07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第219話 壮絶熱闘コンバット!運命の最終決着 

壮絶熱闘コンバット!運命の最終決着は、アニメOnepiece(ワンピース)の第219話です。
もうボロボロになってしまったルフィですが、何度フォクシーの攻撃を受けても立ち上がります。

ルフィは戦いの前にウソップの指示でアフロヘアのカツラをかぶっていたのですが、
ウソップが言うにはパンチの威力が増すということですが、ずっと無意味でした。

しかし、アフロヘアのカツラは、まったく無意味でもありませんでした。というのも、
パンチの威力は、もちろん変わりませんが、鏡のある部屋で戦ったときの割れた鏡の破片が、
アフロの中にひっかかっていたのでした。

フォクシーの攻撃を受け続けていて、その鏡の破片がアフロから取れて下に落ちたのです。

それに気づいたルフィは、フォクシーのノロノロビームを鏡でフォクシーにはねかえし、
フォクシーがノロノロになってしまいます。
ノロノロになったフォクシーに今までの怒りを込めてルフィがパンチを叩き込みます。

ノロノロビームの効力が失われる30秒後には、フォクシーは海へと落下していました。
フォクシーがエリアから出たためルフィの勝利です。

こうして、無事チョッパーとロビンを奪い返しましたが、後のクルーは必要ありません。
そこでルフィは、まず海賊旗を取り、残り497人のクルーを指名して、
残ったのはフォクシーと幹部のポルチェ、ハンバーグの3人となりました。

フォクシーは捨て台詞を吐いてその場から去っていきましたが、フォクシーが去った後、
ルフィは新麦わら海賊団をすぐに解散してしまいました。

もらった497人は、好きに行動しろと自由にしてしまったわけです。
497人は、再びフォクシーの部下になるべく、フォクシーを追っていきました。

最後の問題はトンジットですが、ルフィたちがトンジットのところへ戻ると、
そこに突然大きなもーぐら(モグラ)が現れて、もーぐらの頭の上には、
穴掘り世界チャンピオンだという男が乗っていました。

その穴掘り男こそ、トンジットの孫、リットントンだったのです。
孫と再会が出来て、孫の掘った穴を辿れば、村人たちのいる場所へも行けることがわかり、
トンジットの問題も解決です。(原作では別の方法で解決しています)

こうして、すべてが終り、ルフィたちはトンジットと別れて次の島を目指すのでした。

ここまでが、第219話 壮絶熱闘コンバット!運命の最終決着のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/244-2af7d03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。