09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第164話 シャンドラの灯を燈せ!戦士ワイパー 

シャンドラの灯を燈せ!戦士ワイパーは、アニメONEPIECE(ワンピース)の第164話です。
第164話 シャンドラの灯(ひ)を燈(とも)せ!戦士ワイパーのストーリーのあらすじは、
元神ガンフォールがアッパーヤードに入ったことで、シャンドラの戦士たちが、
今が攻め入るチャンスではないかと話し合いをしているところに、シャンドラの少女アイサが、
いきなり怯えて飛び込んできます。「声が2つ消えた」と。
アイサは生まれたときからマントラが使えるようで、遠くにいる人の気配などもわかる。

ほぼ同時に、神官とガンフォールの声が消えたとアイサは言います。
それを受けて、今が絶好のチャンスと、戦士ワイパーは、アッパーヤードに攻め入ります。

ワイパー率いるシャンドラの戦士たちによるアッパーヤード総攻撃です。
意味はわかりませんが、「シャンドラの灯を燈せ!」が彼らシャンドラの戦士の合言葉。
サトリがルフィたちに倒されたため、残る神官3名が、それを迎え撃ちます。
神官シュラ、そして神官でスカイブリーダーのオーム、空番長ゲダツの三人です。
もうゾロたちにかまっている場合ではありません。

シャンドラの戦士たちは、ワイパーをリーダーに、ブラハム、カマキリ、ゲンボウ、そして、
女戦士のラキがそれぞれ各部隊を率いて一斉にアッパーヤードに攻め入ります。

ルフィたちは、サトリを倒し、ウソップはカラス丸を追っていたため難を逃れ無事でしたし、
ウソップがカラス丸を発見したため、無事カラス丸に戻ることができ、迷いの森を抜けます。

神官シュラに倒された空の騎士と、ピエール、そして空の騎士を救うため河に飛び込んでしまった
チョッパーは、絶体絶命のピンチだったのですが、チョッパーたちを救ってくれる者がいました。
なんとサウスバードたちでした。しかも、ジャヤにいたサウスバードとは違い、
サウスバードは非常に巨大なサウスバードで、ガンフォールが神さまだから救ったようです。

一方、何かを発見したナミは、必死で海岸を目指します。ロビンも何かに気づいているようです。
しかし、ロビンも推測の域を出ないもので、根拠はないようですし、ナミも、海岸に出て、
実際に「それ」を目の前にしないことには、まだ自分の目を疑っていると言います。

いったいナミは何を見たというのか?

アッパーヤードへ一斉に攻め込むシャンドラの戦士たちと迎え撃つ神官たちの戦いの音は、
ゾロやナミ、ロビンたちのところまで聴こえてきています。
チョッパーやルフィたちのことをロビンが心配していますが、ナミについて海岸へと向かう。

そして、ついに波の音が聞こえるところまで来ると、急にナミが走り出しました。
たしかに「それ」があったのです。
ロビンも、それを見て推測どおりだったことがわかったようです。
ゾロは言葉を失っています。

ナミが見たものは、今朝までナミたちがいた、あのクリケットの家でした。
正確に言えば、クリケットの家の残り半分です。
クリケットの家があんな絶壁に建てられている理由、半分しかない理由はこれだったのです。
クリケットの家があったところは島の裂け目で、ジャヤの半分が、たぶん、あの海流、
ノックアップストリーム(突き上げる海流)によって空へと飛ばされ、それでここに
島雲ではない大地があるようです。

つまり、禁断の聖地アッパーヤードとは、ジャヤの半分で、ノーランドが見た黄金卿だった。
ジャヤの黄金卿は何百年も空を漂っていたわけです。

ここまでが、第164話 シャンドラの灯を燈せ!戦士ワイパーのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/197-026152be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。