07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第109話 逆転大脱出への鍵!ドルドルボール! 

逆転大脱出への鍵!ドルドルボール!は、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)の第109話です。
頼みのサンジが銃で撃たれてやられたのは、もちろんクロコダイルを外におびき出すための
芝居でした。さらに、外には「俺はミスタープリンスだ!」と叫びながら暴れまわった
チョッパーがいますから、怒って追いかけるクロコダイルをチョッパーが引きつけることで、
さらに時間稼ぎをして、その間に、ルフィたちを助ける計画です。

地下室へと到着したサンジは、流石に蹴りの一撃で巨大で獰猛なバナナワニを倒します。
次々と部屋に入ってくるバナナワニにもまったく動じることもありません。

しかし、問題は、たくさんいるうちのどのバナナワニが鍵を食べたのか?です。
全てを倒して、それから鍵を探していては、ルフィたちが水没してしまいます。

そのとき、スモーカーが「今3番目に入ってきたバナナワニを倒せ」と言います。
スモーカーはバナナワニの唸り声で、鍵を食べたバナナワニを選別したようです。

スモーカーに言われたとおりに、バナナワニを倒してみると、口から何かを吐き出しました。
しかし、それはカギではなく、丸い大きな白いボールでした。

白いボールは、ドルドルボールで、ミスタースリーがバナナワニに食われるときに、
最後の力を振り絞って自分を守るためにドルドルの実の能力で作ったロウのボールでした。
ボールの中から現れたミスタースリーは水を飲み干からびた身体も元に戻ったのですが、
ミスタースリーが先に鍵を発見し、ルフィたちの状況を見て、事態を把握し、
そのカギをバナナワニたちのいる水中に投げてしまったのです。

やっと助かるかと思ったときの、まさかのミスタースリーの反撃でした。

しかし、今度はウソップが、ミスタースリーのドルドルの能力で合鍵が作れるのではと、
ひらめいたため、サンジがミスタースリーを倒し、ロウで合い鍵を作らせて、
やっとルフィたちは自由になりました。

大量にいたバナナワニも、ルフィとゾロによってあっという間に退治されました。
後は水中から脱出するだけです。

チョッパーを捕らえられなかったクロコダイルは、地下室まで戻ってきました。
実はあのバナナワニに食わせたカギはニセモノで、本物は自分が持っていたため、
ルフィたちが助かるはずはなく、ルフィたちの死亡を確認しに来たのですが、
地下室でクロコダイルが見たものは、倒されたミスタースリーと、ミスタースリーの
身体に貼られた「アバヨ!クソワニ!Mrプリンス」と書かれた貼り紙でした。

悪魔の実の能力者はカナヅチのため、ルフィはサンジが助けて、無事外へと逃げることが
できたのですが、ゾロがスモーカーまで助けてしまいました。ルフィの命令だったのです。

何故助けたと問うスモーカーに対して、船長命令だ。どうせ気まぐれだから気にするな。
と言いますが、スモーカーが気にしなければ、今度はスモーカーに捕まってしまいます。

しかし、今回1度限り、スモーカーはルフィたちを見逃すと言い、
ルフィたちを捕らえませんでした。

こうして無事脱出できたルフィたちは、クロコダイルが向かった、そして、反乱軍も向かう、
首都アルバーナを目指します。

動き出してしまった反乱軍と国王軍がぶつかる前にビビはアルバーナに到着できるのか?
そして、ビビは反乱を止められるのか?というところまでが、
第109話 逆転大脱出への鍵!ドルドルボール!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/151-d21ed9cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。