが、
記されています。その手紙を持ってカルーは一人で砂漠を越えて国王の下へと向かいました。

そして、エルマルに到着したルフィたちでしたが、そこでルフィたちを待っていたのは、
クンフージュゴンという名前の河の動物でした。クンフージュゴンは、その名のとおり、
クンフー(拳法)が得意なジュゴンのような動物です。

チョッパーが動物の言葉がわかるため通訳してくれたのですが、上陸したければ勝負しろ。
勝負できないならば、向こう岸へ行け。この腰抜けどもめ。と言っているようです。
それに挑発されたウソップが、クンフージュゴンの見た目のかわいさに惑わされて、
戦いを挑みますが、クンフージュゴンは強く、あっという間に負けてしまいます。

ですが、当然のようにルフィはクンフージュゴンを一頭倒してしまうのですが、
クンフージュゴンには勝ってもいけないのでした。
クンフージュゴンは、自分が負けたら相手に弟子入りするのが慣わしなのだそうです。

次々とクンフージュゴンを倒し、弟子を増やしてしまうルフィ。
ルフィたちがその場を離れようとすると、師匠のルフィに着いてユバまでお供すると、
クンフージュゴンたちが言い出してしまいました。河の動物に砂漠の旅は無理です。

チョッパーがクンフージュゴンたちに食料を分け与えて説得し、
何とか、クンフージュゴンたちは、その場に残ってもらえるようになりましたが、
おかげで、随分と食料を減らしてしまいました。

クンフージュゴンと別れて、緑の町エルマルに到着したルフィたちでしたが、
そこで見たものは、「緑の町」という呼び名とは程遠い、荒れ果てた廃墟でした。

今は廃墟になってしまったエルマルで、ビビの口から、クロコダイルが今までに、
アラバスタに対してどんなひどいことをしてきたかが語られました。

数年前までは緑あふれるオアシスとして緑の町と呼ばれたエルマルでしたが、
アラバスタでは最近3年間もの間、まったく雨が降っていません。
元々雨の少ない砂漠の王国アラバスタであっても、過去数千年に渡り、3年もの間、
ずっと雨が降らないということはなかったのですが、エルマルだけに限らず、
アラバスタ全土で、ここ3年はまったく雨が降りません。

ところが、1箇所だけ雨の降るところがアラバスタにあったのです。
その場所は、国王の宮殿のある街でアラバスタの首都アルバーナです。

アラバスタの国民達は、その雨を、「王の奇跡」と呼んでいましたが、
ある日、とんでもない事件が起こりました。

港に着いた荷物を運ぶ1台の荷車が壊れ、荷物が地面に崩れ落ちたときに、
積荷の袋が破れて、大量の緑色の粉が現れました。
荷車を引いていた者たちは、国王の命令で宮殿に運ぶ荷物だと言うのですが、
その粉は、ダンスパウダーだったのです。

ダンスパウダーは、旱魃(かんばつ)で苦しむ土地にすぐに雨を降らせる便利な粉ですが、
ある土地で雨を降らせる代わりに、本来雨が降る予定だった土地の雨を奪ってしまいます。
そのような副作用もあるため、世界政府が製造と所持を禁止している粉だったのです。

その後、国王の宮殿からも大量のダンスパウダーが発見され、国民たちは、アルバーナに降る雨が、
王の奇跡でも何でもなく、国王がダンスパウダーで雨を降らせていただけだと知ります。
そして、その結果として、アラバスタのほかの地域の雨を奪っていたと。

もちろん、それこそがクロコダイルの仕組んだ陰謀だったのですが、
表向きは王下七武海として英雄でもあるクロコダイルを誰も疑ってはいません。

そして、ここエルマルでは、雨が降らないだけではなく、サンドラ河から水を引いていた
運河もバロックワークスによって破壊され、いよいよ水の確保ができなくなり、
人々はこの地エルマルを去ったのでした。

そんな事件があったことで、国王に不信感を持つ者たちによって反乱軍が組織され、
アラバスタで内乱が起こったわけです。

そんな話をビビから聞かされ、そして目の前には実際にその結果としての廃墟があり、
ルフィたちはクロコダイルに対しての怒りが爆発しますが、
まずは反乱をとめるべく、エルマルから反乱軍の拠点ユバに向かうことになりました。

ここまでが、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)、
第96話 緑の町エルマルとクンフージュゴン!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/137-ae4df5c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。