09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第126話 越えていく!アラバスタに雨が降る! 

越えていく!アラバスタに雨が降る!は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第126話です。
第126話 越えていく!アラバスタに雨が降る!のストーリーのあらすじは、
いよいよ、アラバスタ編のクライマックスです。

ペルが命を呈して国を守ってくれたおかげで、最悪の事態は阻止することができました。
爆発の強烈な爆風が人々を襲ったものの、大きな被害にはなりませんでした。
しかし、危機を免れたというのに、人々の狂気は止まりません。
爆風によって一旦は止まった戦いですが、人々は戦いをやめないのです。

ペルの死を涙する間もなく、必死で戦いをやめるように叫ぶビビの声も、人々に届きません。

その頃、ルフィは体中に毒が回り、クロコダイルの前で倒れていました。クロコダイルは、
勝利を確信し、自分の野望の始まり(軍事国家の建国)を一人喜んでいましたが、
ルフィには、ビビの叫びが届いたのか、動けるはずのないルフィが再び立ち上がります。

そして、お前(クロコダイル)を越えていく!と叫び、渾身の攻撃をクロコダイルに浴びせます。
クロコダイルも応戦し、激しい戦いの後、ついにルフィのゴムゴムのストーム(激しい連打)が、
クロコダイルをとらえ、クロコダイルの身体ごと地下から地上までいくつもの岩盤を砕き、
ついにクロコダイルを地上へそして空へとぶっ飛ばします。

血まみれのクロコダイルが空に舞うのを見て、ビビも仲間たちもルフィの勝利を知ります。
後は、今目の前で繰り広げられている戦いを止めるだけなのですが、ビビの声は届きません。
もう敵は誰もいなくなり、全てが終わっているのに、人々が血を流しています。
100万人近い群集の狂気を止めることはできないのか?

ところが、そのとき、奇跡が起こります。

人々が何年も待ち望んだ雨が、アラバスタ王国に降り始めたのです。
戦いを続ける国王軍と反乱軍の兵士たちにも雨が降り注ぎ、人々に迷いが生じ、そして、
塵旋風で曇っていた広場も、雨によって次第に視界が開けてきます。

人々の迷いによって狂気が消え、塵旋風が消えたとき、ついにビビの声が人々に届きました。
戦いの手を止めた兵士たちの真ん中に、気を失ったクロコダイルが落ちてきます。
全てが解決したわけではありませんが、「真の戦い」は終わったのです。

葬祭殿の地下では、コブラ王が、ルフィに国を救ってくれたことの礼を言っています。

ここまでが、第126話 越えていく!アラバスタに雨が降る!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/169-9a678ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。