07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第124話 悪夢の時迫る!ここは砂砂団秘密基地 

悪夢の時迫る!ここは砂砂団秘密基地は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第124話です。
第124話 悪夢の時迫る!ここは砂砂団秘密基地のストーリーのあらすじは、
コブラ王の命をかけた最後の抵抗も無駄に終り、自分の勝利を確信したクロコダイルの前に
殺したはずのルフィがまた現れました。
しかも、今度は、水も持たないルフィの蹴りがクロコダイルにクリーンヒットします。
ルフィは、水の代わりに、自分の血でクロコダイルを捕らえることにしたのです。

二度も殺したはずのルフィが復活し、そして今尚、自分に有効な攻撃をしかけてくることに、
クロコダイルもとうとうルフィを単なる小物ではなく、自分が本気で戦うべき敵とみなします。

そして、今回は、左手のカギヅメの先を取り外し、毒針まで使っての戦闘となりました。

一方、砲撃を阻止しようとするビビたちを、バロックワークスの残党たちが邪魔をしましたが、
たしぎ率いる海軍がビビと麦わらの一味に協力し、バロックワークスの相手をしてくれたり、
ゾロに道案内をしてくれたりしました。

おかげで、ビビ、ウソップ、チョッパーそしてナミの4人は、時計台の下まで来ることが
出来ました。ずっと時間を気にして見ていたあの時計台の時計こそ、狙撃手の居場所だった。

そこは昔、ビビが少女の頃、砂砂団の秘密基地としていたかなり広い場所であり、
今広場を覆う塵旋風も当初からの作戦のうちならば、もう時計台しか砲撃可能な場所はないと
ビビは言いますが、問題は、残り1分ほどで、時計までどうやって辿り着くかです。

ペルが来てくれれば、空からすぐにそこへと到達出来るのですが、肝心のペルは、
ビビを探すことに気を取られていて、不覚にも探していた狙撃手によって撃ち落されたのです。

一向にペルが到着しないため、階段を登ろうとするビビをナミが止めます。
階段ではもう間に合いませんし、サンジが何故か時計台の途中まで登っていますし、
さらに上にはゾロが迷って登っていますから、ナミに何か作戦があるようです。

ルフィとクロコダイルの対決は、ほぼ互角、どちらかと言うと、ルフィが押し気味で、
戦いを進めており、その様子にコブラも驚くほどだったのですが、ルフィは、
クロコダイルの毒針に何度かかすり傷を与えられており、そろそろ体中に毒が回る頃です。
そろそろその頃合だと、勝利を確信して笑うクロコダイルに対して、
ルフィは、「お前は何もわかっていない」と言いますが、ルフィはそんな状況で勝てるのか?

ここまでが、第124話 悪夢の時迫る!ここは砂砂団秘密基地のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/167-09af0ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。