08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第102話 遺跡と迷子!ビビと仲間と国のかたち 

遺跡と迷子(まよいご)!ビビと仲間と国のかたちは、アニメワンピースの第102話です。
今回も原作にはない、アニメのオリジナルです。またほとんどストーリーはなく、
仲間とは何か?国とは何か?をビビやチョッパーが考えるというような内容です。

第102話 遺跡と迷子!ビビと仲間と国のかたちのストーリーのあらすじは、
またも、何かおかしな物を拾い食いをしたのか、クロコダイルの幻想を見て暴れるルフィを、
止めるため、ゾロとチョッパーは、みんなに置いていかれ、3人は迷子になってしまいました。

チョッパーが気づいたときには、足跡も匂いも何も手がかりが無い状態でした。

まだ、ルフィが気を失っている間に、新入りのチョッパーはゾロに、
何故、一匹狼のようなゾロが、ルフィの仲間になっているのか訊ねます。

ゾロの答えは、ウソップが言ってたことと同じでした。
仲間にもいろいろなかたちがあって、自分のやれることをやって、
やれない部分を人が補う。その代わり自分のやれることは必死でやる。それも仲間と。

そんな話をしているうちにルフィも目覚め、日陰をみつけたルフィは、
迷惑をかけたことなど忘れたかのように、またゾロとチョッパーの二人を巻き込んで、
日陰へと飛んでいきました。ところが、その日陰は地下遺跡の丁度真上になっていて、
三人そろって、地下遺跡へと転落してしまいます。

ルフィは助けるべきところを自分から降りてきたのですが。

そんな頃、先に行ったナミたちも、別の遺跡で休憩中でした。
その遺跡はかなり古く、アラバスタという国は何千年にも渡り、いろんな文明が栄えては、
消えていった歴史があるそうです。

今まさに内乱で国の危機のとき、アラバスタもまた、そうやって消えていこうとしているのか。

ただ、ビビにとっては、それでも国民が何も変わらないならそれも良いと思うように、
最近は考えが変わってきているようです。
しかし、クロコダイルの場合は、王朝の交代ではなく、多くの人の犠牲の上に成り立つ
国の乗っ取りですから、今やるべきことは反乱を止めること。その目的だけは見失いません。

このまま行けば、夜にはユバに到着できそうなところまで来て、ビビは、ナミに聞きました。
どうして、ナミたちは、みんなそんなにお互いに仲間を信頼できているのかと。
それを、ビビはリトルガーデンからずっと不思議に思っていたからです。

そのときの、ナミの答えも、ゾロと同じものでした。
そういう国の有り方もあるのかもしれない。ルフィたちと一緒にいることで、
答えはルフィたちが持っているのかもしれないと思うビビでした。

丁度そこへ、迷子になっていたルフィ、ゾロ、チョッパーも、チョッパーの嗅覚で、
ナミたちを見つけて合流してきました。いよいよ反乱軍の拠点、ユバは目前です。

ここまでが、テレビアニメワンピース(Onepiece)の、
第102話 遺跡と迷子!ビビと仲間と国のかたちのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/143-68b60169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。