10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第110話 情無用の死闘!ルフィvsクロコダイル 

情無用の死闘!ルフィvsクロコダイルは、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)の第110話です。
アルバーナへと動き出してしまった反乱軍を止めるため、ルフィたちはビビをつれて、
アルバーナへと向かおうとします。

アルバーナへは、チョッパーがラクダのマツゲの友達で引越しクラブというカニを、
連れてきてくれました。全員が乗れるほど巨大なカニで、しかも走るのも早そうです。

これならば、アルバーナに反乱軍よりも先に着けそうです。
いざアルバーナへ!と思ったそのとき、背後から、クロコダイルの左手の大きな鍵ヅメが、
迫ってきました。そして、ビビが捕らえられてしまったのです。

そこで、ルフィが、クロコダイルのカギヅメに飛び、自分とビビを入れ替えて、
ビビをヒッコシクラブに戻しました。クロコダイルは自分が抑えるから、ビビを送り届けろと。

ルフィだけを置き去りにすることをビビはためらいましたが、ゾロとサンジ、そしてナミに、
先を急ぐように、そして、ビビだけは必ず生き延びるようにと諭され、先に進みました。

ルフィはクロコダイルの怒りをかい、ついにクロコダイルとの対決です。
ミスオールサンデーことニコ・ロビンは、先にアルバーナへ向かいました。

相手は王下七武海(おうかしちぶかい)、その強さは鷹の目のミホークで充分にわかっています。
クロコダイルの強さもまた圧倒的で、ルフィの攻撃がまったく通用しません。
ゾロとミホークの戦いのとき同様に、クロコダイルはルフィをまるで子供扱いです。

クロコダイルは砂と同じ。だからルフィの攻撃で身体に穴が空こうが、切り裂かれようが、
まったくダメージはないのです。
しかし、クロコダイルの攻撃はすべてがルフィにとって有効な攻撃ばかりで、しかも強烈。
砂の大地を地割れのように切り裂いたり、ルフィの腕を一瞬にしてミイラ化させたりする。

クロコダイルが最初に砂時計を大地に突き刺し、予告した3分が経過したとき、ルフィは、
クロコダイルに何のダメージも与えられないまま、クロコダイルの左手のカギヅメによって、
腹部を貫かれたのでした。ふつうならば、即死の状況です。

ルフィの命運は?というところまでが、
第110話 情無用の死闘!ルフィvsクロコダイルのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/152-66da2893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。