07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第98話 砂漠の海賊団登場!自由に生きる男達 

砂漠の海賊団登場!自由に生きる男達は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第98話です。
今回は、場所はアラバスタですが、原作にないテレビアニメのオリジナルストーリーです。
第98話 砂漠の海賊団登場!自由に生きる男達のストーリーのあらすじは、
ラクダのマツゲに乗ったナミとビビは、さっさと先に行ってしまったため、その足跡を辿り、
後を追うルフィたちでしたが、ルフィが喉の乾きに耐えられず、近くに生えていたサボテンを
食べてしまったから大変です。そのサボテンは幻覚剤の材料にもなる幻を見せるサボテンです。

大暴れしはじめたルフィを、チョッパーが麻酔を打って止めますが、
そのとき、ルフィたちはエースともはぐれてしまいます。

そんなルフィたちの前に、砂漠を帆船で移動する砂漠の海賊団を発見します。
なんとその海賊たちに、ナミとビビ、そしてラクダのマツゲも捕らえられていました。

海賊団の名前は、砂族のバルバル団、ラクダを食べようとして、それを止めるナミたちも
捕らえていたのでしたが、バルバル団の船長バルバロッサとルフィはすぐに仲良くなり、
その場は争いにはなりませんでした。

しかし、困ったことは、ルフィが帆船のメインマストを折ってしまったことです。
マストを修理するために、近くのオアシスまで資材を取りに行こうとするルフィでしたが、
移動手段の砂ゾリは、砂の上をウインドサーフィンのように風を受けて進む乗り物で、
スピードが出るのですが、操縦が非常に難しい乗り物です。

オアシスまでは、バルバル団のザバという男とラサという女の二人が同行してくれるのですが、
ラサは、ビビを知っているようで、砂ゾリの操縦をビビがするようにと言います。

たしかに、ビビは子供の頃、これから行く予定のオアシスに来たことがあり、
そのときに記念にもらった砂ゾリで練習をしたことがあるので多少は操縦できるのですが、
流砂にのまれそうになったりしながら大変な道のりをたどってやっとオアシスに到着します。

到着したオアシスは、エルマル同様に既に廃墟となっていました。
クロコダイルによって、雨を奪われ、オアシスは砂に埋もれ、人々はその地を去ってしまった。

それでも、少女だったラサは、たった一人でそのオアシスで、国王とビビを待っていたのでした。
「このオアシスに何かあれば、必ず自分達が駆けつける」という国王の言葉を信じて。

バルバロッサに拾われる頃には、暑さや寒さの感覚もなくなるほどの過酷な環境で、
何故少女のラサが生きていられたのか、どんな感情で生きていたのか、
王の言葉への希望なのか、憎しみなのか、それはラサ自身もわからなくなっていましたが、
ずっと待ち続けても、そこに国王のコブラもビビも来なかったとラサは言います。

ビビはただ、謝ることしかできませんでした。
クロコダイルによって国中が同じような状況になっていたため、国王は対応に追われ、
このオアシスに来ることができなかったのですが、言い訳してもラサの心が癒されるわけでもなく、
ひたすら詫びるビビでした。

そして、オアシスの倉庫で資材を調達し、帰途に着いたルフィたちは、
無事、バルバロッサたちの待つ船まで戻ってくることができました。

ここまでが、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)、
第98話 砂漠の海賊団登場!自由に生きる男達のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/139-ac993c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。