07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第23話 守れバラティエ!大海賊・赫足のゼフ 

守れバラティエ!大海賊・赫足のゼフは、テレビアニメの第23話です。
23話では、海上レストランバラティエのオーナー、ゼフの正体が明らかになります。

ゼフは昔、赫足(あかあし)のゼフと呼ばれた大海賊でした。
コックにして船長も勤めたという無類の海賊ゼフ。

大海賊だった赫足のゼフは、戦闘において一切手を使わなかった蹴りの達人、
その威力は岩盤を砕き、鋼鉄にさえ足型を残したほどということ。
赫足(あかあし)というのは、相手の返り血を浴びて足が赤く染まったことから、
ゼフは赫足のゼフと呼ばれたようですが、今は右足を失い、そのため、
ドン・クリークが言うには、「コックとしてしか生きられなくなった」とのこと。

元大海賊だったゼフに対しても、ドン・クリークは、
グランドライン(偉大なる航路)の航海日誌を渡せと要求します。
ゼフが足を失っているため、戦闘不能であると判断したためです。

クリークは、情報がなかったためグランドラインを航海できなかったが、
情報(航海日誌)さえあれば、グランドラインも制覇できて
ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)を手にして海賊王になると宣言する。

それに対して、バラティエで雑用として働かされていたルフィが、
海賊王になるのは自分だとクリークに対して一人で喧嘩を売る。
ルフィとクリークが一触触発の状態になるが、
クリークは先にクルーに食料を渡すことにして一旦は去って行きます。

クリークの50隻もの艦隊はグランドラインでたったの7日で壊滅した。
クリークの艦隊を壊滅させたのは、鷹の目の男と呼ばれる男で、
ルフィの仲間のゾロが捜し求めている男だった。

ゾロの剣士としての覚悟を語るシーンがかっこいいです。

サンジの過去もわずかですが、ゼフの口から語られます。

食料を与えられ元気になったクルーと共にバラティエに攻め込もうとする
クリークとその手下たち。

海上レストラン・バラティエはどうなる?

というときに、まさかの鷹の目の男がグランドラインからクリークたちの艦隊を追って
やってきて、クリークの乗る超巨大なガレオン船を斬る。

ゾロの探していた男、鷹の目の男の登場。そして、ナミは、
宝と船を盗んで逃亡する。
第23話では、事態はいっきにすべて悪い方向へと進んでいきます。

関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/25-f0c6785c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。