03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第249話 スパンダムの陰謀!海列車が揺れた日 

スパンダムの陰謀!海列車が揺れた日は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第249話です。
第249話 スパンダムの陰謀!海列車が揺れた日のストーリーのあらすじは、
海列車も無事完成し、その4年後、再びウォーターセブンに司法船が訪れることになっていた。
司法船の再訪を数日後に控えたある日、政府の役人がトムのもとを訪れました。
その役人とは、CP5のスパンダムという男です。

スパンダムは、トムが古代兵器プルトンの設計図を持っていることをつきとめ、
政府の最高権力である五老星に、古代兵器の復活を危惧するよりも、政府で古代兵器を持つべき
と主張し、五老星から、それならばまずその設計図を手に入れろと命令を受けたのでした。

スパンダムの話にただただ笑うトムでしたが、スパンダムは切り札として、
トムが海賊王の船を作ったということでの罪人としてトムを捕らえ、その上で、
設計図のありかを聞き出そうと考えていたようですが、当然の如く、それは秘密でもなんでもなく、
それどころか、海賊王の船を作った罪は、数日後には免罪となる予定です。
それを政府の諜報部員でありながら、スパンダムは知らなかったわけです。

自分の計画が狂い、トムが無罪となっては困るスパンダムは、卑劣な陰謀を企てます。
部下をさらに5人呼び寄せ、いよいよ司法船が再訪し、トムが免罪になるというその日に、
フランキーが作っておいたバトル・フランキー号を利用して司法船を襲ったのでした。

司法船を襲っているのは、フランキーではないことは当然わかっているトムとアイスバーグは、
バトル・フランキー号を止めようと海に向かいますが、スパンダムのさらなる陰謀によって、
トムもアイスバーグも重傷を負わされてしまいます。

今までアイスバーグが散々フランキーに警告してきた心配がついに事実になってしまったのです。
フランキーの作った戦艦が、大切な人トムや、罪もない人々を傷つけてしまったのでした。

ここまでが、第249話 スパンダムの陰謀!海列車が揺れた日のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/273-67bf0b1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。