07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第148話 伝説の一族!「うそつきノーランド」 

伝説の一族!「うそつきノーランド」は、アニメONEPIECEの第148話です。
第148話 伝説の一族!「うそつきノーランド」のストーリーのあらすじは、
夢を語る男、モンブラン・クリケットの家に着いたルフィたちでしたが、
クリケットは留守でした。外には、随分と古い絵本が置いてありました。
その絵本のタイトルは「うそつきノーランド」です。

ノースブルーでは有名なその話を、ナミが読んで聞かせました。

昔、ノーランドという探検家がいた。ノーランドの語る話は、まるでウソのような冒険ばかり。
しかし、国の人たちは、それがウソなのか本当なのかわかりません。
ある日、探検から帰ったノーランドは、グランドラインのある島で、黄金卿を発見したと、
国王に報告しました。勇敢な国王はその島を目指し、幾多の困難を乗り越えてやっと、
その島に到着しましたが、その島に黄金はありませんでした。ノーランドの話はウソだった。
ノーランドは国王を騙した罪で死刑になりましたが、死刑のときも、黄金卿は海に沈んだと
死ぬ間際までノーランドはウソをつくことをやめませんでした。

という話です。その話が終わるころ、海の中からモンブラン・クリケットが現れ、
ルフィたちが黄金を奪いに来たと勘違いしていきなり攻撃を仕掛けてきました。
ところが、サンジとの戦闘中にいきなり倒れてしまいます。

チョッパーの診断では、潜水病で、しかもその潜水病が持病になってしまうほどに、
毎日休む間もなくもぐり続けているということです。

クリケットの看病をしていると、そこにショウジョウとマシラがやってきますが、
クリケットを「おやっさん」と慕う二人は、ルフィたちがクリケットの看病をしていると聞き、
ルフィともすっかり仲良くなってしまいます。

目覚めたクリケットに、ルフィが「空島に行きたい」と言うと、
ノーランドの航海日誌を見せてくれました。

ノーランドの苗字はモンブラン。つまり、モンブラン・クリケットは、ノーランドの子孫です。
クリケットは、ノーランドの子孫というだけで周りから笑われ、それによって人生が狂い、
ノーランドをうらんでいましたが、一族のほかの者たちは、ノーランドが類稀な正直者だと
知っていたため、誰も恨んでいなかったそうです。

ノーランドを一番うらんでいたクリケットが海賊になり、10年前にくしくもジャヤに着いた。
ノーランドの言った黄金卿の舞台となった島が、このジャヤだったのです。
その運命のめぐり合わせに、自分の人生を狂わせたノーランドとの勝負として、
自分が死ぬ前に、黄金卿はあるのかないのか、それをハッキリさせたいということで、
毎日海に潜っているようです。マシラとショウジョウは絵本のファンだとか。

ノーランドが実際に書いた400年前の航海日誌には、航海の途中で商人から買った、
空島の珍しい乗り物ウエーバーのことや、探検家仲間から空島の魚、空魚(くうぎょ)を
見せてもらった話など、空島があることが当たり前のように書かれていました。

その話に目を輝かせるルフィたちが、ノーランドの日誌に夢中になっているとき、
クリケットはショウジョウとマシラに、自分達がルフィたちに力を貸してやろうと
提案しているのでした。

ここまでが、第148話 伝説の一族!「うそつきノーランド」のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/178-06d5e397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。