03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第243話 仮面を取ったCP9!その驚きの素顔 

仮面を取ったCP9!その驚きの素顔は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第243話です。
第243話 仮面を取ったCP9!その驚きの素顔のストーリーのあらすじは、
政府の暗躍機関CP9の実力は想像を絶するものでした。

アイスバーグさんの寝室の護衛を強化しようと寝室へと向かった職人たちが見たものは、
多数の護衛たちの惨劇でした。屈強の船大工たちが全滅させられていたのです。
さらには、あの最強の職長ルッチとカクまで、たった一人の熊の仮面の男に倒されていた。

その場に駆けつけた職長の怪力タイルストンも、巨大な鋼鉄ハンマーで攻撃するも、
巨大ハンマーは素手で破壊され、怪力自慢のタイルストンが力で負け、
たったの一撃でトドメを刺されてしまったのでした。

その頃、寝室の中では、アイスバーグとロビンが会話をしていました。
アイスバーグは、ずっとロビンに会いたいと思っていた。それはロビンを殺すためにだと。

オハラの生き残りで、世界中で唯一ポーネグリフを解読でき、古代兵器を復活させる危険のある
ロビンを自分の手で殺さねばならないと思っていたとロビンに話をします。
ロビンのことや古代兵器、ポーネグリフのことなど、アイスバーグは随分と知っているようです。

ロビンが歴史を知ろうとしようと、ポーネグリフを解読できようと、アイスバーグに無関係だと、
ロビンは反論しますが、実は、もし古代兵器が世に出てしまった際に対抗戦力として、
古代兵器に対抗出来るように、代々船大工によって、古代兵器プルトンの設計図が受け継がれ、
それが今、アイスバーグのもとにあるようです。

古代兵器プルトンとは、あのアラバスタでクロコダイルが狙っていたものですが、
プルトンとは、大昔このウォーターセブンの船大工によって作られたこの世を滅ぼすほどの
脅威をもった戦艦のことだとか。そしてその設計図を師匠のトムから受け継ぎ、
今アイスバーグが持っているため、その設計図がCP9の目的のようです。
アイスバーグがプルトンの設計図を持っていることは、ロビンも知らなかったようです。

社長室でも、あの強かったパウリーが、牛の仮面とドクロの仮面の二人に手も足も出ません。
何をされたのか、全身血まみれで倒れ、アイスバーグの命令で手にした設計図を奪われます。
ところが、その設計図はニセモノだったのです。本物の在り処はパウリーも知りません。
それならば、パウリーに用はないが、真相を知ったパウリーを生かしておくわけにはいかないと、
パウリーを消そうとしたそのとき、ルフィがその部屋に飛び込んできました。

ルフィにとっては、何故か職長が血まみれで倒れており、状況が把握できず戸惑っていると、
目的の設計図がニセモノだったという非常事態のため、戦っていては時間のロスと判断したCP9は、
ルフィのスキをついて、ルフィとパウリーを一旦は鋼鉄の枷(かせ)で床に磔(はりつけ)にし、
アイスバーグをまだ殺さないようにと指示を出してアイスバーグの元へと向かいました。

中庭では、職人たちと戦闘をしていた鞭を使うCP9もその指示を受け、
アイスバーグのもとへと向かうのですが、その際に、職長のルルに一撃でトドメを刺し、
その圧倒的な強さを見せ付けます。

そして、アイスバーグの寝室に勢ぞろいしたCP9のメンバー4人は、そこで仮面を取ります。
ついに、CP9の正体が明らかになったのですが、その正体とは、驚くべきことに、
牛の仮面はロブ・ルッチ、ドクロの仮面はカク、そして鞭使いは秘書のカリファ、
熊の仮面の大男は気のいい酒場の店主のブルーノだったのです。
身近にいて信頼しきっていた者たちが、まさかの政府の手先だったわけです。

ここまでが、第243話 仮面を取ったCP9!その驚きの素顔のあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/266-0f0b4443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。