03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第187話 鐘の音の導き!大戦士と探検家の物語 

鐘の音の導き!大戦士と探検家の物語は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第187話です。
第187話 鐘の音の導き!大戦士と探検家の物語のストーリーのあらすじは、
シャンドラの戦士ワイパーが子供の頃に、酋長から聞いた話です。

シャンドラの守り神、大戦士カルガラの血を引くワイパーは、
大戦士カルガラが、どうしても故郷を取り戻したかった理由を酋長から聞いていたのでした。

ナミの指示で、全員先にメリー号へと向かい、ナミは後からルフィを連れてメリー号へと向かう。
それで空島を全員で脱出することとなったわけですが、アイサも逃げるようにワイパーを促す。
しかし、ワイパーは、その場を立ち去ろうとせず、昔、酋長に聞いたこの話を思い出すのでした。

今から400年前、大戦士カルガラには、たった一人の親友がいた。
その親友の名前は、モンブラン・ノーランドだったのです。
今回は、魔物と呼ばれたシャンドラの戦士カルガラと、大うそつきと呼ばれた探検家
モンブラン・ノーランドの物語です。

シャンドラの村はその頃、病によって次々と人が死に、死者は100人を超え全滅の危機でした。
神の声を聞くことが出来るという神官も病に倒れ、
最後に、「若い娘を生贄の祭壇で神に捧げるように」との言葉を残して死にました。

そこで村のムースという娘が生贄として選ばれ、神にその命が捧げられることが決まった。
丁度その頃、嵐の中遭難しそうになっていた探検家で提督のモンブラン・ノーランドは、
美しい鐘の音を聞いたような気がして、進路を鐘の音のほうへと取ったところ、
島に辿り着いた。そして、確かに美しい鐘の音がその島の奥から聞こえてきたのです。

島へ入ろうとするノーランドたちは村の少年セトに会います。
セトはカルガラのような戦士になることに憧れていたのですが、村人たちが次々と死ぬ病と
同じ病に蝕まれ、死を待つのみとなっていました。
その少年セトを見たノーランドたちは、セトが樹熱(きねつ)という疫病だと知りました。
シャンドラの村を襲っていたのは樹熱という疫病だったのです。

すぐさまノーランドは船医に命じて、コニーネという樹熱の特効薬をセトに投与し、
自分達も予防のためにコニーネを摂取したのでした。

その頃、村では生贄を神に捧げ、村を救ってもらうための儀式がなされていました。
生贄の祭壇に村の娘ムースを捧げ、そこに現れたのは、村人がカシ神様と呼ぶ大蛇でした。
空の主に良く似た大蛇は、空の主よりもかなり小さいとは言っても、
人を一人丸呑みにするほどの大きさです。その大蛇がムースに迫ったとき、
ノーランドは河へと飛び込み、生贄の祭壇へと駆け上がり、大蛇の首をはねて娘を救いました。

しかし、シャンディアの村人たちは大騒ぎです。神を殺したと。
大戦士カルガラがノーランドに襲いかかりますが、ノーランドの腕もたしかで、
ノーランドは大戦士カルガラと互角に渡り合います。

ムースに村のために命を自ら絶つように言うカルガラ、それを阻止しようとするノーランド。
ノーランドが娘ムースのナイフを取り上げたスキにカルガラの槍がノーランドを貫いた。
しかし、それでノーランドが絶命することはなく、自分が村を救うから儀式をやめろと言います。

このような儀式は進歩を侮辱する神をも侮辱する行為だとノーランドは叫び、
自分に時間をくれれば、村は必ず救ってみせるとノーランドは訴えました。

クルー達を人質に取られ、カルガラは引き続きノーランドにトドメを刺そうとし、
戦士たちもノーランドの言葉に耳をかそうとしませんでしたが、唯一村の酋長が戦士を止めました。
そして、ノーランドに明日の日暮れまでの猶予を与え、村を救ってみせろと言ったのです。

それにノーランドも応じ、ノーランドは村を救うべく、森へと入っていきました。
その間、クルー達は人質です。もしノーランドが約束どおり戻らなければクルー達は、
生贄として全員神に捧げられてしまいます。

神を殺したノーランドを戦士たちはすぐにでも殺して神の怒りを静めようとしますが、
村の酋長はそれを止めます。酋長には神の声を聞く力はありませんが、真剣な人の言葉はわかると。
そして、病で死を待つしかなかったはずの少年セトの病が治っていました。
ノーランドたちによってコニーネを投与されていたからです。

そして、森へ入ったノーランドは、コニーネの原料となるコナの木を発見しました。

村に希望の光が差し始めたわけですが、そのとき不運にも島を地震が襲います。
村人たちは神の祟りだと怖れます。ノーランドが神を殺した祟りだと。

神殺しのノーランドを討つべく、森へと向かう大戦士カルガラは、地震によって島の地盤が裂け、
その裂け目に飲まれているノーランドを発見したのでした。

ここまでが、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)第187話
鐘の音の導き!大戦士と探検家の物語のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/221-5e7822be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。