09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第112話 反乱軍vs国王軍!決戦はアルバーナ! 

反乱軍vs国王軍!決戦はアルバーナ!は、アニメOnepiece(ワンピース)の第112話です。
第112話 反乱軍vs国王軍!決戦はアルバーナ!のストーリーのあらすじは、
いよいよアルバーナが目視できるところまで迫った反乱軍、国王軍との激突まで30分ほど。

ビビの反乱阻止は間に合わないのか?
クロコダイルから、王女ビビの抹殺命令を受けたオフィサーエージェントの、
ミスターワンペア、ミスターツー、そしてミスターフォーペアもビビの到着は間に合わないと、
思った丁度そのとき、カルガモが現れます。ビビです。

しかし、アラバスタ最速の超カルガモは、6羽もいます。それに乗っているビビも6人も。
全員が同じマントで顔と身体を隠してカルガモに乗っているため、どれがビビかわかりません。

そのうち2羽が、オフィサーエージェントたちの前を抜けました。
それを追うミスターフォーペア。次に、また2羽が抜け、ミスターワンペアが追います。
最後の2羽は、ミスターツーが追っていきました。

しかし、超カルガモはもう1羽います。隊長のカルーです。
6羽のカルガモに乗っていたのはすべて偽者のビビです。
こうしてオフィサーエージェントをひきつけておいて、ビビとカルーは阻止に向かいます。

反乱軍リーダーのコーザをよく知るビビは、コーザなら、正面の南ゲートの1点突破をすると
そう考えて、南ゲートと反乱軍の間に立って反乱軍を止めるべく待ちます。
ビビの囮作戦と推測は見事に的中し、反乱軍のコーザがビビを確認した。

しかし、コーザがビビを見たその瞬間、無情にも国王軍が、ビビとコーザの間に砲撃しました。
コーザは、今見たものが人なのか、幻か勘違いなのかわからないまま、前進します。
爆音と爆発による砂塵でビビの声は反乱軍に届きません。

この砲撃も、国王軍に紛れていたバロックワークスの社員によるものでした。
どこまでも用意周到なクロコダイルです。

ビビの声はコーザに届かず、反乱軍の乗るラクダや馬の大群がビビを襲います。

ついに反乱軍と国王軍は激突してしまいました。反乱阻止は出来ませんでした。
反乱軍のラクダと馬の大群からは、カルーが身体を張ってビビをかばったため、
ビビは無事でしたが、カルーは、ラクダや馬に踏まれて重傷です。

始まってしまった反乱を止めることをまだ諦めていないビビの前に、ウソップが馬で現れた。
しかし、ウソップに、仲間の証をビビが求めると、左手の包帯を見せたのですが、
左手の包帯を見せたということは、ウソップがニセモノである証拠です。

ゾロの発案で、仲間の証は二重になっていて、左手に直接印が描かれており、
仲間の証の確認は、互いに包帯を取って、そのしるしを見せることだったからです。

ウソップは、ミスターツーが変装したものでした。
ミスターツーが追った二人は、ウソップとラクダのマツゲのペアだったため、
2秒で倒され、ミスターツーはウソップに変装してビビを狙いに来たのでした。

ビビのピンチです。

ウソップたちを乗せたカルガモがサンジに助けを求めにきたため、
ウソップとマツゲのもとに駆けつけたサンジは、ビビの危機を知りますが、
ビビはミスターツーから逃れられるのか?反乱は止められるのか?というところまでが、
第112話 反乱軍vs国王軍!決戦はアルバーナ!のストーリーのあらすじです
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/154-871bfdc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。