10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第212話 レッドカード連発!グロッキーリング 

レッドカード連発!グロッキーリングは、アニメOnepiece(ワンピース)の第212話です。
フォクシー海賊団のグロッキーモンスターズによる反則凶器攻撃でボロボロになったゾロとサンジ、
ゾロが10秒だけサンジに手を貸すように頼み、サンジもそれに同意しての反撃開始です。

ところが、相手はさらに強力な武器で勝負に臨みます。
そして、もちろん審判はそれをわざと見ていません。
ですが、今回はゾロもサンジも本気です。

素手のまま武器をもった相手の幹部でグロッキーモンスターズのリーダー、ハンバーグを、
サンジの強烈な蹴りが襲い、最後には魚巨人の持つ凶器のところまで蹴り飛ばして、
魚巨人の手でトドメを刺すようになりました。

残ったメンバーのピクルスも刀を振り回しての攻撃をゾロに仕掛けましたが、
ゾロが刀を使わないまま、無刀流高波でピクルスを弾き飛ばし、ピクルスの攻撃は、
魚巨人へと炸裂してしまいました。

そして、倒れる魚巨人のビッグパンをサンジが蹴り上げて倒れられなくすると、
ゾロがサンジに向かって突っ込んでいきます。
そのゾロをサンジが蹴り飛ばし、その勢いで巨人の口をつかんだままゾロがゴールを決めます。

こうして、第2回戦は、ゾロたちの勝利となりました。
やっと奪われたチョッパーが取り戻せるかと思ったとき、ナミが1つの提案をします。

ここでオヤビン(フォクシー)を取ってしまえば、第3回戦で確実にチョッパーが奪えるのでは?
逆にフォクシーをそのままにしておいたら、またあのノロノロビームで第3回戦が危うい。
もし第3回戦で負けても、チョッパーを奪い返されてしまうため、フォクシーを奪うことを
ナミは、ルフィに提案したのですが、フォクシー海賊団からは大ブーイングです。
海賊としての美学に反するとかでの大ブーイングなのですが、元々そんな正々堂々とした
まともな勝負をする相手ではないので、気にする必要もなかったのですが、
そのときロビンが、オヤビンを取るということは、オヤビンが仲間になってしまうと言うと、
全員が、それを嫌がり、オヤビン(フォクシー)を取るという選択肢はなくなりました。

こうして、ルフィは、最初から決めていたとおりに、欲しいものを指名したのですが、
指名した名前は、チョッパーではなく、「シェリー」でした。あのトンジットの馬です。

トンジットの馬をフォクシーに奪われていたため、取り返してやったわけです。
これで、第3回戦も勝たなければ、チョッパーは戻らなくなりましたが、
チョッパーもルフィを信じて待つことにしました。

第3回戦は、いったいどんな競技なのか?

以上が、第212話 レッドカード連発!グロッキーリングのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/237-a735eace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。