06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第210話 銀ギツネのフォクシー!猛烈妨害攻勢 

銀ギツネのフォクシー!猛烈妨害攻勢は、ワンピース(Onepiece)アニメの第210話です。
第210話 銀ギツネのフォクシー!猛烈妨害攻勢のストーリーのあらすじは、
不利なレースを強いられた麦わらの一味でしたが、
ナミの航海術とウソップのインパクトダイアルで、ルフィとサンジの船はリタイアになったものの、
銀ギツネのフォクシーことフォクシー海賊団船長の姑息な妨害も物ともせず、
何とかゴール直前まで辿り着いた。

2位のポルチェたちのチームも引き離し、確実に勝てると思ったとき、
フォクシーがついに最後の手段に出ました。

フォクシーも悪魔の実の能力者だったのです。
ノロノロの実の能力者で、手から発するノロノロビームをあびたものは、人や物を問わず、
すべてがその速度を失いノロノロになってしまうというふざけた能力でした。

フォクシーたちが、レースに対して自信満々だったのは、この奥の手があったからだったのです。
予想外の妨害で、第一回戦のレースには負けてしまいました。
そして、奪われたクルーは、チョッパーだった。

仲間から離され、フォクシー海賊団の一員になってしまったチョッパーは泣き叫びますが、
ゾロが、男なら泣くなと一喝して第二回戦へと挑みます。

しかし、第二回戦は、メンバーのチョッパーを欠き、ゾロとサンジのみの参加です。
普段から仲の悪い二人が協力して何かができるとは思えない上に、相手のメンバーは、
巨人族と魚人のハーフという巨人並の大きな男をはじめ、三人とも超大型のメンバーです。

圧倒的に不利な第二回戦で、ゾロとサンジは勝てるのか?

ここまでが、第210話 銀ギツネのフォクシー!猛烈妨害攻勢のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/235-8c075ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。