07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第244話 秘めた絆!アイスバーグとフランキー 

秘めた絆!アイスバーグとフランキーは、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第244話です。
第244話 秘めた絆!アイスバーグとフランキーのストーリーのあらすじは、
ついにその正体を明かしたCP9の面々に驚くアイスバーグでしたが、
さらなる驚愕の事実が、CP9のロブ・ルッチの口から語られます。

CP9とは、世界中に点在するサイファーポールのNo.1から8までをCPと言い、
それぞれが政府の優秀な諜報機関として知られているも、あくまでもCP8までの話であり、
9番目のサイファーポールは存在しないはず。
ところが、正義の名の下に政府に非協力的な一般市民をも殺す権限を持つために、
明るみに出ることのできない闇の諜報機関こそ、今目の前にいるCP9だったのです。

そして、世界政府は、古代兵器が呼び起こされてしまうことを危惧するよりも、
いっそ自分達が古代兵器を所有することで、この大海賊時代を終わらせようと考え、
アイスバーグの持つ古代兵器プルトンの設計図を狙ったのだとか。

CP9がつかまされたのはニセモノの設計図でしたが、ニセモノをつかませてしまったことで、
逆にCP9のメンバーには1つの仮説が生まれたと言う。

アイスバーグは、今回の襲撃が世界政府の手によるものと推測をしてニセモノをつかませたが、
もし、その予測が間違いだった場合、アイスバーグは暗殺され、設計図は所有者を失う。
その可能性をまったく考えないほど、アイスバーグに抜かりがあるとは思えない。

と言うことは、今夜になっても誰にも設計図を託さないということは、
その設計図は既に別の者に託してあり、アイスバーグのもとにはないのではないかということ。

ところが、設計図を託すとしたら、かなりの腕のある船大工であるはずが、
5人の職長の誰にもそれを託さないとなると、かつてのトムズワーカーズという会社の、
アイスバーグの弟弟子、カティ・フラム以外に考えられないと。

カティ・フラムは、8年前に死んだと政府の役人自身が確認しているため、
除外して考えていたが、カティ・フラムと言う名前を、潜伏していた5年間で1度だけ、
ルッチ、カリファ、カクが聞いていた。
4年ほど前に、1度だけ、カティ・フラムと名乗る男がアイスバーグを尋ねてきていたのだ。

つまり、古代兵器の設計図はカティ・フラムに託され、そして、カティ・フラムは、
この街でまだ生きている。名前をフランキーと変えて解体屋として生きているという仮説だ。

ロブ・ルッチはただその仮説をアイスバーグの前で話をしただけだったが、
アイスバーグの脈をカクがとっており、アイスバーグの動揺が脈打つ血として正しいことを
CP9のメンバー達に確信させてしまいました。
こうして、次にCP9に狙われるのは、フランキーということになったのですが、
そうなると、もうアイスバーグに用はない。真相を知る者として始末せねばならない。

ついにアイスバーグの命の危機というときに、寝室に飛び込んできたのは、
ナミとチョッパーを伴うゾロと、別方向からはパウリーを伴うルフィでした。

やっとロビンに会うことができたルフィたち。
状況を見て理解に苦しみ混乱するパウリー。
これからどうなる?

ここまでが、第244話 秘めた絆!アイスバーグとフランキーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/267-0fc346da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。