05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第224話 本性を現した記憶泥棒の最後の逆襲! 

本性を現した記憶泥棒の最後の逆襲!は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第224話です。
今回までが、前回の続きで、一連の記憶泥棒のストーリーの最終回です。

第224話 本性を現した記憶泥棒の最後の逆襲!のストーリーのあらすじは、
まだ奥の手が残っているというタツノオトシゴの言葉にゾロのことだと思っていたら、
ゾロも記憶が戻っていました。

操られていたことを怒り、タツノオトシゴを追いかけまわしとうとうゾロが捕まえたのですが、
そのとき、みなの記憶の残像を見せ、スキができたのを見計らって全員の記憶を奪いました。
今度はロビンまでも、全員の記憶がまったく無くなってしまいました。
自分が誰かさえもわからないようになってしまったのです。これが奥の手だったのです。

タツノオトシゴは、麦わらの一味の濃い記憶を全部食えば、
自分が千年竜になれると思っているようで、全員の記憶を食い大きく膨らんだタツノオトシゴは、
そのまま空へとふわふわういて行ってしまいます。

ところが、記憶がなくても相変わらずのルフィは、そのタツノオトシゴに乗りたいと言い出し、
自分がゴム人間であることも忘れていたのですが、物のはずみで勢いがついて、
空高く弾き飛ばされ、丁度、空にいるタツノオトシゴに絡みつくことができました。

ルフィが絡みついたことで、ルフィの記憶が口から漏れ出してしまい、ルフィの記憶が戻る。
何度も記憶を取られたことをルフィが怒り、タツノオトシゴに強烈な攻撃をくらわせ、
空の彼方へとぶっ飛ばしてしまいます。
ぶっ飛ばすときに、口から全員の記憶も吐き出され、無事麦わらの一味は元に戻りました。

ここまでが、第224話 本性を現した記憶泥棒の最後の逆襲!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/252-63ae9cd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。