10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第151話 一億の男!世界最高権力と海賊黒ひげ 

一億の男!世界最高権力と海賊黒ひげは、アニメワンピース(ONEPIECE)の第151話です。
第151話 一億の男!世界最高権力と海賊黒ひげのストーリーのあらすじは、
友であるクリケットの金塊を取り戻すため、ベラミーのいるモックタウンに到着したルフィ。
ベラミーは昼間のことがあるため「パンチの撃ち方、知ってるか?」と言ってバカにします。
いよいよ、ルフィとベラミーの決闘のはじまりです。

ベラミーの仲間たちや、昼間ルフィたちを笑った者達が見守る中、
ベラミーはバネバネの実の能力で街を飛び回り攻撃をしかけてきます。
そして、ベラミーの速度が最高速度になり、ベラミー最高の技で攻撃をしかけてきたとき、
ルフィは、ゴムゴムの能力を一切使うことなく、「パンチ」一発でベラミーを仕留めます。

圧倒的な力の差に、観衆は慌てて逃げ出してしまいました。
サーキースも、強がってはみたものの、ベラミーを、たったの一発のパンチで倒してしまう
ルフィには、怯えて手がでません。ルフィもまた、それ以上の戦いをしようとしません。
ルフィは、金塊を取り戻すと、一路、クリケットのもとに向かいます。

丁度その頃、世界の中枢、聖地マリージョアでは、世界最高権力の五老星(ごろうせい)と
呼ばれる5人の老人たちが、クロコダイルを倒したルフィについて話をしています。
ついに世界のトップにまでマークされるようになってしまいました。

そして、マリージョアでは、王下七武海の補充をすべく、他の七武海を召集しての
会議が開催されました。

会議には、ドンキホーテ・ドフラミンゴ、元懸賞金3億4000万ベリー、そして、
バーソロミュー・くま、元懸賞金2億9600万という大物二人と、あの鷹の目ミホークが、
参加をしました。
海軍本部からは、大参謀で中将の、つる。そして、海軍のトップ、海軍元帥の仏のセンゴク。
そうそうたるメンバーです。

そんな顔ぶれが揃う会議に、どこからともなく紛れ込んだ男がいました。
その男は、ウエストブルーで度の過ぎた暴力によって国を追われた元保安官のラフィット。
センゴクをはじめ、とんでもない戦闘力を持つものたちの集まる場に忍び込むような、
このラフィットという男もただものではないようです。

ラフィットは、王下七武海のクロコダイルの後任として推薦したい男がいると言う。
その推薦したい男というのは、黒ひげティーチ、ラフィットの海賊団の船長だとか。
しかし、その場の誰もティーチなどと言う名前も知らないほどまだ無名の海賊です。

黒ひげとは、あのドラムを襲い、そして、ルフィの兄エースが追っている男ですね。

丁度時を同じくして、世界最強の海賊白ひげのところに赤髪のシャンクスの使者が現れます。
名をロックスター、懸賞金は9600万ベリーという大物ながら、シャンクスの海賊団では、
まだ新人です。そして、9600万ほどの金額でも、白ひげの船では、誰も名前を知らない。
いったい、シャンクスや白ひげというのは、どんなレベルなのか?

白ひげ、エドワード・ニューゲートは、ロックスターが持って来たシャンクスからの手紙を、
目の前で破り捨て、話があるなら、いい酒を持って自分で来いと、ロックスターを追い返します。

その知らせを聞いたシャンクスは、言葉どおり酒を持参して白ひげのところへ向かうようです。

一方、モックタウンの街では、ベラミーが倒されたと大騒ぎです。
そして、ルフィと昼間言い争い、ベラミーとルフィたちの勝負はルフィたちの勝ちだと
そう言っていたあの大男が、ルフィの手配書を見て、
「あの覇気で3000万はねえと思っていたが、まさかここまでだったか」と言っています。

大男が、ルフィの懸賞金3000万ベリーと聞いて、「お前が?そんなわけあるか」と
ルフィに言っていたのは、バカにしていたのではなく、ルフィの力を見抜いていたようです。

そんな大男にサーキースがぶつかってしまい、ベラミーをやられてむしゃくしゃしている
サーキースは、チンピラのように大男に文句を言いますが、サーキースもまた、
ベラミーがルフィにされたように、大男によって一撃で倒されてしまいます。

この大男こそ、あの黒ひげ、マーシャル・D・ティーチだったのです。
黒ひげは、七武海になるため名をあげる必要があり、そのために1億を越える賞金首を倒そうと、
1億超えの賞金首を捜していたようです。

ルフィが、黒ひげの標的になってしまいました。

そして、あの格闘チャンピオンは、ジーザス・バージェスといい、黒ひげの仲間でした。
それだけではなく、はるか彼方のカモメを撃ち落とした男も黒ひげ海賊団の狙撃手で、
通称「音越」名前は、ヴァン・オーガー、ルフィに爆発の可能性のあるリンゴを渡したのは、
黒ひげ海賊団の船医、通称「死神」のドクQ(ドクキュー)だったのです。

ラフィットひとりを欠いてはいますが、この黒ひげ海賊団が標的ルフィを追います。
空島を目指すルフィは、空島に行けるのか?その前に、黒ひげの脅威が迫ります。

ここまでが、第151話 一億の男!世界最高権力と海賊黒ひげのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/184-8e3a93e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。