09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第131話 はじめての患者!ランブルボール秘話 

はじめての患者!ランブルボール秘話は、アニメワンピース(ONEPIECE)の第131話です。
この第131話から第143話までの間は、テレビアニメのオリジナルストーリーです。
一話完結のストーリーや、数話の物語もあっての13回ですからアニメオリジナル1という
アニメスペシャルとは別のテーマにしました。

第131話 はじめての患者(クランケ)!ランブルボール秘話のストーリーのあらすじは、
チョッパーの昔話です。チョッパーがドクトリーヌとの思い出を語る話です。

とある、小さな無人島を見つけたルフィたちは、
その島にある木の実を保存食用に採ることにしました。

くじを引いて、ルフィ、ゾロ、ウソップが木の実の採取係り、ナミは島の測量をすると言います。

くじの結果、ひとり船番をすることになったチョッパーは、誰もいないメリー号で、
自分が船長になったつもりで、海賊ごっこをしていると、
メリー号の中で、ひとり読書をしているロビンをみつけました。
みなロビンが仲間になったことを忘れていたようです。

ルフィが仲間になることを認めたとは言っても、それまではバロックワークスの副社長で、
暗殺が得意と言うニコ・ロビンを、チョッパーは怖がってしまい船室に閉じこもります。

船室には、昨夜チョッパーが作りかけのままだったランブルボールが置いてあり、
チョッパーはその続きを作ることにしました。
そして、ランブルボールが出来たときのことを思い出していました。

それは、まだチョッパーがドクトリーヌから実際の治療や薬の調合などもさせてもらえない頃、
ドクトリーヌの目を盗んで薬の調合の練習をしていると、ドクトリーヌがやってきたため、
チョッパーは慌てて、調合中の薬の中に入れる予定もない薬品も混ぜてしまい、さらに、
ドクトリーヌにばれないように、出来上がった薬を飲んでしまったのです。
すると、いきなり腕が強化されて・・・というように偶然できたのがランブルボールのようです。

ふと匂いで気づくと、背後にニコ・ロビンがいました。
ロビンは、ただコーヒーを淹れにきただけだったのですが、ロビンを怖がるチョッパーは、
ランブルボールを食べて船室で暴れだしてしまい、大切な水を入れた樽を壊してしまいます。

ロビンがコーヒーが飲みたいからというので、ロビンに言われて仕方なく水汲みに行くことに
なったチョッパーでしたが、何故かロビンも一緒についてきました。

無人島の池に着いたチョッパーが、ひとり水汲みをしていると、ロビンがチョッパーに、
「ドクトリーヌという人のことを教えて」と言いました。
先ほど船室でチョッパーは、独り言を言っており、それをロビンが聞いたようです。

ドクトリーヌこと「ドクターくれは」は、チョッパーの恩人で医者です。
チョッパーに自分の持つ医術のすべてを教えてくれた人です。
チョッパーがドクトリーヌに医術を習い始めて3年も経つのに、本を読まされるばかりで、
診察や治療はおろか、薬の調合さえもさせてもらえませんでした。
そのことに不満を持っていたチョッパーでしたが、ある日、ドクトリーヌが病に倒れます。

そして、ドクトリーヌは、自分が初めての患者になってやるからお前が治せと言います。
チョッパーが失敗したらドクトリーヌの命はありません。
一生懸命にどんな病気なのかを調べ、薬を調合し、ドクトリーヌに渡すと、
ドクトリーヌはチョッパーを信頼して、薬の調合のことも何も聞かずに薬を飲みました。
患者が医者を信頼しなかったら病気は治らないと言って。

そして夜になり、チョッパーが看病を続けていると、ドクトリーヌがチョッパーに、
「お前にしては、よくやったよ」と言って褒めてくれました。
チョッパーがドクトリーヌに医術を習った6年間の間で最初で最後の褒め言葉でした。

こうして、ドクトリーヌは自分の命をかけて、チョッパーを一人前の医者にしてくれました。

そういう話をして、ロビンと一緒に船に帰り、夜になって仲間全員で食事をしたのですが、
結局、ウソップはさぼっていて、ルフィは猿と遊んでいて、木の実を採ってきたのは、
ゾロひとりだけでした。それでも、アラバスタでの激しい戦闘の後、久しぶりの休日です。

船に残されたチョッパーは、ルフィにどうだったかと聞かれ「いい一日だった」と答え、
ロビンとも仲良くなれそうです。

しかし、全員での食事のときも、ロビンだけはひとり離れて本を読みながら座っています。
これから大丈夫なのでしょうか?
そのとき、ロビンが読んでいた本のタイトルは「レインボーミスト(虹の霧)」でした。

これが、第131話 はじめての患者!ランブルボール秘話のあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/179-754febc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。