03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第278話 生きたいと言え!オレたちは仲間だ!! 

生きたいと言え!オレたちは仲間だ!!は、ワンピース(OnePiece)アニメの第278話です。
今回の途中までがロビンの過去の話です。

第278話 生きたいと言え!オレたちは仲間だ!!のストーリーのあらすじは、
ロビンを生かすため、海軍の軍艦と戦うサウロ、そして、その場を離れようとしないロビンに、
サウロは、すぐに避難船に逃げるようにと言います。

オハラを出ることを拒否するロビンでしたが、母オルビアの最期の言葉「私の分まで生きて」
と言う言葉を思い出し、避難船のほうへとロビンは走っていきます。

しかし、避難船に乗ろうとするロビンをスパンダインが発見し、ロビンを乗せるなと命令が下る。
ロビンが逃げる術がなくなってしまいます。

それを知ったサウロは、ロビンを自分が作った筏(イカダ)で逃がそうと、
ロビンを連れて逃げようとしますが、そのサウロを止めたのは、海軍中将クザン、
後の海軍大将青キジでした。

この見せしめのために学者を皆殺しにすることが正義なのかと問うサウロに、
実際オハラの学者たちは世界の法を犯していると反論しますが、その二人の目の前で、
一般人を乗せた避難船が砲撃され、海に沈みます。

砲撃をしたのは、サカズキ中将でした。後の大将赤犬です。
サカズキは、避難船の中に、もしも学者が紛れ込んでいたとしたら、今回の作戦が無駄になる。
正義を貫くには、可能性から全て根絶やしにすべきだと主張して無関係な一般人まで殺したのです。

流石にそのサカズキの行動には、中将のクザンも絶句しますが、自分はそこまで行きすぎない。
バスターコールが元海兵の手で失敗してはマズイと言い、サウロを氷で凍らせてしまいます。

サウロは、クザンに凍らされる直前に、ロビンに、生きて海のどこかに必ずいるはずの、
自分を守ってくれる仲間をみつけろとメッセージを残します。

サウロまで失い、島は業火につつまれ、すべてを失って途方にくれるロビンの前に、
クザン中将が現れます。そして、クザンは、ロビンを生かすことにしたと言い出しました。

サウロが守ろうとしたロビンがこの先どうなるか見届けることにしたと。
但し、ロビンが何かをすれば、真っ先に始末しに行くのは自分だし、自分は敵だと言いつつも、
ロビンが逃げられるように小船を渡し、別の島まで氷で道しるべを作ってくれました。

サウロの意を汲んだクザンのおかげで、生き延びることが出来たロビンですが、
島を逃げ出すところをスパンダインによって目撃され、8歳にして7900万ベリーという
高額な賞金首となってしまい、ロビンは、世界滅亡を望む悪魔だと世に知らしめられたのでした。

その後、必死に生きようとするロビンを周りの大人たちは裏切り、
ロビンの存在を海軍に通報したり、懸賞金目当てで海軍に引き渡そうとしたり、
そしてその度に、悲しい思いをしてロビンは逃げ回って来たのでした。

このような過去がロビンの脳裏をめぐり、ロビンの口からとうとう本音の言葉が発せられます。

ロビンは、ルフィたちの身を守るために犠牲になったのですが、それだけではなく、
ロビンの敵が世界であり、その闇であり、世界政府が敵となれば、
いつかはルフィたちもロビンを重荷に感じるようになると思い、
やっと出会えた仲間と思えるルフィたちにとって自分が重荷になってルフィたちにも、
裏切られることが心配だったのです。

本当の仲間からの裏切りの可能性が一番怖かったわけです。

しかし、ロビンの本音を聞いたルフィは、そげキングに世界政府の旗を撃ち抜くように命じます。
そして、そげキングことウソップもルフィに言われるままに旗を撃ち抜きます。
これは、世界政府への宣戦布告を意味します。

世界政府に対して宣戦布告し、全世界を敵に回して生き延びることができると思うかと
スパンダムに言われるルフィですが、「望むところだ」と答えます。
ルフィたちは、全世界を敵にまわしても、ロビンを守る覚悟です。

そのルフィたちの覚悟と、ルフィの、「生きたいと言え!」という言葉に、
ついにロビンも、心の奥にしまっておいた本音を漏らします。

ロビンは、「生きたい。私も一緒に海へ連れて行って」とルフィたちに答えたのでした。

ここまでが、ワンピースアニメ第278話、生きたいと言え!オレたちは仲間だ!!の
ストーリーのあらすじです。

ロビンが遂に本音を語ったことで、ここからエニエスロビー編は激闘編に入っていくのですが、
テレビアニメでは、第279話から、第283話まで、特別編として、麦わらの一味各自の、
過去のストーリーが放映されました。
一番の山場で随分と不評だったこの企画ですが、その内容と、
各話のラストに少しだけおまけで「麦わら劇場」や「麦わら海賊譚」という
ショートストーリーもありましたので、
この5つの話は、テレビアニメスペシャルのカテゴリに入れておきます。
今回の第278話 生きたいと言え!オレたちは仲間だ!!の続きは、第284話です。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/303-132a2207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。