05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第207話 ロングリングロングランドの大冒険! 

ロングリングロングランドの大冒険!は、アニメワンピースの第207話です。
第207話 ロングリングロングランドの大冒険!のストーリーのあらすじは、
タコバルーンを熱気球代わりにして空を航海していたルフィたちでしたが、
とうとうダイアルの燃料が切れてしまい、海に着水しました。

しかし、シーモンキーという海の生き物のいたずらで高波に襲われ逃げていると、
不思議な船と遭遇します。
海賊船のようなのですが、海賊旗も帆もありませんし、会話から船長や航海士もいないとわかる。
クルーはやる気がなく、まとまりもないため、あっさりシーモンキーの波に飲まれてしまう。
しかし、船に戦闘の後はなく、敵と戦って船長たちを失ったようでもなさそうでした。

不思議な船が気になりつつも、新しい島が見えたため、ルフィたちは気持ちが島にうつり、
さっさと島へと上陸してしまいます。

丁度その頃、ジャヤのモックタウンでは、何故かベラミーとビックナイフ・サーキースが、
戦っていました。実力的にはベラミーのほうが上のはずにもかかわらず、サーキースが押し、
しかし、戦闘で押しているはずのサーキースもつらそうです。
サーキースは、王下七武海のドンキホーテ・ドフラミンゴに操られているようです。
ベラミーたちはドフラミンゴの部下だったようで、ルフィに負けたことでのケジメらしい。
もう1度チャンスをと言うベラミーでしたが、ドフラミンゴには聞き入れられませんでした。

一方、島に上陸したルフィ、ウソップ、そしてチョッパーは、不思議な動物たちと遭遇します。
この島は、とにかくすべてが「長い」
空高く細長くそびえる木々以外は草原が広がり、動物たちも長い。
異常に胴が長い犬や、縦長の熊など、獰猛で危険な動物はいなさそうですが、何故か長い。

その頃、メリー号からルフィたちを追うため島に上陸したナミ、ゾロ、サンジ、ロビンの前に、
フォクシー海賊団と名乗る海賊船が現れます。

ルフィたちは民家らしきものをみつけて行ってみるも、キリンのような長い馬、シェリーが、
そこにいるだけで、主人はどこへ行ったかわからないと言う。
チョッパーが馬と話をすることでそれがわかったのですが、チョッパーが馬と話をしていると、
ルフィが動く竹をみつけます。しかもその竹もてっぺんが見えないほどの高さです。
竹がルフィにぶつかってきたため、ルフィが竹を蹴り折ってしまうと、一人の男が落ちてきました。

男の名前はトンジットと言い、この長い竹は竹馬で、世界一高い竹馬の記録を作ろうと、
竹馬に乗ったまでは良かったものの怖くて降りられないまま10年が経過したとか。
その間は、同じように背の高い木になる果実で生き延びていたらしい。

トンジットの話では、この島は何もさえぎるものがなくのびのびとしているため、
動物たちものびのびとして長いのだとか。

そんなウソか本当かわからない話を聴いているルフィたちを何者かが双眼鏡で見ていました。

ここまでが、第207話 ロングリングロングランドの大冒険!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/232-94f309e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。