03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第252話 仲間を引き離す汽笛!走り出す海列車 

仲間を引き離す汽笛!走り出す海列車は、アニメOnepiece(ワンピース)の第252話です。
第252話 仲間を引き離す汽笛!走り出す海列車のストーリーのあらすじは、
アイスバーグのおかげで、ナミはロビンの真実を知り、ロビン奪還を決意します。

重傷だったチョッパーも起こし、チョッパーもロビンの真実を知り、喜び行動を開始します。

その時、ガレーラの職長パウリーも意識を取り戻し、職人たちにルフィたちが真犯人でないこと、
アイスバーグや自分の命を救ってくれたのが麦わらの一味であることを伝え、そしてさらに、
ナミたちに協力するようにと指示を出してくれました。

しかし、アイスバーグの予想では、ロビンは11時発の海列車で護送されるはず。
そして、それを逃してしまったら、アクアラグナのために島を出る術を失うことを知る。

そこで、ナミはロビンを止めるため、ブルーステーションへと向かい、
チョッパーは、ゾロとルフィ、サンジたち仲間を探すこととなりました。

チョッパーとガレーラの職人たち総出でルフィたちの捜索をしますが、なかなかみつかりません。
ルフィは運良く海に落ちることはなかったのですが、裏町の建物の隙間に挟まり身動きできず、
ゾロもまた、足を滑らせて、裏町の煙突に挟まって身動きできない状態だったのです。

必死の捜索も、ルフィたちを見つけることができず、一方、海列車の駅へと向かったナミも、
悪天候から海列車が定刻よりも早く出発してしまい、ロビンを止めることができませんでした。

海列車の駅、ブルーステーションでうなだれるナミでしたが、
その頃、別行動をしていたサンジが、ひとり海列車へと潜入していたのでした。

ここまでが、第252話 仲間を引き離す汽笛!走り出す海列車のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/277-c770f80d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。