07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第290話 制御不能!チョッパー禁断のランブル! 

制御不能!チョッパー禁断のランブル!は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第290話です。
アニメ第290話 制御不能!チョッパー禁断のランブル!のストーリーのあらすじは、
そげキング(ウソップ)を刀代わりにして戦うゾロでしたが、ウソップへの負担が大きく、
チョッパーが少しでも早く、2番の鍵を持ってきてくれることを祈るウソップでした。

しかし、その頃、チョッパーは、CP9のひとり、クマドリと戦闘中でした。
フランキーがフクロウと戦闘中に、閉じ込めておいた冷蔵庫から出てきてしまったのです。
フランキーはまだフクロウと戦闘中のため、チョッパーは自分で何とかしなくてはなりません。

ですが、既にランブルボールを使ってしまっているチョッパーに勝ち目はありません。
ランブルボールは劇薬で、6時間以上間をあけないことには、2度目の服用は出来ないのです。

クマドリは、六式使いですから、簡単に逃げることも出来ません。
さらには、クマドリには生命帰還(せいめいきかん)という他のCP9にはない技も使います。
修行により全身に意識を張り巡らせることが出来て、髪の毛さえも意のままにコントロールする。
チョッパーにとっては、とうてい勝ち目のない相手なのですが、ロビンを救うため、
チョッパーは戦うことを決意し、賭けに出ます。

2つ目のランブルボールを服用したのです。
ランブルボールでアームポイントになり、渾身の刻蹄(こくてい)を決めるしか、
勝てる見込みがないからです。

しかし、ランブルボールも2つ目になると制御不能です。
思い通りの変形が出来ません。その間も、クマドリの攻撃でチョッパーは傷ついてしまいます。
そして、深手を負いながらもついに、アームポイントの変形になれたチョッパーは、
ありったけの力を込めて渾身の攻撃をクマドリにします。

流石にこのチョッパーの攻撃は、鉄塊で身体を硬化するクマドリにも効いたようですが、
逆にクマドリを怒らせることになり、いよいよチョッパーのピンチです。

傷つき、追い詰められ、いよいよ命が危ないとチョッパーは悟ったとき、
命がけの勝負に出ます。3つ目のランブルボールを服用したのです。

3つ目のランブルボールを服用すると、悪魔の実の能力が暴走し、チョッパーは意識を失い、
チョッパーの身体にも異常に負担がかかるようです。
ですが、以前に試したときに、村ひとつを崩壊させそうになったほどのモンスターになった。
命を削り、意識もないままモンスターになって暴れるチョッパーを見たドクトリーヌが、
今後二度と使ってはいけないと禁止していた3つ目のランブルボールでしたが、
ロビンを救うために、チョッパーは命をかけることにしたのでした。

3つ目のランブルボールを服用したチョッパーは、クマドリの前でみるみる巨大化し、
まるで本物のモンスター(バケモノ)のような様相になってしまいました。

ここまでが、第290話 制御不能!チョッパー禁断のランブル!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/310-5cce6b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。