05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第260話 屋根の上の決闘!フランキーvsネロ 

屋根の上の決闘!フランキーvsネロは、アニメONEPIECE(ワンピース)の第260話です。
第260話 屋根の上の決闘!フランキーvsネロのストーリーのあらすじは、
サンジが第4車両でCP7のワンゼと戦闘中に、第3車両の屋根の上では、
フランキーとCP9見習いのネロとの戦いが始まっていました。

CP9の戦闘を見ていないフランキーにとっては、ネロの四式、ソル、カミエ、月歩(げっぽ)
などが不思議で、苦戦していますが、ネロのほうも、フランキーがサイボーグであることを知らず、
同様に苦戦し、お互いに好勝負を繰り広げていました。

ところが、フランキーの姑息な戦法や性格も、だんだんとネロに読まれるようになってきて、
偶然フランキーが背後から攻撃をされてしまい、背中がフランキーの弱点だと気づかれてしまう。

一旦は、フランキー・インビジブルと言って屋根に仰向けに寝そべり、弱点を隠したが、
そのままでは攻撃も出来ないため、ついにフランキーがネロに対して最終手段に出ます。
それが、フランキー・ケンタウロスです。
フランキーがケンタウロスのように四本足に変体しての戦闘を開始しようとします。

その頃、ウソップはロビンのもとに到着し、ロビンを救出しようとしますが、
ロビンに拒否されます。ルフィたちが追ってきていることを聞いても、さらには、
アイスバーグの口からルフィたちがロビンの真実を知ったことを告げても、
ロビンは、ウソップと共に逃げようとしません。
ロビンとウソップが言い争いになっているうちに、政府役人のコーギーが不審に思い、
ロビンのいる第1車両へとやってきてしまいます。

また、ルフィたちは、サンジたちが切り離した海列車の第6車両と第7車両に遭遇しますが、
ルフィがその中を確認し、仲間が誰も乗っていないとわかると、ゾロに斬るようにと命令する。
ロケットマンの行く手を阻む海列車の車両を、ゾロはあっさりと二刀流で真っ二つにします。
ですが、本当の脅威はその先にあるようです。
線路脇に、真っ二つになったロケットマンをもひと飲みにしそうな巨大海王類があったのです。
それ(巨大海王類)を斬った奴が先にいることを知り、ゾロに気合が入ります。

ここまでが、第260話 屋根の上の決闘!フランキーvsネロのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/285-e176a2c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。