07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第193話 戦いの終焉!遠く響く誇り高き幻想曲 

戦いの終焉!遠く響く誇り高き幻想曲は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第193話です。
第193話 戦いの終焉!遠く響く誇り高き幻想曲(ファンタジア)のストーリーのあらすじは、
ルフィの渾身の一撃はエネルを倒し、ルフィの拳はそのまま黄金の鐘へと到達し、
スカイピアの人々に、鐘の音、島の歌声を聞かせることができました。
黄金の鐘はそのまま島雲から下へと落下してしまいましたが、落下中も何度もその音色は、
雄大に、どこまでも遠く鳴り響きました。

ルフィの希望通り、クリケットや猿山連合のマシラ、ショウジョウのもとへも届きました。
クリケットはルフィの気持ちを察し、知らせてくれたことに礼を言いながら、
ルフィたちの無事を知り安堵します。ワイパーの願い、シャンドラの灯も燈ったわけです。

空島では、エンジェル島も、シャンディアの村、雲隠れの村もなくなってしまい、
人々はみなアッパーヤードへと向かって集まってきました。

コニスも、ルフィとナミとともに仲間たちのもとへとやってきました。
途中で神官たちの食料庫をみつけたルフィたちは食料も山のように持ってきています。
死んだと思われていたコニスの父親パガヤも、白海まで叩き落されただけで無事でした。

エネルに労働をさせられていた神隊の人々も無事で、家族との再会も出来ました。
シャンディアの戦士たちも、重傷を負ったものの命までは落としておらず、
目覚めたものたちで神官たちエネルの手下だった者たちを雲流しの刑にしました。

すべての戦いが終わったのです。

一番の重傷者だったワイパーも、チョッパーのおかげで命をとりとめ、ワイパーが目覚めた時には、
ルフィが始めた宴で、人々はおおいに盛り上がっていました。

そこには、シャンディア、エンジェル島の住人、青海人の区別はなく、空の主まで参加しての
まるで、すべての戦いの終りを告げるかのような楽しそうな人々の姿がありました。

ここまでが、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)第193話
戦いの終焉!遠く響く誇り高き幻想曲(ファンタジア)のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/227-1fcad2a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。