06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第125話 偉大なる翼!我が名は国の守護神ペル 

偉大なる翼!我が名は国の守護神ペルは、アニメONEPIECE(ワンピース)の第125話です。
第125話 偉大なる翼!我が名は国の守護神ペルのストーリーのあらすじは、
砲撃予告の4時半を目前にして、ビビの思ったとおり、時計台の時計が開き、
そこから、バロックワークスの狙撃手、ミスターセブン(Mr.7)とミスファーザーズデー
が現れました。

ナミの作戦というのは、ウソップ、チョッパー、そしてビビをサイクロンテンポで、
上に飛ばし、その後に、サンジがゾロのところまで、そしてゾロが時計のところまでと、
ビビを目的地まで飛ばして到達させようとするものでした。

計算どおり、3人は上にはじき飛ばされ、そこからチョッパーがウソップを踏み台にして、
サンジのもとへ、サンジがチョッパーを蹴りあげてゾロのもとへ、そして時計のところへと
ビビは順調に進み、狙撃手ペアのミスターセブンペアの狙撃からも逃れ、
ビビは、ミスターセブンペアを倒し、砲撃まで1秒を切ったとき、何とか砲撃を阻止しました。

しかし、無事阻止できたはずのビビが時計台から顔を見せません。何が起こったのか?
心配する仲間たちに、ビビが顔を見せたかと思うと、砲弾が時限式になっていると言います。

もし万一、狙撃手の身に何かあったとしても、若干の威力は落ちるものの、
そのまま時計台の上で爆発する計算だったわけです。どこまでも用意周到な抜かりのない
クロコダイルでした。

爆破予告までして、散々ビビたちに狙撃手を探させ、阻止させようとして、
結局徒労に終わることを知って、クロコダイルは腹の中でビビたちをあざ笑っていたのです。

もう打つ手なしの状態に、砲弾の前で悔し泣きするビビの背後にペルが舞い降ります。
状況を説明しようとするビビに対して、ペルは、「あなたがたネフェルタリ家に仕えられたことを
私は誇りに思います」とだけ告げ、時限式の砲弾を足でつかんだまま大空へと羽ばたきます。

アラバスタの守護神ファルコン(隼)と同じ能力を持つペルは、国を守るため、
守護神として、その身を犠牲にして、上空で砲弾を爆破させたのでした。

最後は、守護神ペルによって、アラバスタ最強の戦士によって、アラバスタ王国は救われました。

ここまでが、第125話 偉大なる翼!我が名は国の守護神ペルのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/168-05b54f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。