07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第122話 砂ワニと水ルフィ!決闘第2ラウンド 

砂ワニと水ルフィ!決闘第2ラウンドは、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)第122話です。
第122話 砂ワニと水ルフィ!決闘第2ラウンドの、ストーリーのあらすじは、
再び、王下七武海のクロコダイルに戦いを挑むルフィでしたが、
クロコダイルは自分の弱点を知られ、二発ものルフィの攻撃をまともにくらったというのに、
依然としてその余裕の表情は消えません。

一方、ビビとルフィの仲間たちは、4時半の砲撃を阻止するため、その狙撃手を探します。
後10分で砲撃を止めないことには、100万人の国民の命がなくなります。
残り10分が、本当の意味でのこの国のタイムリミットとなってしまいました。

探し物が得手のペルも加わっての捜索ですから、10分でなんとかなるのか?
しかし、頼りのペルでさえ、空からの捜索でも、なかなか狙撃手を見つけることができません。

ルフィとクロコダイルの戦いは、クロコダイルの弱点がわかったと言っても、
ルフィの攻撃があたらなければ何の意味もない。
もともとの戦闘力も高いクロコダイルに、なかなかルフィの攻撃もあたりません。
しかも、ルフィは水の入った樽が頼みです。水なしではクロコダイルに手も足も出ません。

余裕で戦うクロコダイルに対して必死での戦闘を余儀なくされるルフィでしたが、
クロコダイルを前に、樽にすがるよりはと思ったのか、樽の中の水をすべて飲み干し、
水で腹が膨れ上がり、自称「水ルフィ」になったルフィ。

その間抜けな姿とやっていることがあまりにバカバカしいため、クロコダイルが怒ったことが、
逆にクロコダイルにスキを与えてしまい、ルフィの口から発射された水の塊を身体に浴びる。

全身水浸しになってしまい、身体が重く動きが鈍ったクロコダイルに対して、
ルフィは、渾身のゴムゴムのバズーカを食らわせました。
今までの相手であれば、これで完全にルフィの勝利となるはずなのですが、
クロコダイルには、ダメージは与えたものの、逆にクロコダイルを本気にさせてしまった。

クロコダイルは、何をするつもりなのか、ニコ・ロビンにもコブラ王を連れて先に、
ポーネグリフ(歴史の本文)のある場所に行っているように命令し、本気の攻撃へと移ります。

スナスナの実の真の能力は乾き。クロコダイルが右手で触れたものすべてを底なしに乾燥させる。
王宮の芝生の庭に右手を置いたクロコダイルは、見る見るうちに庭を破壊していきます。

芝生や植物は枯れ、それだけでなく、岩盤や庭石、石造までが砂になっていってしまいます。
ルフィの草履も枯れて砂になってしまいました。このままでは、ルフィも砂にされてしまう。

そんな折、コブラを伴いポーネグリフのある場所へと向かうニコロビンの前に、
たしぎ率いる海軍が立ちはだかります。倒れていた兵士から状況を聞いたようです。

また、ニコ・ロビンがコブラ王を捕らえていることからも、ニコロビンが敵であることは明白。
そのとき、部下の一人が、相手がニコ・ロビンであることに気づきます。

ニコ・ロビンは、20年前、まだ8歳の少女だった頃、いったいどんな方法を取ったのか、
6隻もの海軍の軍艦を沈めた危険な少女。その脅威に世界政府は、
ニコロビンを第一級の危険因子と判断し、7900万ベリーという高額な懸賞金をかけた。
クロコダイルだけではなく、ニコロビンもクロコダイルに匹敵するほどの大物だったのです。

しかし、たしぎは、それに臆することなく立ち向かおうとするのですが、
ニコロビンの悪魔の能力であっという間に多くの部下達を失い、多勢の意味がないと思うと、
部下達を全員、広場の砲撃阻止のほうへと向かわせ、一人でニコ・ロビンに立ち向かいました。

強大な力で、王宮の広い庭を、石造や庭石ごと、あっという間に砂漠に変えてしまった
クロコダイルの攻撃から、なんとか逃れたルフィでしたが、その先にクロコダイルが、
ルフィを待ち構えていました。

クロコダイルによって首をつかまれてしまったルフィは、このままでは危ないと、
口からクロコダイルに向かって水の塊を何発も発射しましたが、すべてよけられてしまう。
そして、とうとうルフィはクロコダイルの右手によって体中の水分を吸い取られてしまい、
ミイラのように干からびてしまったのでした。

今度こそは勝つ。すべてを終わらせると宣言して戦いに挑んだルフィでしたが、
クロコダイルとの戦いの第2ラウンドも、クロコダイルの勝利に終り、ルフィはミイラに。
このままでは、ルフィは死を待つのみです。

ルフィの運命は?ビビたちと海兵たちは広場への砲撃を止められるのか?

ここまでが、第122話 砂ワニと水ルフィ!決闘第2ラウンドのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/165-c3e7fb2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。