05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第156話 早くも犯罪者!?スカイピアの法の番人 

早くも犯罪者!?スカイピアの法の番人は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第156話です。
不法入国の罪で、ルフィたちは、既に犯罪者になってしまいましたが、罰として、
10倍の入国料を払えば、まだ許されるとホワイトベレーのマッキンリーから説明を受けます。
10倍とは700億エクストル、つまり700万ベリーです。

争いを避けたいウソップは、ナミが戻ればそのくらいのお金は持っているのではと考え、
法の番人ホワイトベレーに逆らわないようにしようとしますが、ナミを待つ間に、
ルフィたちが何をしても、まるでこじつけのようにルフィたちを犯罪者にしようとする
ホワイトベレーに、ルフィやゾロは爆発寸前です。

ついには、何もしないという選択をしてビーチで昼寝をはじめたルフィたちのイビキが、
環境破壊罪だと言い出したため、もう堪忍袋の緒が切れる寸前でしたが、丁度そのとき、
ナミが戻ってきました。
アッパーヤードでこの国の怖さが身にしみてわかっているナミは、お金で解決するならと
一安心するのですが、700万ベリーもの支払いをしないといけないとわかり、
あまりに法外な高額請求についキレてしまい、乗っていたウェイバーでホワイトベレー隊長の
マッキンリーに激突して、マッキンリー隊長を気絶させてしまいます。

パガヤさんの話では、このままでは公務執行妨害ということで第5級の犯罪者になると言う。
そして、その罪は、雲流しという刑が待っており、雲流しは死刑と同じだとコニスは言います。
コニスの説明から、どうやら、ルフィたちの頭上に降ってきたあのセント・ブリス号も、
200年前に、雲流しの刑にあったのではないかと思われます。

大変なことになってしまったルフィたちでしたが、その場をパガヤさんが救ってくれて、
まずはマッキンリー隊長の治療をするようにホワイトベレーの隊員たちに勧めてくれます。

その間に、逃げるようにとコニスに言われ、みな逃げようとするのですが、
ルフィがその場を動きません。コニスたちに迷惑がかかるからと言うナミにも、
自分達は何も悪いことはしていないし、コニスたちも何も悪いことをしていないから、
捕まえるほうがおかしいと、ルフィが正論を言います。

ナミは異常な現象を目の当たりにしてきたところですから、逃げ出したいのですが、
ルフィを説得しようとしている間に、ホワイトベレーが戻ってきてしまい、
ホワイトベレーがルフィたちを捕らえようと攻撃をしてきました。

青海人では、上空1万メートルのスカイピアでは身体能力が落ちてしまい、戦えないはずが、
ルフィは、あっという間に、ホワイトベレーを全滅させてしまいます。

しかし、ホワイトベレーに勝ってしまったことで、とうとうルフィたちは、第2級犯罪者となり、
神官たちによって裁かれることになってしまいました。

ここまでが、第156話 早くも犯罪者!?スカイピアの法の番人のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/189-872a1da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。