10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第247話 船からも愛された男!ウソップの涙! 

船からも愛された男!ウソップの涙!は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第247話です。
第247話 船からも愛された男!ウソップの涙!のストーリーのあらすじは、
フランキーの隠れ家で、メリー号をこれからどうするかで言い争いになっているウソップと
フランキーでしたが、実は、ウソップも、メリー号がもう駄目だとわかっていたのでした。

ガレーラの船の査定の結果を聞いたとき、ウソップは空島での不思議な出来事を思い出した。
あの生贄の祭壇で、何者かによって、メリー号が元通り修繕されたときのことだ。

あのときは、誰がメリー号を直してくれたのか、何故メリー号の元の姿を知っていたのか、
それが不思議だったが、ウソップには心に残っている言葉があった。
「大丈夫。もう少しだけ君たちを運んであげるよ」とウソップに語りかけた声のことです。
ウソップは、査定の結果を聞いたとき、その声がメリー号の声だと確信し、
メリー号の限界もわかった上で、ルフィたちと別れたのでした。

その話を聞き、フランキーが、それは、「クラバウターマン」だと教えてくれました。
クラバウターマンとは、船の化身、本当に大切にされた船に宿ると言われる船の妖精。
船乗りたちに昔から伝わる伝説のひとつだとか。

つまり、人の形をして語りかけてでも、向こう岸に渡してやりたいと思えるクルーに出会えて、
メリー号は、幸せだったに違いないとフランキーは言います。

それを聞き、メリー号の気持ちに涙するウソップ。そして、メリー号の限界を知りつつも、
それでも、メリー号を諦めることの出来ないウソップと、船は解体すべきと主張するフランキーで
言い争いをしているところに、とうとうCP9が現れます。

モズとキウィがカリファに倒され、フランキーとウソップの前に姿を現した、
ロブ・ルッチ、カク、カリファ、酒場のブルーノの4人ですが、これからどうなるのか?

ここまでが、第247話 船からも愛された男!ウソップの涙!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/271-4e1de516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。