04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第133話 受け継がれる夢!カレーの鉄人サンジ 

受け継がれる夢!カレーの鉄人サンジは、アニメワンピース(ONEPIECE)の第133話です。
今回はタイトルどおり、サンジがメインの、テレビアニメのオリジナルストーリーです。

第133話 受け継がれる夢(レシピ)!カレーの鉄人サンジのストーリーのあらすじは、
濃い霧のために視界が悪く、危険な航海を余儀なくされていたルフィたちですが、
気づけば、海軍の軍艦の艦隊の中に紛れ込んでしまっていました。

軍艦も深い霧のため、身動きできずに停泊しているようです。
海軍に見つかっては大変と、急いでその場を離れようとしますが、
軍艦の甲板に一人の少年をみつけます。少年もルフィたちに気づき、海賊であることに驚き、
甲板から海へと落ちてしまいます。

その少年をロビンの能力で助け、チョッパーが看病をして、少年は目覚めたのですが、
海軍の一員として少年と言っても海賊のルフィたちに敵意むき出しです。
しかし、サンジが差し出したスープを見て、その透明感に驚き、飲んでみてさらに驚く。

少年の名前はタジオ、海軍のコック見習いです。
タジオは、自分の失敗でせっかくコックが作ったカレーをこぼしてしまい、
それをシェフに謝ったところ、詫びる気持ちがあるなら、自分で作れと命令されます。

しかし、まだ見習いのタジオには、何度作ってみても、いつもの味が出せません。
その上、今日は毎週1回恒例の、艦隊の各船長が集まり海軍カレーを味わう日だとかで、
タジオの作るカレーを海軍の偉い人たちに食べさせなくてはならないのでした。
ロビンの話では、その海軍カレーは美味しいことで有名で、各船で各船の味があり、
その味を競っているくらいだとか。

そんな重要な日にカレーを作ることを任されてしまったタジオは、
途方にくれて甲板にいたのですが、そんな大役は自分には無理だと最初から逃げ腰です。
タジオは見習いになってまだ半年、そして皿洗いと皮むきしかしたことがないと言います。

そんな弱気な言葉を聴いて、サンジもその場を去ろうとしますが、
タジオが海軍に入った理由は、タジオの夢がオールブルーだったのです。
海軍にいれば、オールブルーが見つけられる可能性が高いと思って海軍にいたのでした。
つまり、サンジと同じ夢を持つ少年だったわけです。

そのことを察したナミは、サンジにタジオを軍艦まで送り届けてやるように言って、
サンジが、すぐには戻らなくて良いように、霧が晴れるのは昼ころと伝えておきました。

ルフィが軍艦まで腕を伸ばして、サンジとタジオは軍艦へと行きます。
何故かルフィも一緒に来てしまったのは不安の種ですが、サンジは見学だと言って、
タジオについて海軍の厨房まで行きました。

サンジが作り方を教えてくれるのかと期待して、サンジに海軍カレーの残りを味見させようと、
カレーを差し出すタジオでしたが、サンジは恩人ゼフから聞いた言葉をタジオに伝えます。

コック見習いが皿洗いをするのは、厨房にいることが出来るため。
そして厨房にさえ居れば、先輩たちの仕事ぶりから料理の仕方は盗むことが出来る。
料理は教えられるものではなく、自分がその気になって盗み学ぶものだとタジオも気づきます。

早速、カレー作りを始めるタジオでしたが、最初から間違ったことをしそうになり、
サンジがさりげなくヒントを与えます。
そして、サンジが邪魔をするかのようにいろいろと動いたりしゃべったりするたびに、
タジオが皿洗いをしているときにシェフが先輩コック達に言っていたことを思い出し、
タジオは、大事なポイントを間違わずにカレー作りを続けていくことができました。

そうして完成したカレーだったのですが、何か味にコクが足りません。
ショックを受けているとサンジがリンゴをつまみ食いしています。
それでタジオは隠し味のことに気づき、とうとうカレーを完成させることが出来ました。

甲板でたたずむサンジにお礼を言うタジオでしたが、サンジは自分は何もしていないと。
たぶん、タジオに自信を持たせたかったのでしょうね。
そうこうしているうちに、やっぱりルフィが騒ぎを起こして海兵に追われています。
ルフィとサンジはメリー号に戻らなくてはなりません。

去り際に、サンジはタジオに向かってこう言いました。

「俺もあると思うぜ。オールブルー!」と。

船長たちが集まる昼食会で、タジオの作ったカレーは大好評でした。
心の中でサンジにお礼を言って、いつかサンジに負けないくらいのコックになることを
心に誓うタジオでした。

以上が、第133話 受け継がれる夢(レシピ)!カレーの鉄人サンジのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/181-ff5c7763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。