10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第123話 ワニっぽい!王家の墓へ走れルフィ! 

ワニっぽい!王家の墓へ走れルフィ!は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第123話です。
第123話 ワニっぽい!王家の墓へ走れルフィ!のストーリーのあらすじは、
再びクロコダイルに挑んだルフィは、またしてもクロコダイルの圧倒的な力の前に、
あえなく敗北してしまいました。全身の水分を吸い取られミイラ化して、砂漠化した、
王宮の庭へと落ちた。

しかし、最後の攻撃で、クロコダイルに向けて放った水の塊が、丁度ルフィの上に落ち、
その水によって、ルフィは復活することができました。再び、クロコダイルを追うルフィ。

その頃、コブラ王とニコロビンは、ポーネグリフのある王家の墓、葬祭殿に到着していた。
途中、海軍の剣士たしぎが阻止しようとしたが、ニコロビンにはまるで歯が立たなかった。
たしぎのところへクロコダイルが現れたときには、既にクロコダイルに立ち向かうだけの
気力も体力もなく、身動きできないまま、クロコダイルにバカにされ悔しい思いをする。

ポーネグリフは、葬祭殿の隠し階段を下りた地下にあり、ポーネグリフには、古代文字が
書かれている。そこに古代兵器プルトンのありかが書かれているようですが、
ニコ・ロビンは、古代文字を読むことができる世界で唯一の人間で、それがゆえに、
クロコダイルと手を組んだようです。

クロコダイルもポーネグリフのところに到着し、ニコ・ロビンに古代文字を読ませますが、
ニコロビンの口から語られたのは、アラバスタ王国の歴史でした。
プルトンのありかなど、ポーネグリフには何も書かれていなかったと言うニコロビンに、
クロコダイルは、それが本当であれ、単にクロコダイルに教えない裏切りであれ、
どちらでも構わない。と言い、ニコロビンを殺そうとします。

どのような結果であったとしても、最初からクロコダイルは誰も信用しておらず、
ニコ・ロビンもここで殺す予定だったようです。
クロコダイルの弱点を当然知っているニコロビンは水をかけてナイフで刺そうと、
抵抗をしましたが、それもあえなく阻止され、最初のルフィと同じように腹部をカギヅメで
貫かれてしまいます。

ニコ・ロビンが倒されたことで、体を自由に動かせるようになったコブラ王は、
最後の手段として、葬祭殿の地下室を破壊し、クロコダイルを道連れにして死ぬ決意をします。
地下室は、小さな柱を1本でも抜けば、全てが崩壊するように作られていたようです。
王女ビビがそうだったように、父親であるコブラ王も、自分の命を犠牲にしてでも、
この国、アラバスタ王国の人々を守る覚悟のようです。

ところが、命懸けのコブラの行動も無駄でした。クロコダイルにはルフィに見せたあの力が
ありますから、仮に生き埋めになっても、全ての岩盤を砂に変えて脱出できます。
コブラ王には、クロコダイルは倒せません。

一方、広場への砲撃を阻止しようとしていたビビたちですが、狙撃手がみつかりません。
残り後3分を切ったとき、ビビが狙撃に最適な場所があることを思い出しました。
直径5キロを吹き飛ばすほどの砲弾を発射できるとしたら、「そこ」以外にはないという。

近くにいたウソップに、仲間たちへの合図の信号を空に撃たせ、
ビビとウソップは「そこ」へと向かいます。仲間たちも、合図に気づいたようです。

クロコダイルを追っていたルフィも、やはり途中で海軍のたしぎに会いますが、
「ワニ(クロコダイル)は、どこへ行った?教えてくれ」というルフィに対して、
アラバスタのことを考えると最善と思える方法、つまり、ルフィにクロコダイルの居場所を
教えてやるという行動を取りました。
目の前に、当初の目的だったルフィが居るというのに、何も出来ず、
自分が守れなかった正義の後始末をルフィに託すしかない自分が悔しいたしぎは、
その場で地面に額を打ち付けて、悔しがっていました。

そして、とうとうルフィも、葬祭殿の隠し階段をみつけ、「ワニっぽい」と、
そこにクロコダイルが居ると確信し、クロコダイルを追うのでした。

ここまでが、第123話 ワニっぽい!王家の墓へ走れルフィ!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/166-932c0d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。