09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第261話 激突!鬼斬りゾロvs船斬りTボーン 

激突!鬼斬りゾロvs船斬りTボーンは、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第261話です。
第261話 激突!鬼斬りゾロvs船斬りTボーンのストーリーのあらすじは、
ルフィたちの乗るロケットマンの先に待つのは、もちろん海軍本部大佐のTボーン大佐です。

Tボーン大佐は、あの真っ二つに斬られた海王類を仕留めた後、海列車を追って線路上を、
走っていたほどに、正義感が強く、熱い男でした。

そのTボーンが前方に見えてきたとき、フランキー一家のザンバイが慌てます。
Tボーンを知っていたのです。Tボーン大佐は通称船斬りと呼ばれ、海賊船をあっさりと、
斬ってしまうことから、船斬りTボーンと怖れられる海軍本部大佐だったのです。

このままではロケットマンが真っ二つに斬られてしまいます。
しかし、慌てるフランキー一家を制して、ルフィはゾロに一任します。

ゾロもTボーンと対峙して、その強さを感じ取りますが、ここはゾロが圧勝します。

一方海列車のほうでは、サンジとCP7のワンゼが戦っていましたが、
ワンゼがロビンを侮辱したことでサンジの闘志に火がつき、サンジもワンゼを圧勝します。
そして、ほぼ同時にフランキーがネロを仕留め、海列車の天井をぶち破って車内へと降りてきます。

フランキーは、ケンタウロスのような格好になり、逃げ回ってばかりでしたが、
ネロが油断したスキに、四本足でネロの両手両足を押さえ、身動きできなくしました。
それがフランキーの狙いだったようです。
最後は、ネロの顔面に、フランキーの強烈な右パンチが炸裂し、列車の天井ごとネロを
玉砕したのでした。

こうして、護衛用の戦力はすべて倒したわけですが、ついに、サンジとフランキーは、
最強のCP9、ロブ・ルッチ、カク、カリファ、ブルーノの4人と対峙してしまいます。

ここまでが、第261話 激突!鬼斬りゾロvs船斬りTボーンのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/286-a98be57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。